トップ >> 街の不動産屋さん

街の不動産屋さん
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?

連載インタビュー 街の不動産屋さん

1/3回目はこちら
2/3回目はこちら
  不動産屋さんって、怖いイメージがありませんか?
「お店に入ったら最後、出られなくなりそう」とか「親身になって探してくれるの?」とか、
あまり良いイメージがないのでは?
それは、不動産屋さんをよく知らないからだと思います。
という訳で、みなさんに代わり、不動産屋さんに直撃インタビューしてみました!!

第6回 連載3回目 新京成ハウジング 木村哲夫社長 新京成ハウジング様ホームページ
http://www.skshouse.co.jp/

新京成線八柱駅 徒歩2分、又は
JR武蔵野線新八柱駅 徒歩2分
地図はこちら
取材日:2005年4月11日
連載1回目、2回目はいかがでしたか。

私は礼金ゼロ物件の多さにびっくりしました。
リニューアルした物件がたくさんあるのかもしれませんが、元付けさんとの関係が良いのかもしれませんね。

3回目は引き続き、ホームページ運営について、また顧客のフォローなども伺っていきたいと思います。
店内
新京成ハウジング 店内

  ホームページを運営していて、気をつけている点
村上

社長



村上

社長

村上



社長



村上
では、ホームページを運営していて、気を付けている点や工夫している点はございますか?

一度に色々なことは出来ないので、とりあえず更新を心がけています。更新はうちの福田がきちんとしておりますが、入力後の物件チェックなどは私の方でもやっています。そのあたりは「命」だと思いますので、一番マメにやるようにしていますね。

なるほど。ホームページを拝見したところ、画像がほとんど入っていますね。

それは非常に気を付けています。画像が入ってないと、お客様が見にくいだろうと思いまして。

やっぱり、意識されているんですね。
物件の外観画像や間取り図をクリックした時、画像がすごく見やすいのですが、何か工夫されていらっしゃるんですか?
小さすぎず大きすぎず、ちょうど良い大きさですね。


画像の縮小には、フリーソフトの一発縮小を使っているんですよ。色々な大きさを試してみたのですが、500ピクセル×500ピクセルで縮小するように、今落ち着いたところです。400×400だと少し小さいですし、600×600だと大きくなり過ぎてしまって、逆に見づらく感じました。大きさについては結構気を付けているので、今ご指摘頂いてうれしかったです。

研究されている感じが、ホームページからも伝わってきます。あと、街の紹介もありますが。
物件一覧
物件一覧に掲載されている外観写真は、
大きさがちょうど良く、鮮明で見やすい。
(2005.4月)
社長 最初、イシイプランニングさんのところのフォームを真似して
    作ってみたんです。もちろん、石井社長に了解済みですよ。
    そうしたら「あ、ここ知ってます。このお店どうなんですか?」と
    いうお客様が、いらっしゃって。街の情報をこの中で得て頂いて
    いるんだなと思うと、作って良かったです。

村上 分からないことばかりなので、引越し先の情報はすごく気にな
    りますよね。普段買い物するお店や、病院や役所などの情報
    は有難いと思います。


社長 それから、個人情報保護の文面は最初から掲載するように
    気を付けてました。そういう方針をきちんと出しているかどう
    か、ご覧になる方もいらっしゃると思いましてね。保護法が
    施行された今は、元々あった文面に少し手直しをして掲載して
    います。

村上 しっかりと掲載してあると、安心ですよね。
    それから、ブログと日記も拝見しているのですが・・・。ブログの
    方はホームページにリンクが貼ってないですね。


社長 仕事にも活用されている方もいらっしゃいますが、私の場合
    ブログは切り離して考えています。
    リンクは貼ったほうがいいですか?
村上

社長


村上


社長



村上
ホームページに日記がありますので、日記だけでも良いと思いますよ。

ブログは、慣れた方だと使いやすくて見やすいんでしょうね。私にはどうも字が小さくて。もちろん、大きく設定出来るんでしょうけど。

そうすると、時間がかかってしまうんですよね。自分もカスタマイズをした事がありますが、時間を取らないと出来ま
せん。


そうですよね。こういう日記のフォーム(自分の日記)で、トラックバックとかコメントとか入れられるようなフォームが出来ればすごくいいなぁ、使いたいなぁと思うんですけどね。gooとかlivedoorとか色々なブログがありますが、それぞれ一長一短だし。今の日記のまま、トラックバック機能などが付けば良いですね。

ブログではなく、その方が使い勝手の良い場合もありますよね。

  ▼インターネット(ホームページ)以外で工夫している点
村上

社長

村上

社長
インターネット以外で工夫している点、気を付けている点はございますか?

お店の中がちょっと広めですが、店頭を入りやすい雰囲気に工夫しています。

張ってある図面も適度な量なので、お店の様子が外から分かり、安心して入れますね。

それと、なるべく言葉遣いが悪くならないように。馴れ馴れしい言葉遣いにならないように、気を付けたいなといつも思っています。

  ▼顧客のフォローについて
村上 契約後など顧客のフォローはどのようにされていますか?
社長 年賀状と暑中見舞いは必ず出しています。基本的にはそれ位ですね。

村上 そうですか。契約前のフォローは、どうされていますか。

社長  最近は、コメントを入れたメールを2、3ヶ月に1回送るなどしています。
    成約済みのお客様だったり、中止になったお客様でも場合によっては
    送ったりしていますよ。

村上 お返事は来ますか?

社長 それはあります。クリスマスの時は、出すとよく返事を下さいますね。
    携帯電話のカメラで写真を撮って送って下さる方も。定期的に送ってきて
    下さる方もいらっしゃって、すごくうれしいです。何にも変えがたいですね。

村上 暖かいお返事が来ると、うれしいですよね。
店内
女性スタッフもいらっしゃるので、
気軽に入れます。
社長



村上

社長




村上



社長
うちでお部屋を借りず、他の業者さんで借りてしまった方ですが、ラスベガスの新婚旅行の様子を送ってきたりとか。
だから年賀状などを出したりしてると、こうやってリアクションをちゃんとくれるんだなって思います。私はそういうつもりで出してないのですが、お客様は悪いと思って近況を知らせて下さる。全部がそうではないですが、いいなぁと思ってます。

物件のお問い合わせなどをされたお客様にも、メールを送っていらっしゃいますよね。

はい、お問い合わせのお返事などは、なるべく自分の言葉を入れるようにしています。他の不動産屋さんもやってらっしゃるみたいですが、システムの文字がデフォルトのままだったり、定型文そのままだったりするようです。
「雨で大変ですね」など自分の言葉を入れておくと、見ててくれるお客様もいらっしゃいますから。お客様から「木村さんのメールだけは、ちゃんと自分の言葉が入ってる」とか言われると、うれしいですね。

メールの文面で相手が見えますよね。私も以前、お部屋を探している時に、何軒か不動産屋さんにお問い合わせをしたことがあります。返事のメールが定型文そのままだと、システムとやり取りしているみたいで。
その人の言葉が入っていると、気持ちが伝わります。


逆に自分の言葉を入れず、機械的にマッチングさせて一斉に送ると、リアクションないですからね。なるべく、たくさん手間をかけずにと思いますが、お客様に対するメールなどは多少時間をかけて考えたり、打ちたいと思います。

  ▼今後の目標
村上

社長



村上
これからどのような不動産屋さんを目指していくか、今後の目標を聞かせて下さい。

これからも、地域に密着した不動産屋さんを目指していきたいですね。今もそのつもりでいますが、これは大前提です。
それから、やっぱりこの手の会社はオーナーが対応するべきだと思いますので、スタッフに任せきりにするのでなく、なるべく自分が関わっていきたい。ホームページもますます充実させていきたいです。

これからも、お仕事頑張って下さい。本日はどうもありがとうございました!

お店情報
有限会社 新京成ハウジング 有限会社 新京成ハウジング

住所:〒270-2253
    千葉県松戸市日暮1丁目17-9
TEL:047-391-3930 FAX:047-391-3935
お問合せ先:お問合せ先:info@skshouse.co.jp
お店HP:http://www.skshouse.co.jp/

インタビューを終えて
  取材者今回取材させて頂いた木村社長も、ブログなどでやり取りをしていたので初めから楽しく
お話を伺うことが出来ました。

お話を伺っている木村社長はとても明るく、時々冗談も飛び出すほど!
「不動産屋さんは、まだちょっと苦手」という方にこそ、おすすめのお店だと思いました。
ホームページに関しては細かいところまで気を配っていて、とても研究熱心。
まさに”ホームページで接客する”、見やすいホームページだと思います。
取材中、逆に私が質問されることもありましたよ。

さて、次はどこの街の不動産屋さんでしょうか。
次回のインタビューも楽しみにしていて下さいね。
(取材、撮影、編集、文章、Web作成 : インターネット・コラボレーション・ライター 村上 幸 )