トップ >> 街の不動産屋さん

街の不動産屋さん
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?

連載インタビュー 街の不動産屋さん

街の不動産屋さん 1/3回目はこちら
2/3回目はこちら
  不動産屋さんって、怖いイメージがありませんか?
「お店に入ったら最後、出られなくなりそう」とか「親身になって探してくれるの?」とか、
あまり良いイメージがないのでは?
それは、不動産屋さんをよく知らないからだと思います。
という訳で、みなさんに代わり、不動産屋さんに直撃インタビューしてみました!!

第18回 連載3回目 南部不動産 遠藤直史様 南部不動産様 ホームページ
http://www.nanbu-fudousan.com/


JR中央線 吉祥寺駅南口 徒歩1分
地図はこちら
取材日:2006年4月24日
連載1回目、2回目はいかがでしたか。

不動産業界でもホームページが増えてきた今、SEO対策が欠かせません。

それに加え、@dream2000といった不動産ソフトなどの活用も大事。

結果が出ないとつい焦りがちですが、「本当に運営できた」と言えるまで、かなり時間がかかりそうです。

第3回目はホームページ運営について工夫している点や、これからチャレンジしていきたいことなどについて伺いたいと思います。

にぎやかな吉祥寺駅

※敬称略させて頂きます。
  ホームページを運営していて、気をつけている点・工夫している点
村上

遠藤


村上

遠藤


村上
ホームページを運営していて、気を付けている点や工夫している点はございますか。

ホームページは山ほどありますから、よそと変えなきゃいけないと思っています。そこで、うちはキャラクターを作成。キャラクターの「うさぎ」を作って、ホームページに名刺に、封筒に、お店に貼ってある図面にも付けています。

うわぁ、かわいいですね。とっても親しみがわきます。

「うさぎの不動産屋さん」とか「うさぎの看板の不動産屋」などと言って下さるお客様もいらっしゃるんですよ。うさぎでなくてもいいと思いますが、キャラクターは差別化の一つですね。あとは、色。青をうちのカラーにしようと、決めました。

そういえば、ホームページは青ですね。
遠藤




村上


遠藤



村上

そうですね。ホームページもロゴも青、名刺も、お店の表のテーピングも青です。それほどお金はかけられないので、それも差別化の一つにしようと考えました。「ブルーとピンクのうさぎ」というのは、何となくおさまりがキレイに思えて。

かわいらしいですよね。それにしても、封筒や図面のファイルまで、「ブルーとピンクのうさぎ」だなんて、徹底してます。

「ブルーとピンクのうさぎ」のお店は、しつこいくらいにやっています。見た目をかなり意識しましたね。不動産屋さんもホームページもたくさんあるわけですから、まずインパクトです。

なるほど。これだけやれば、一目見ただけで頭に残ります。大事なことですよね。
他には何か気を付けていることはございますか。

ポストまでキャラクターを
遠藤



村上


遠藤

村上


遠藤


村上


遠藤
物件の鮮度と手作り感。物件はだらだらと古い情報を出さないように、気を付けています。ホームページは、毎日ビルダーで日記をコツコツと更新していますから、それが見ている方に伝われば。大きな会社によくあるゴージャスな雰囲気よりも、「頼みやすい」という温かさを大事にしています。

それは、本当によく伝わってくるホームページですよね。
Webコメントにも顔文字を使ったりしていて、やさしい感じがします。


ええ、色々やっていますね。「ふざけたヤツだ」と思われるかもしれませんが、あまり気にしておりません(笑)

全く変な感じはしませんよ。親しみがあって、良いと思います。
ところで、ホームページを立ち上げてから、大幅なリニューアルというのは、されていらっしゃいませんよね。


変えている業者さんは、かなり変更されていらっしゃいますよね。それに比べたら、うちはあまり変えていない方かもしれません。トップページを見せるのではなく、物件を見て頂くのが基本ですから。

なるほど。大幅に変更せず、うさぎのアニメーションを入れたり、日記をトップページに持ってきたり。
細かい工夫をされていらっしゃるんですね。


あんまりいじってしまうと、せっかく良く出来ている最初のフォーマットが、崩れてしまうのでは。
それよりもすぐ、物件検索に移れる方がいいですね。

  ▼ホームページ以外で工夫している点
村上

遠藤

村上

遠藤



村上

遠藤
次に、ホームページ以外で工夫している点はございますか。

キャラクターと色の他に、間取り図ですね。間取り図は、全部手書きなんですよ。

えーっ! 全部手書きなんですか。かなり大変そうな気がしますが。

昔、設計の仕事をしていたので、慣れているんですよ。CADというものが少し出回り始めた時代でしたから、私たち若いものには回ってこず、フリーハンドでずいぶん図面を書かされました。ドアのラインなども、フリーハンドでキレイに書けるようになりましたよ。今はそれが、マウスになっただけです。

すごいですね。色を付けたりするのは、画像ソフトでしょうか。

フォトショップという画像処理のソフトを使って、ラインツールや色を染めるツール、文字ツールなどで整えます。その際、色を統一しているのが工夫している点ですね。
村上

遠藤




村上


遠藤



村上


遠藤




村上
どのように、統一されていらっしゃいますか。

居室は黄色、キッチンはピンク、水周りはブルー、2部屋目はオレンジ色に。そうすることによって、毎日見る方は、非常に見やすくなるのではと思います。お店の壁に貼ってあるものも、ホームページでも、全て統一しています。

なるほど。どうりで、図面が見やすいと思いました。

よその業者さんで、元付け業者さんの図面を、そのままダイレクトに載せてしまっているところがありますよね。かなり劣化した図面なども。

そうですね。結構、見かけます。

これは昨年の例なのですが、ある若い女性のお客様に、家賃14万円2DKのお部屋を契約して頂きまして。その時「実はこの部屋、他のお店のホームページでも見たんです」というお話が出ました。

他のサイトと見比べてみたんですね。

トップページに掲載されている図面
統一感が取れていて、大変見やすい
遠藤



村上


遠藤
その会社のホームページで見たときは、そのまま原図を入れたものらしく、「白黒で汚い図面で、怖かった」と。でも、同じお部屋で、「色を塗ってキレイに作り直した図面を見たら、見たくなった」と言って下さいました。それをやったかやらないかで、契約が決まってしまうのかと思うと、ゾッとしましたね。

手間はかかりますが、お客様の立場に立って、見やすい図面を載せることが大切なんですね。それだけでも、「お部屋を見てみたい」のと「このお部屋はダメだ」に分かれてしまう。

ホームページとつながってくる話になりますが、図面に関しても気を付けて作成しています。写真もただ撮るだけでなく、アングルや背景、時間や天気などにも心配りを。なるべくお客様に良いイメージを持ってもらえるよう、やっております。

  ▼これからチャレンジしていきたいこと
村上

遠藤

村上

遠藤



村上

遠藤


村上

遠藤
今度は、これからチャレンジしていきたいことを教えて下さい。

実は、今一番力を入れているのは、後ろ向きの仕事。苦情ですね。

クレーム対応のお仕事は大変ですよね。

つい先ほどかかってきた電話も「手すりのところが錆びていて、子供が持ったら落ちそうなので、直して欲しい」というお話でした。面倒な問題もありますが、そこはきちんと片付けて、最終的にお客様が「選んで良かった」と思ってくだされば。苦情処理というのは、一番やりづらい仕事ですけどね。

難しいお仕事ですよね。でも、そこをきちんと対応すれば、お客様からの信頼も違いますよね。

そうですね。例えば、音のトラブルが発生したときに、「次から気を付けてください」「私も気を付けているんです」といったやり取りが出てしまったら、調整するよう気を付けたり。ぎくしゃくしないよう、心がけながらやっています。

そういった問題はよく聞きますが、一番対応が難しいですね。

そうですね。でも、そこをきちんとすると、またお客様を紹介して頂けるケースもありますので。今のお話とつながりますが、今後はクレーム処理とお客様からの紹介に力を入れていきたいですね。

  ▼今後の目標
村上

遠藤




村上

遠藤



村上
最後になりますが、お客様に向けて何か一言お願い致します。

うちは「賃貸プランナー」です。まずお店にいらして、好きなことを言ってみてください。「こんな生活がしてみたい」とか「こんな部屋に住みたい」「景色の良いお部屋がいい」とか。具体的に「お部屋が6畳で」というのでなくて、構いません。ニュアンスを伝えて頂ければ、こちらでお客様のお部屋を見繕います。出来ないことは「でも、こうすることによって解決しますよ」と、他の不動産屋さんにはない生活提案をさせて頂きます。

なるほど! だから、「賃貸プランナー」なんですね。何でも相談できそうです。


「どんな家具が合うか」というご相談でも、いいですしね。
それから、契約した後はぜひ吉祥寺界隈の生活を楽しんで下さい。飲み屋でお会いしたら、1杯おごりますよ。事務的なお付き合いでなく、長くお付き合いさせて頂きたいと思っております。

今後もご活躍、楽しみにしております。本日はどうもありがとうございました!

お店情報
南部不動産 南部不動産

住所:〒180-0003
    東京都武蔵野市吉祥寺南町1-5-5
TEL:0422-43-5720  FAX:0422-43-5665
お問合せ先:info@nanbu-fudousan.com
お店HP: http://www.nanbu-fudousan.com/
     

インタビューを終えて
  取材者自社ホームページを立ち上げている不動産屋さんが、少なかった頃。
そんな時から、無数のホームページが立ち上がっている現在まで、同じテンションを持ち続けている南部不動産さん。
並大抵の努力では出来ないことだと、あらためて感動しました。
また、ホームページだけでなく、大家さんやお客様との良好な関係も、成功の秘訣なのでしょうね。

さて、次はどこの街の不動産屋さんでしょうか。
次回の取材も頑張りますので、楽しみにしていて下さいね。
(取材、撮影、編集、文章、Web作成 : インターネット・コラボレーション・ライター 村上 幸 )
>>取材者のBlog:不動産屋さんに行く前に[楽天]
不動産屋さんに行く前に[jugem]