トップ >> 街の不動産屋さん

街の不動産屋さん
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?

連載インタビュー 街の不動産屋さん

街の不動産屋さん 2/3回目はこちら
3/3回目はこちら
  不動産屋さんって、怖いイメージがありませんか?
「お店に入ったら最後、出られなくなりそう」とか「親身になって探してくれるの?」とか、
あまりよいイメージがないのでは?
それは、不動産屋さんをよく知らないからだと思います。
というわけで、みなさんに代わり、不動産屋さんに直撃インタビューしてみました。

第36回  ~連載1回目~ 有限会社 ひまわりネットワーク 田辺勝史様・晴美様・丸山一子様 ひまわりネットワーク様ホームページ
http://www.himawari-network.co.jp/


JR柏崎駅南口より徒歩10分
地図はこちら
取材日  2009年4月14日

第36回は新潟県柏崎市の「ひまわりネットワーク」さんです。
柏崎市は日本海に面した新潟県のほぼ中央に位置しており、人口はおよそ9万人。
「海の町」とも呼ばれ、県内外から多くの観光客が訪れます。
市内には二つの大学があり、自然と文化・産業がほどよく調和した住みやすい街です。
この地で11年前に開業した「ひまわりネットワーク」さんは、気軽に寄れる「みんなのしゃべり場不動産」がモットー。
連載1回目は、開業の想いと街の様子を紹介します。


柏崎ショッピングモール“フォンジェ”


ひまわりネットワーク 
お客様係の丸山一子様・田辺晴美様、
社長の田辺勝史様
趣味は何ですか?
田辺様:日帰り温泉巡りです。地元の柏崎だけでなく、長岡に行ったり、上越に行ったり・・・。新潟は温泉が多いですから、いろんなところを訪ねて楽しんでいます。
柏崎はどんな街ですか?
田辺様:「海の柏崎」とも言われ、夏祭りの海上花火大会は10万人以上もの観光客で賑わいます。
自然が豊富でありながら、街の機能もほどよく整備された住みいい街。転勤で来られた方はみな「良いところ」とおっしゃいますよ。
柏崎のおすすめのグルメは?
田辺様:やはり海の幸でしょう。それと郷土菓子の笹だんご。
お店は、ちょっとした料理なら「四季の味彩 かねこ」さん、ラーメンなら柏崎駅裏の「麺屋 嵐」さん、国道8号線沿いの「くいしん坊」さんがオススメです。
    開業の想い
どうして不動産屋さんになろうと思われたのですか?

田辺様:実家が貸家や飲食ビルの家主だったことが縁で、実家の物件を管理している不動産屋さんに勤めたことが直接のきっかけです。
大学を出てホームセンターに就職しましたが、将来性に疑問を感じて1年で退職。それで、実家が家主でもあるし、とりあえず不動産屋に入って勉強してみようかと考えたんですね。

独立したのはいつごろですか?

田辺様:その不動産屋さんに8年間勤めて、だいたい一通り分かったので「じゃ、独立しようかな」と。
流れ的に不動産屋になってしまったというのが、正直なところです。

ゆくゆくは自分で何か事業を起こしたいという気持ちがあったのですか?

田辺様:ありましたね。
最初の就職先にホームセンターを選んだのも、接客業だからいろいろ勉強になるかなと考えたからです。
それで、どんな事業を起こすかは分からないけれど、とりあえず家の物件もあるから不動産の勉強もしておこうと考えて不動産屋さんに就職しました。
その延長に今があるということですね。

不動産の仕事の面白さとはどんなところでしょうか?

田辺様:お金をいただく商売の割には感謝されるというか、気持ちよくお金がいただける商売だと思います。
あと、人生相談のようなものを受けることも多いですから、「商売だけど、奉仕している」という側面がありますよね。

丸山様:人生相談は多いですね。
いろんな人間模様が見えるし、人との関わりが深い仕事だと思います。そこが面白いと思うし、やりがいもありますね。


  街の雰囲気
街の特徴を教えてください。

田辺様:柏崎と言えばまず海ですね。
夏は県外からも海水浴客がたくさん来ますし、夏祭りの海上花火大会には10万以上の来場者で賑わいます。
それと、新潟産業大学、新潟工科大学と二つの大学があることも大きな特徴で、賃貸を利用する学生さんも多くおられます。
また、世界最大規模の柏崎刈羽原子力発電所がありますから、その関連で転入されて来る方も多いですね。

やはりJR柏崎駅が拠点となるのですか?

田辺様:住んでいる人のほとんどが車を利用していますから、駅は拠点ではないですね。
食料品等、日常の買い物は郊外型の大きな駐車場がある店を利用することが多いですし・・・。
そういう点では、車が無いと動けない街と言えますね。

住み心地という点ではどうでしょうか?

田辺晴美様:いいと思いますよ。
それほど田舎でもなく、かと言って都会でもない。
生活に必要なものがほどよく揃う住みやすい街だと思います。
転勤で柏崎に来る人の多くが、街を出て行くときに「良いところでした」とおっしゃいますね。

新潟工科大学

みなとまち海浜公園から見た
日本海に沈む夕陽。

お店情報
有限会社 ひまわりネットワーク

住所:〒945-0851
    新潟県柏崎市宮場町9-23
TEL:0257-22-0851 FAX:0257-21-4021
お問合せ先:info@himawari-network.co.jp
お店HP:http://www.himawari-network.co.jp/
     

  編集後記

自然と都市の機能をあわせ持った柏崎はまさに暮らしやすい環境が揃った街。
商店街にクジラのプランターが置いてあったり、歩道のタイルに貝のイラストがあしらってあったり、「海のまち・柏崎」には、いたるところに海を感じるアイテムがちりばめられていて、心がなごみました。
さて次回は、ホームページ開設前と開設後の変化を具体的にお聞きしていきます。
(取材・執筆・webページ制作  株式会社 物語ライティング)
連載2回目へつづく >>