トップ >> 街の不動産屋さん

街の不動産屋さん
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?

連載インタビュー 街の不動産屋さん

街の不動産屋さん 1/3回目はこちら
3/3回目はこちら
  不動産屋さんって、怖いイメージがありませんか?
「お店に入ったら最後、出られなくなりそう」とか「親身になって探してくれるの?」とか、
あまりよいイメージがないのでは?
それは、不動産屋さんをよく知らないからだと思います。
というわけで、みなさんに代わり、不動産屋さんに直撃インタビューしてみました。

第43回 ~連載2回目~
有限会社 ライトハウス 久林規宏様 ライトハウス様ホームページ
http://www.light-h.co.jp/


京福常盤駅より徒歩2分
JR山陰線太秦駅より 徒歩11分

地図はこちら
取材日 2009年11月5日

ライトハウス久林社長へのインタビュー、連載2回目です。
@dreamをいち早く導入されたライトハウスさんですがここ一年で、また新たな動きがあったようです。
@dream導入後の変化、最近の久林社長の取り組みについてお聞きしました。



アクセスのいい店舗

  ホームページ開設前の集客状況
借家に特化して開業されたということでしたが、当初から順調でしたか?

バブル前後の時代は、賃貸サービスをやっている不動産屋はあまりなかったんです。ここ5年から10年くらいじゃないでしょうか、みなさん賃貸に力を入れ始められたのは。だから、当時は珍しかったんですね。おかげで、面倒がられて「こんな借家がありますよ」と、不動産屋さんから、たくさん物件を預からせていただくことができました。

店舗前には駐車場もあって便利
ホームページを開設される前は、 どのように集客されていましたか?

とにかくなんでもやりました。 折り込みチラシも広告も。
当時は毎日50~100枚くらい名刺を配り歩きましたが、靴底をへらして歩き回る地道なセールスは、ずっと変わりません。 お客さんからの紹介も多くいただきましたね。

  @dream導入後の変化
@dreamを知ったきっかけは何でしたか?
初期の頃から導入されていると聞きましたが。

キヤノンさんの飛び込みセールスで知りました。
当時、パソコンにシステムを導入するなんて、私の頭にはなかったんです。でも、うちの営業スタッフから、「これ面白いんとちゃいますか」と言われて。
賃貸版は2002年、売買版は2003年からスタートしました。
ホームページも@dreamのもので開設して、それに加工を重ねていきました。

右京区の物件チラシがズラリ
導入を決意した理由は?

@dreamは、全部自分で入力して自分で情報を発信する、そこに魅力を感じたんです。うちは長く商売をしているので、物件はたくさんありました。だから、他からではなく、自分の手持ちのものを使えるのは大きいなと。苦労すればするだけ、ホームページ関連の分野では勝てそうだと思いました。そのためのツールが@dreamじゃないかと。

実際、導入されての成果はどうでしたか?

@dreamを導入してから商売が軌道に乗りはじめましたね。導入当初は、今ほどホームページも充実していなかったのですが、みなさんがはじめられる前でしたので。新鮮だったのでしょうね。反応はよかったですよ。比率で言うと、チラシと広告が6割、ネットその他が4割といったところでしょうか。約500組いらっしゃる賃貸のお客様に対して、漏れなくアプローチできるようになったというのは大きいです。

アプローチの方法はどう変わりましたか?

賃貸の場合、お客様はいわゆる店子さん。大家さんとの関係も考えると、あまり頻繁に連絡を取ることもためらってしまうんです。二年に一度の契約更新のタイミングくらいでしょうか。更新時期には、更新料と家賃、家賃に見合った売買物件等の情報を、郵送でお客様にお送りしていました。実際、今もしていることは変わらないんです。でも以前は、エクセルで更新の日付ごとにデータを並び替え、チェックしては連絡してと。かなり手間がかかっていました。見逃してしまうお客様もいらっしゃいましたしね。アナログで追いつかなくなってきた頃に@dreamを導入したので、スムーズになりました。
ホームページの管理はどのように?

導入当初から、パソコンが得意なスタッフに任せていたんですが、去年、担当が辞めてしまって。 それから私が主導で管理するように体制を変えたんですが、もう大変! これまであまり把握できていなかったので、イチから取り組み始めて。 資料を読み込んだり、操作講習会に出たりと。今、勉強の真最中です。

社内での役割分担を教えてください。

私が指揮をとっていますが、実際の作業は6人で分担しています。間取り作り、写真部隊、入力部隊、レインズ(物件検索)部隊、広告・チラシからの取り込み部隊に物件確認部隊ですね。300ある物件情報は全部入力して、毎日更新しています。新規物件については、火曜日までにすべてカラーの間取りを作ってアップしようと頑張っています。

役割分担制でホームページ更新!
自らホームページ管理を始めて、感じられたことは?

ホームページはやればやるほど、不完全さが目につきますね。例えば、一つの情報を更新すると、関連する別情報にリンクを貼る作業が発生します。すべてを漏れなくカバーするのは本当に大変。新しい発想が湧くと、それを形にするまでに何ヶ月もかかることもありますしね。だからこそ逆に、「もっとお客さんのためにできることがあるんや」と、いつも気づかされます。それができれば地域ナンバーワンになれそうな気もしています。

お店情報
有限会社 ライトハウス 

住所:〒616-8224
   京都府京都市右京区常盤窪町17番地1
TEL:075-864-0012  FAX:075-864-0018
お問合せ先:lh-baibai@light-h.co.jp
お店HP:http://www.light-h.co.jp      

  編集後記

初期の段階から@dreamを導入されたライトハウスさん。
システムに頼るのではなく、システムがあるからこそ、 地道な努力のしがいがある
という久林社長の発想には頭が下がりました。
この1年、自らがホームページ運営されるようになり、「まだまだ勉強中!」と
さらに貪欲に取り組まれている様子が印象的でした。
次回は、ホームページで工夫している点や今後の展開についてお聞きします。
(取材・執筆・webページ制作  株式会社 物語ライティング)
連載3回目へつづく >>