トップ >> 街の不動産屋さん

街の不動産屋さん
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?

連載インタビュー 街の不動産屋さん

街の不動産屋さん 2/3回目はこちら
3/3回目はこちら
  不動産屋さんって、怖いイメージがありませんか?
「お店に入ったら最後、出られなくなりそう」とか「親身になって探してくれるの?」とか、
あまりよいイメージがないのでは?
それは、不動産屋さんをよく知らないからだと思います。
というわけで、みなさんに代わり、不動産屋さんに直撃インタビューしてみました。

第43回 ~連載1回目~
有限会社 ライトハウス 久林規宏様 ライトハウス様ホームページ
http://www.light-h.co.jp/


京福常盤駅より徒歩2分
JR山陰線太秦駅より 徒歩11分

地図はこちら
取材日 2009年11月5日

第43回は京都市右京区にある「ライトハウス」さんです。
丸太町通りに面し、京福電鉄常盤駅からも徒歩2分と便利なところ。
久林社長は、太秦、嵯峨、鳴滝といった観光名所も多い、ここ右京区に特化し18年間、地域に根付いたお店作りをされてきました。
連載1回目は、開業の想いとエリア情報をお届けします。


お店のすぐ傍を走る路面電車


ライトハウス 久林社長
毎週水曜日はお店の定休日ですが、何をされていますか?
実は休めていないんですよ。水曜日は、パソコンを触る日で。今は月1回休めるかどうかというところです。お正月も元旦だけ休んで、2日からはパソコンの勉強。朝8時から夜11時まで、3食コンビニで食べて頑張っていました。
お好きなことは何ですか?
京都市内のラーメン屋さんをまわるのが好きです。昔は「こってり系」好みでしたが、最近はもっぱら「さっぱり系」。オーナーさんの中にもラーメン屋さんがいらっしゃるんですが、うちのスタッフが顔を出すと、いつもお土産に唐揚げをくれます。
鹿児島ご出身ですが、京都の好きなところは?
高校を卒業してすぐ京都に来ました。京都は、町屋や古い建物が残っていていいですよね。職業柄、つい改装できないかと見入ってしまうんです。京町屋や古民家風のお店を探しては、食べ歩きもしています。
    開業の想い
前職では何をされていましたか?

はじめは公務員だったんです。だけど、何か商売がしたいとは思っていました。それで、何をしようかと考えたときに、大きいお金を動かす不動産業に惹かれて。親方1人でやっている街の不動産屋に転職をしたんです。31歳の時でした。

その後、独立されたのが3年後の1991年。どんな時代でしたか?

ちょうどバブルがはじけた頃ですね。会社がつぶれそうになり、時代が大きく変化していました。そんな中、サラリーマンを続けていくよりも、独立した方がいいなと。衣食住は生活の根本ですし、バブルがはじけても「住む」ことは必要ですよね。だから「この路線なら食べていけるやろう」と思っていました。

どうして借家に特化しようと思われたんですか?

まず、私一人でしたから、新築賃貸マンションを扱うと大手さんにどうしても負けてしまうんです。
それで、大手さんが真似をできないようにしようと。借家は、修理や工務が発生しますし、動くお金も大きなものではありません。とにかく手間隙かかるので、当時は誰もやりたがらなかった。そこを狙い目にしてうちのカラーを出そうと思いました。

サラリーマンのご経験が活かされたことはありますか?

賃貸での2、3万という売上に対しても貪欲にできたことですね。サラリーマンだったらそれくらいの小遣いでも嬉しいでしょ? 不動産屋は大きなお金につい目がいきますが、元公務員ですので、どうしたら安定した売上を出せるのかを考えていました。みなさんがまだやっていないサービスをする、そんな街の不動産屋を目指したのが出発点です。
  街の雰囲気
右京区地域限定ということですが、具体的なエリアはどこですか?

太秦から鳴滝、梅津、山越、西京極まですべてですね。
お店は、京福電鉄では常盤駅、JRでは太秦駅が最寄りです。丸太町通りに面していますが、この通りより北はお家賃が少し高くなります。お寺も多いですし、もっと北の鳴滝辺りになると、オムロンさんの発祥記念館もあって。静かで穏やかな街ですね。

大学も多いですよね?

右京区全体で言うと、京都外大、立命館大、嵯峨芸大、花園大、京都栄養医療専門学校などがあります。学生さんにも住みやすい環境ですね。

駅近くにはスーパーもあって便利
開業されてからずっとこちらに?

右京区ということには変わりはないんですが、ここで3箇所目です。はじめは、オーナーさんの借家の二階からのスタートでした。その次は、広隆寺の大映通りを入ったところ。そこが手狭になったので、ここ常盤に移ってきました。

この地域では、どういった方が住んでいらっしゃいますか?

ファミリー層が多いですね。駅周りには、スーパーや塾、個人店舗も多いので。ここ常盤にお店を移してから、売買のお客さんが多くなっていることからも分かります。

店内には、子供たちが喜ぶ工夫も
右京区の地域ナンバー1を目指されたんですよね?

社名の由来にもなっているんですよ。「右京区」地域限定で頑張ろうということで「右」。 つまり「ライト」です。ただ、途中で英語の綴りは、「R」より「L」がいいんじゃないかということになり、「光」の「ライト」に変更しました。ロゴも今では灯台になっています。

お店情報
有限会社 ライトハウス

住所:〒616-8224
   京都府京都市右京区常盤窪町17番地1
TEL:075-864-0012  FAX:075-864-0018
お問合せ先:lh-baibai@light-h.co.jp
お店HP:http://www.light-h.co.jp
 

  編集後記

たった1輌で走る、京福の路面電車を降りてすぐのところに「ライトハウス」さんはありました。
太秦映画村にも程近く、常盤駅まわりには修学旅行生の姿もちらほら。
散策にいいお寺や観光名所も多い中、駅近くには、スーパーや商店が軒を連ねていました。
ゆったりした時間の中で暮らしていける、そんな街の印象です。
次回は、ホームページ開設前と開設後の変化についてお聞きします。

(取材・執筆・webページ制作  株式会社 物語ライティング)
連載2回目へつづく >>