トップ >> 街の不動産屋さん

街の不動産屋さん
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?

連載インタビュー 街の不動産屋さん

街の不動産屋さん 1/3回目はこちら
2/3回目はこちら
  不動産屋さんって、怖いイメージがありませんか?
「お店に入ったら最後、出られなくなりそう」とか「親身になって探してくれるの?」とか、
あまり良いイメージがないのでは?
それは、不動産屋さんをよく知らないからだと思います。
という訳で、みなさんに代わり、不動産屋さんに直撃インタビューしてみました!!

街の不動産屋さん  第24回 株式会社ハウジングサクセス 金子 徳公様 株式会社ハウジングサクセス様 ホームページ
http://www.housing-success.co.jp/


西武池袋線 江古田駅より徒歩2分
都営大江戸線 新江古田駅より徒歩5分

地図はこちら
取材日:2008年2月13日
連載1回目、2回目はいかがでしたか。

今年は昨年よりも反響が少ない。
新築物件でも空き部屋がずっと残っている。そんなお声をよく聞きます。

金子社長に理由をお聞きしたところ、「ユーザーが家賃に対して厳しくなっている」と市場の変化について語って下さいました。

第3回目は、インターネット不動産の運営にあたって心がけている点などについて伺っていきたいと思います。

大江戸線 新江古田駅

※敬称略させて頂きます。
  インターネット不動産の運営にあたって、心がけている点
村上


社長


村上

社長

村上

社長


村上

社長


村上


社長
ハウジングサクセスさんのホームページのアクセス数は、一日どれ位でしょうか。また、お問い合わせ数や契約数についても教えて下さい。

アクセスは一日150~200くらいでしょうか。多い時は240,250いきますけれど。ちなみにお金をかけたSEOはやっておりません。

SEO対策は自社でやられているのですね。では、1か月の来店数はどの位でしょうか。

来店は1日に1~2件いかない位ですね。土日などは3、4組いらっしゃいます。

その中で飛び込みのお客様はいらっしゃいますか。

そのうちの3分の1はいらっしゃらないと思いますね。ただそのあたり、微妙でして。
飛び込みのお客さまもよくよく聞いてみると、ネットを見て来られたというお客様が多いのです。

予約はしていないけれど、ホームページ見て来ました、という方ですね。では、お問い合わせの数はいかがでしょうか。

メールだと賃貸の場合、15~20件。売買の場合は週2,3件ですから、1か月10件いかない位です。冷やかしも含めてですけれどね。成約率は6割くらいでしょうか。

なるほど、分かりました。では本題に入りたいと思います。インターネット不動産の運営にあたって心がけている点を教えて下さい。

そうですね。先ほどお話した日々の更新、キーワード、メール。メール返信のスピードですよね、それと内容です。
村上


社長



村上


社長







村上

社長
日々の更新と言うのは、ホームページの物件のメンテナンスでしょうか。

メンテナンスはもちろん当たり前で、新規入力です。どんなに忙しくても必ず1件は入力、そして物件確認。賃料が変更になったとか、更新する物件がないということはないですよ。

日々の更新、キーワード。キーワードというのは、具体的にはどういったことでしょうか。

当社の場合、費用はかけていませんが、SEOのことです。「練馬区」とか「不動産」とか。そのキーワードの絡め方ですよね。
実は物件の内容を更新してしまったので、検索サイトでちょっとランクが落ちてしまったのです。売買で10位11位前後いたのが、今14位あたりに。でも、2ページ目、最悪でも3ページ目までに載っていれば、体制に問題はないと考えています。

それはなぜでしょうか。

それは他の業者さんがSEO対策をして前に来ても、物件の情報数が少ないということであれば、上から順番にサイトを見に来ます。そして当社のホームページにとどまると。そういった考え方ですね。

ハウジングサクセス様 賃貸ホームページトップ
(2008年3月現在)
http://www.housing-success.co.jp/
村上


社長


村上

社長



村上

社長




村上

社長




村上
検索サイトの1ページ目になるとか、1位になるとか、結構やってらっしゃる業者さんがいらっしゃると思いますけれど。別に脅威ではないということでしょうか。

必要ないですね。それだけ本当にしっかりやっているのであれば、お客様は2ページ目にいかないですよ。それに当社は「お気に入り」に入れて頂いて、そこからアクセスして来る方も多いです。

あと、メールの返信スピードと内容について、詳しくお聞かせ下さい。

すぐに返信した方がいいメールは、もちろんすぐに返信します。しかし、お客様によって夜でもいい方がいますよね。メールチェックするのは夜11時、という方には、朝送っても何の意味もありません。その間に他の業務ができるわけです。お客様が帰ってメールをご覧になるまでに送ればよいのです。

確かに、すぐに返事を返しても、お客様がチェックしない時間帯とかありますよね。

当社はお客様からメールを頂いた次の日には、必ず返事をしています。お休みや自分が送信できない日には、他のスタッフに頼んでおいたり。「お休みだったら、次の日のお返事でも構いません」という気遣いのメールを頂くこともあります。
メールの内容につきましては、先ほども申しあげたように、お客様からのご質問はすべてお答えするように。また、物件のマッチングをかけてヒットした方については、連絡が取れないお客様にもメールのひな型を作って、必ずお送りしています。

返事がないお客様にも、メールを送るようにしているのですね。

心ないお客様もたくさんいらっしゃいます。でも、やっていることを理解して下さるお客様は、必ずお返事を返してくれます。返信して下さる方は圧倒的に少ないですけれど、この部分はすごく密度が高く、お客様がまた発生したりします。
心ないお客様も、実は心ない業者とのやり取りから、不動産屋をよく思っていなかったりするのです。それが「違うんだ」と思って頂いた時に、返信が始まったりします。

そのように意識の変わるお客様もいらっしゃるんですね。

  ▼インターネット以外で工夫している点
村上

社長
次に、インターネット以外で工夫している点はございますか。

@dream2000(不動産営業支援ソフト)の機能にチラシが付いているのですが、それは欠かさずプリントアウトして配っています。物件の写真を撮影しに行ったついでに、チラシを配る。難しいことは一つもやっていないんですよ、継続だけです。
村上

社長



村上


社長




村上
チラシを配る、というのは、ポストに投函ということでしょうか。

そうですね。例えば一戸建ての写真を撮りに来たついでに、そこのブロックだけを一周配ってくると。これなら5分もかからないので、駐車禁止を取られることもありません。

なるほど。とっても効率的ですね。でも、他の業者さんからは「チラシって全然反響がない」と、よくお聞きします。

そこですよ。チラシで売上を上げようとするから、反響がないんですね。チラシは宣伝ですから。物件の撮影のついでにチラシを配る。自分が「ついで」なんですから、「ついで」に興味を持って頂ければ、良いんです。

なるほど。見方を変えればいいのですね。

インターネット不動産の頂点
@dream大賞を受賞
社長 紙1枚で何百万も儲けようとする、スケベ根性があるからダメというだけの話です。ダメだと思ったら、考えるんですよね。配り方が良くないのでは、とか、この物件が良くないんだなとか。
当社の場合は、A4タイプのサイズにし、紙は厚め。「売却物件求めます」という内容と、裏には物件情報を掲載し、当社の色が分かるような形にしています。

  ▼今後の展開について、お客様へ一言
村上

社長



村上


社長


村上
最後になりますが、ハウジングサクセスさんの今後の展開を教えて下さい。

どうせ家賃で出ていくのであれば、自社ビルを建てたいなというのはあります。
その他、写真の掲載などもありますが、常日頃から頭を動かす、といったことを大事にしているので、何かそこから生まれる発想を自分の中で期待しながら…といったところでしょうか。

なるほど。日頃からヒントを模索していくということが、次への新しい発想につながるのですね。
ではお客様に対して、何か一言お願い致します。


我々は真剣に正面から向き合うので、真剣なお客様は真剣にご相談して頂きたいと思います。真剣なお客様とはご縁を大切にいたします。

今後もご活躍、楽しみにしております。本日はどうもありがとうございました!

お店情報
株式会社ハウジングサクセス 株式会社 ハウジングサクセス

住所:〒176-0005
    東京都練馬区旭丘1-66-1
TEL:03-5988-5266  FAX:03-5988-5267
お問合せ先:info@housing-success.co.jp
お店HP: http://www.housing-success.co.jp/
     

インタビューを終えて
  取材者2007年@dreamDAY!にて、@dream大賞を受賞されたハウジングサクセスさん。
お話を伺うと、物件入力もお客様へのメールも真剣で全力投球です。
「当たり前のことをしっかりやる」というお話は基本ですが、最も大切な部分であることをあらためて認識致しました。継続できるよう意識を変えてみる、というのも成功の秘訣かもしれません。

さて、次はどこの街の不動産屋さんでしょうか。
次回の取材も頑張りますので、楽しみにしていて下さいね。
(取材、撮影、編集、文章、Web作成 : インターネット・コラボレーション・ライター 村上 幸 )
>>取材者のBlog:不動産屋さんに行く前に[楽天]
不動産屋さんに行く前に[jugem]