トップ >> 街の不動産屋さん

街の不動産屋さん
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?

連載インタビュー 街の不動産屋さん

街の不動産屋さん 2/3回目はこちら
3/3回目はこちら
  不動産屋さんって、怖いイメージがありませんか?
「お店に入ったら最後、出られなくなりそう」とか「親身になって探してくれるの?」とか、
あまりよいイメージがないのでは?
それは、不動産屋さんをよく知らないからだと思います。
というわけで、みなさんに代わり、不動産屋さんに直撃インタビューしてみました。

株式会社 川の手不動産  赤熊一夫様・操子様 川の手不動産様ホームページ
http://www.kawanote.co.jp/


JR常磐線・つくばエクスプレス・東京メトロ日比谷線 南千住駅より徒歩2分
地図はこちら
2008年10月15日

第30回は東京都荒川区南千住にある「川の手不動産」さんです。
南千住は、昭和の香りが色濃く残る下町と、近代的な高層マンションが林立する再開発地区、2つの顔を持つ街です。
この南千住とお隣の三ノ輪、2駅に絞って主に賃貸物件を扱うのが川の手不動産さん。赤熊ご夫妻は、一夫さんが58歳の時、不動産屋さんに転業されたとか。
連載1回目は、その開業の想いとエリア情報をお届けします。


子どもたちの歓声が聞こえる都立汐入公園

川の手不動産 赤熊一夫様・操子様
川の手不動産 赤熊一夫様・操子様
以前はどんな仕事を?
一夫様スリッパ卸業をしていました。それだけでは経済的に大変だったので、赤帽運送を兼業していたこともあります。どんなに働いても楽にはなりませんでしたね。
趣味はなんですか?
一夫様ボクシング観戦ですね。応援しているジムがあるので。

操子様数独を解くことでしょうか。
2人で、おいしいものを食べに行くのも好きですね。
南千住でおすすめのお店は?

操子様ご近所の有機惣菜「畑や」さんは、絶対のおすすめです。 あとは、うなぎの老舗「尾花」さん、たい焼きの「浪花家」さん、ケーキの「スヴニール」さん、豆腐の「大倉屋」さんなどです。

    開業の想い
どうして不動産屋になろうと思われたのですか?

一夫様30年くらいスリッパ卸業をやっていたのですが、一生懸命2人で働いても、子ども3人育てて食べて行くのがやっと。
年齢的にも体力的にもこれからますますきつくなる、どうしようかと考えていたころ、知人が不動産屋に転身したんです。これなら年をとってもやっていけるかもしれないと思ったのがきっかけです。

それは何歳の時でしょうか?

一夫様50歳の時です。 一念発起して、とにかく宅建の勉強を始めました。そのころは、月曜から金曜は赤帽運送。土日でスリッパ卸業。朝と夜には宅建の勉強、という日々で、取得するのに4年もかかってしまいました。
操子さんに不安はありませんでしたか?

操子様すごくがんばって勉強しているのは分かっていましたが、やはり反対しましたね。私たちは、不動産業界で働いたことなどないし、家の貸し借りさえ経験がない、全くの素人でしたから。
でも「これが最後のチャンスだ」というので、決断しました。開業してからは、性にあっていたのか、私の方が夢中になりました。

ここで開業されたのはどうしてですか?

一夫様もう40年近く、この街に住んでいます。以前、倉庫にしていたところを事務所にしました。だから、不動産屋らしくない事務所なんですよ。

  街の雰囲気
街の特徴を教えてください。

操子様線路をはさんで東側は再開発地区。大きなマンションばかりで電線のない新しい街です。反対に西側は、駄菓子屋さんや銭湯なども残る下町です。道幅も狭く、いりくんでいますが、人情味あふれるおばさん、おじさんたちがたくさんいます。
人気があるのはどちらですか?

操子様お客様によるので、どちらとも言えません。
一般的に、東側の再開発地区にはファミリータイプで、家賃も高い物件が多いですね。駅から少し遠いのですが、きれいな街なので新婚さんや転勤者に人気です。西側は古い街ですから、木造アパートなどさまざまな物件があります。
選択肢が多いのは西側ですね。

再開発地区のショッピングゾーン、
ララテラス
南千住駅は便利ですね。

一夫様JR常磐線と東京メトロ日比谷線、それにつくばエクスプレスと、3線が利用できてとても便利です。駅前もまだまだきれいになるらしい。大きな道路の整備計画もあるようですよ。
まだまだこれから変わりそうですね。

一夫様 大規模マンションももっと建設されるでしょうし、どんどん良くなると思います。

操子様再開発地区には新しくてきれいな都営住宅があって、人気の的なんですよ。その抽選に荒川区民の優先枠があるそうで、この辺りに住みかえてから、都営住宅への申し込みを続けている方も多いんです。
「川の手」は荒川区の愛称とか?

操子様元の区長が提唱して、荒川区を川の手地区と呼ぶようになりました。「川の手ビール」とか「川の手祭り」とか「川の手」のつくものがたくさんあります。不動産業界の地域情報誌も「川の手ニュース」だったり。 最初はびっくりしましたが、ありがたいような、申し訳ないような気がします。

お店情報
株式会社 川の手不動産

住所:〒116-0003 
東京都荒川区南千住7-27-1
TEL:03-3807-3232  FAX:03-3807-3260
お問合せ先:info@kawanote.co.jp
お店HP:http://www.kawanote.co.jp/
     

  編集後記

高層マンションの並ぶ未来の街と、昭和の香り漂う下町。 両方歩いてみましたが、街の雰囲気は正反対です。
どちらが好きか、好みはそれぞれですが、休日に散歩して両方を味わえるのは、お得だと思いました。
さて次回は、ホームページ開設の前と後で起こった変化について、お聞きします。
(取材・執筆・webページ制作  株式会社 物語ライティング)
連載2回目へつづく >>