トップ >> 街の不動産屋さん

街の不動産屋さん
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?

連載インタビュー 街の不動産屋さん

街の不動産屋さん 1/3回目はこちら
3/3回目はこちら
  不動産屋さんって、怖いイメージがありませんか?
「お店に入ったら最後、出られなくなりそう」とか「親身になって探してくれるの?」とか、
あまりよいイメージがないのでは?
それは、不動産屋さんをよく知らないからだと思います。
というわけで、みなさんに代わり、不動産屋さんに直撃インタビューしてみました。

第42回 ~連載2回目~
有限会社 フラーリシュハウス 近藤博文様 フラーリシュハウス様ホームページ
http://www.fhc.co.jp/


地下鉄堺筋線「扇町」駅より徒歩1分、
JR環状線「天満」駅より徒歩5分、
地下鉄谷町線「南森町」より徒歩7分

地図はこちら
取材日 2009年10月8日

フラーリシュハウス近藤社長のインタビュー、連載2回目です。
10年前からホームページがあったということですが。
@dream導入で、どんな変化が起きたのか、詳しくお聞きしました。



「天神さん」で親しまれる、
学問の神を祀る大阪天満宮

  ホームページ開設前の集客状況
開業当初から、ホームページはありましたか?

10年ぐらい前、業者に頼んで作成したホームページがありました。単に所在と事業内容を示しただけのもので、まさに”あるだけ状態”でしたね。物件については、自社のホームページでなく、「ホームズ」など賃貸住宅のポータルサイトに登録していました。それなりに問い合わせがあったので、これからはネット上の集客がメインになるだろうなとは考えていました。

ポータルサイト以外では、どのような方法で集客なさっていたのですか?

チラシの新聞折り込みを月1回。それから、私とスタッフの3人でポスティングをしていました。あとは、「フォレント」という賃貸の情報誌にも物件を出していました。いずれにしても、紙媒体が中心です。

  @dream導入後の変化
@dreamを導入して、いかがですか?

画期的ですね。何をするにもあっという間にできます。例えば、見込み客へ物件情報を送るとしましょう。紙媒体ならば、電話で希望条件を聞いて、電話を切ってから、それに合う物件をファイルから探してコピーし、FAXを送っていました。それだけで3~4時間はかかることもありました。ところが、@dreamなら、電話で希望条件をお聞きしながら、パソコンの画面をみて必要な条件のチェックボックスにチェックを入れていきます。マッチングボタンをクリックすると、条件にあった物件だけがズラリと出てきます。あとは、メールの送信ボタンを押すだけ。椅子に座ったまま、わずか5分でお客様へ最新の物件情報をお届けすることができます。

大川沿いは、朝夕、ジョギングや
ウォーキングを楽しむ人が多い。
お客様の評判は、いかがですか?

すこぶるいいです。以前、5~6社の不動産会社に同じ希望条件で、物件紹介を頼んでいたお客様がいらっしゃったのですが、すぐに物件情報を提供できたのは当社だけだったようです。大変喜ばれ、成約につながりました。

現在、ネットでの集客はいかがですか?

2007年6月に導入後、丸2年が経過し、少しずつではありますが、反応がよくなってきました。アクセス数は、当初、1日平均30件ぐらいでしたが、今は多い時で70~80件に上ります。希望条件登録数も、当初、ひと月に数件でしたが、月10件はかたいですね。ホームページ経由のお客様の成約率は、全体の10~20%程度ですが、毎月着実に増えています。これから、いっそう力を入れていきたいと思っています。

お店情報
有限会社 フラーリシュハウス 

住所:〒530-0041
   大阪市北区天神橋3丁目8-19(天神橋筋商店街内)
TEL:06-6357-9881  FAX:06-6357-9881
お問合せ先:info@fhc.co.jp
お店HP:http://www.fhc.co.jp/      

  編集後記

フラーリシュハウスさんは、@dream導入によって画期的な変化をとげました。
ただし「ソフトに使われてはいけない」とおっしゃる近藤社長。
次回は、ホームページの工夫点やアナログでの工夫点、今後の展開についてお聞きします。
(取材・執筆・webページ制作  株式会社 物語ライティング)
連載3回目へつづく >>