トップ >> 街の不動産屋さん

街の不動産屋さん
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?

連載インタビュー 街の不動産屋さん

街の不動産屋さん 1/3回目はこちら
2/3回目はこちら
  不動産屋さんって、怖いイメージがありませんか?
「お店に入ったら最後、出られなくなりそう」とか「親身になって探してくれるの?」とか、
あまりよいイメージがないのでは?
それは、不動産屋さんをよく知らないからだと思います。
というわけで、みなさんに代わり、不動産屋さんに直撃インタビューしてみました。

第33回  ~連載3回目~ 株式会社 エースホーム 須佐見展之様 エースホーム様ホームページ
http://acehome-joho.co.jp/


JR神戸線 芦屋、阪神本線 阪神芦屋、阪神本線 打出 よりいずれも徒歩8分
地図はこちら
取材日 2009年1月8日
エースホーム須佐見社長へのインタビュー、連載3回目です。

@dreamを駆使し、ホームページに独自性を持たせたことで
集客数が右肩上がりになったエースホームさん。
今回は集客数アップの秘訣を、ネットとアナログ対応の両面からうかがってみました。

須佐見ご夫妻と事務員の小野益子さん(左)
みな同年代なので話が合います。

  ホームページで工夫している点
物件はどれくらい公開されているのですか?

一般物件で約470件、会員物件で約870件です。最近は、特に、マンションの売れ行きが好調なので、芦屋市のマンションと西宮市のマンションのアイコンを目立つところに配置しています。これらをクリックすれば、これまで扱ったマンションが全部みられるようになっています。

最も大切にされていることはなんですか?

「また、来てもらえる」ホームページにすることです。住宅は、ホームページで一度みて即、購入されるようなものではありません。いくつか比較検討されるはずです。ですから、まず、毎日更新し、新しい物件を切らさないようにすること。トップページのまん中に、新物件の写真を8つ入れていますが、これ、いつも「NEW」マークが消えないように入れ替えているんですよ。

写真がとても、きれいですね。

そうでしょう。800件以上、すべて、現地まで足を運び、自分で撮影したものなんです。撮りに行くたびに、日当たりがどうか、周囲に何があるかなど、自分の目で確かめてきて、PRポイントを物件情報の「Webコメント」欄に書いています。写真の数も、外観、エントランス、建物の前の道路など、最低3点は載せ、わかりやすいようにつとめています。
右サイドには、地域の情報が掲載されていますが。

それ、ITサポーターさんに教えていただいたアイデアなんですよ。
操作だけでなく、どんなやり方が集客に結びつくかも、多くの成功事例をみていらっしゃるので、相談しながら戦略を練ることができます。
駅、交通機関、学校、病院など、クリックですべてそれぞれのホームページに飛びます。
ちなみに、これらの写真も物件を撮影しにいく途中で私が撮影しています。

見やすく、探しやすく、
いつも新鮮な情報満載のホームページ
http://acehome-joho.co.jp/

  ▼ホームページ以外で工夫している点
ブログにはどんなことを書いているんですか?

毎日更新しているので、物件情報だけではもちません。
タウン情報、日々の出来事、プライベートな事まで、何でも書いています。アクセスは1日120ぐらい。お客様を送り迎えする車のタイヤを替えた日に「乗り心地がよくなった」と書いたら、しばらくして、そのタイヤメーカーから連絡が入り、取材をうけることになりました。
家族3人がドライブしている写真がブリジストンのサイトに掲載されたんですよ。
サイトを見たお客さんに「可愛い子どもさんがいらっしゃるんですね」と声をかけられました。

ブログが成約につながることはありましたか?

それが驚いたことに、ホームページに掲載する前に、ブログだけで成約した物件があるんです。
売主さんの都合で、ホームページ掲載が不都合なものや、価格が確定できないものなどは、先にブログに「○○町でこんな物件が出ますよ。詳細は問い合わせてください」と書いておくようにしていました。
その中から1件でだけでしたが、ブログを書いたその日に「その物件は、おいくらですか?」と問い合わせがあり、その翌々日には成約しました。

もうひとつブログがあるそうですが
@dreamを導入した関西の不動産会社10社で「うまいもんブログ」をつくって美味しいものを紹介しています。
2007年の秋、講習会で集まった時に、うまいもんの話で盛り上がったのがきっかけです。
ひとりで紹介するのは続かないかもしれないけれど、交替に書くならネタに困らないだろうと。
情報交換や息抜きが目的です。

メルマガも発行されているんですか?

2週間に1回発行しています。こちらは、物件情報だけでなく、不動産を探している人に役立ついろんな情報を掲載しています。例えば、今年の第1号は、住宅ローン税制改正の話でした。そのほか、来店や電話で問い合わせを受けたことを話題にし、その答えを記事にすることもあります。たぶん、誰かが疑問に思っていることは、他の人もそう思っていることが多いもの。メルマガではさすがに、成約に直結というのはありませんが、読者が別のお客さんを紹介してくださることは何度かありました。

自分たちの舌で確かめた
“うまいもん“ばかり満載
http://blog.goo.ne.jp/gourmetkansai
インターネットと関係なく、来店する方もいらっしゃるのでは?

一度買っていただいたお客さんからの紹介で来店される場合が多いです。「親切でていねいだから」など紹介していただき、裏切ってはいけない、と責任を感じています。私の自慢は、会社員時代を含め12年、地域密着でやってきたので、地元をよく知っていることだと思います。例えば、「ある学校が人気だ」というだけでなく、なぜ人気かも知っている。小さいお子さんのいらっしゃる方が芦屋にこられるとするでしょ。普通は、中学に上がったときのことまで考えませんよね。でも私なら、物件だけでなく、どう暮らすかも、お客さまに応じてアドバイスできますよ。

  ▼今後の展開について
これからの目標を教えてください。

基本的には、これまでどおり、地域密着の姿勢を貫きます。また、自社で企画したオリジナルの物件にも力を入れていきたいと思っています。オリジナル物件のひとつとして、中古マンションをリフォームしたものがありますが、それを昨年、リフォーム後の写真を5枚ぐらいとってホームページにのせたら、右から左に売れました。

ホームページは、今後、どのようなところを工夫していきたいですか?

@dream導入後、1年半経ってやっと何とか形になってきたなと思います。
でも、欲がでますね。今、ITサポーターさんと相談しているのは、マップのこと。
現状では、物件からグーグルの地図に飛ぶしくみになっていますが、逆に地図に物件を落として、クリックすれば物件情報へ移動するようにできないかなと思っています。

お店情報
株式会社 エースホーム

住所:〒659-0063    
   兵庫県芦屋市宮川町7-17(県立芦屋高校東側)
TEL:0797-38-0500 FAX:0797-38-5888
お問合せ先:susami@acehome-joho.co.jp
お店HP:http://acehome-joho.co.jp/
     

  インタビューを終えて

社長業をはじめてもうすぐ2年。独立当初の危機感は、@dream導入で完全になくなり、
@dream仲間のつながりの中で、さらなるステップに踏み出そうとされている須佐見社長。
これからも、優しい心遣いと粘り強い行動で、
芦屋の街とそこに住む人たちのために、がんばってください!

(取材・執筆・webページ制作  株式会社 物語ライティング)