トップ >> 街の不動産屋さん

街の不動産屋さん
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?

連載インタビュー 街の不動産屋さん

街の不動産屋さん 2/3回目はこちら
3/3回目はこちら
  不動産屋さんって、怖いイメージがありませんか?
「お店に入ったら最後、出られなくなりそう」とか「親身になって探してくれるの?」とか、
あまりよいイメージがないのでは?
それは、不動産屋さんをよく知らないからだと思います。
というわけで、みなさんに代わり、不動産屋さんに直撃インタビューしてみました。

第46回 ~連載1回目~ 株式会社 eせいゆう住宅 西田有希様 eせいゆう住宅様ホームページ
http://www.e-seiyu.jp


JR琵琶湖線守山駅より 車で7分
地図はこちら
取材日 2010年1月27日

第46回は滋賀県守山市にある「eせいゆう住宅」さんです。
守山はJR新快速が停まる駅として、大阪からも京都からもアクセスがよくベッドタウンとされる滋賀県の中でも、草津に次いで人口が増えている街です。
西田様は勤務していた不動産会社を引き継ぎ、25歳の若さで独立。
当初からインターネットでの営業に力を入れ、ここ数年はメール活用についても見直されて、昨年の@dreamDAYで、見事Bestメール活用賞を受賞されました。
連載1回目は、エリア情報とお店の様子についてお届けします。


ゆったりとした空間が印象的な
JR守山駅ロータリー


eせいゆう住宅 西田様
趣味など、お好きなことは何ですか?
映画をよく見ます。特に泣ける邦画が大好きで、レンタルビデオショップの「邦画・ドラマ」コーナーのものは、すべて見尽くしたのではないかというほど。米倉涼子さんや天海祐希さんのサバサバした演技には、つい見入ってしまいますね。
映画鑑賞のほか、お休みは何をして過ごされていますか?
18歳から実家を出て暮らしているので、掃除、洗濯、料理をしています。たまに、実家に田んぼや畑があるので、田植えや畑仕事を手伝ったりもしています。畑では、祖母が白菜や大根を育てていて、できたらみんなで食べるんです。守山のこの辺りは田畑も多く、本当にのどかなところですよ。
滋賀県でのおすすめスポットは?
やっぱり琵琶湖です。湖岸から見る夕日はめっちゃ綺麗なんですよね。中学生の頃から、バーベキューをしに行ったり、のんびり景色を眺めたりと、長年お世話になっています。仕事中も、気分転換を兼ねて、わざわざ湖岸道路沿いを走ったりもしています。
    街の雰囲気について
まず、滋賀の県全体の特徴を教えてください。

滋賀県は琵琶湖で有名ですが、緑が多く静かで穏やかなところです。仕事で大阪や東京にも行きますが、雰囲気が全然違いますね。京都や大阪のベッドタウンで、人口増加率も高くなってきています。県内で最も人口が増えているのが草津周辺。次いでこの守山・栗東周辺になっています。


緑が多く散歩にも最適な駅前広場

守山が人気なのはどうしてでしょうか?

やはり、JRで新快速が停まる駅というのは大きなメリットですね。京都へ行くのに約20分、大阪までも一時間以内で行けるので、通勤にも便利なんです。この辺りは大きな工場等も近くになく、お勤めとなると県外になります。ですから、駅近くだと便利なマンション、少し車を走らせた地域には、新築の一戸建が多いです。

街中での移動手段は車ですか?

どこに行くのも車です。一家に一台では足りないので、「一人一台」の車社会です。守山で一戸建を購入される際の平均坪数は45坪なんですが、車が必ず二台以上置けて、アプローチもしっかり取れる広さですね。

  お店について
2003年秋に会社を設立されていますが、それまでの経緯を教えてください。

私はもともと絵を描くのが好きで、短大ではインテリアデザインを専攻していたんです。建築のパースを引いたり、椅子を作ったり。卒業後は建設会社に就職して3年半、現場監督などをしていたんですが、やればやるほど「建物を建てるには、不動産のことをもっと知らなあかん」と思うようになって、不動産会社に転職しました。ところが数年経って、当時の社長が店を閉めるということになり、それなら「私が!」と一大決心。 宅地建物取引主任者の資格を取得していたので、引き継ぐ形で独立したのが25歳のときでした。
25歳の若さで独立なんてすごいですよね。しかも、女性。

もうすべてが独学でのスタートでした。特にこの業界は、女性を受け入れてくれないイメージもありますよね。実際、男性同士の輪には近寄り難いですし、女性だからと舐められてしまうこともあります。だけど、そんな中でも上手に人間関係を築いていく努力は必要ですね。
お客様に対しては、男の人に負けたくないという気持ちもありますが、反対に、女性だからこそできることもあると思うんです。

「女性だからこそ」と言うと、例えばどんなことがありますか?

良くも悪くも私自身、強引に押し付けられない営業スタイルなんです。だけどそこを活かして、女性としての気配りや心遣いで「お客様に一番いい家を提供したい」と思っています。土地や建物は本当に大きな買い物ですし、感謝される仕事をしたいですね。

女性が経営をされることについて、今はどのように思われていますか?

仕事をしていく上では、女性であるがために起こる問題はたくさんあると思うんです。例えば、従業員として雇われている場合だと、会社の制度が整っていない限り、なかなか産休も取れないのが現実です。その点、経営者であれば、これから結婚や出産を考えるにあたっても、一生続けていける仕事だと、今では思うようになりましたね。もちろんリスクはあって、自分がいない間フォローしてくれる従業員を育てておかないといけませんが。

設立当初からお店は守山でしたか?

地元の守山ではじめるのがベストだったのですが、最初の1年は大津でビルを借りて通っていました。そこに一つの覚悟があったんです。誰かに甘えるのではなく、自分のお金で場所を借りて、イチから始めようという。やっぱりイチからやらないと必死さは生まれないと思ったんですね。

そして一年後に守山へ。こちらの店舗はどのようなイメージで作られましたか?

シンプルな建築が好きなので、ソファやテーブルなど白を基調とした内装にしています。サッシは、前職の建設会社で知り合ったサッシ屋さんから、誤発注で処分するものをもらってきたり、中古品を上手く利用したり。手作り感溢れるローコストな事務所です。
玄関や窓のインテリアが目を惹きますが、お客様からの評判はいかがですか?

「可愛いですね」と言って頂きますね。エントランスの装飾は、お気に入りのバリ雑貨です。事務所の中も、赤い椅子や明るい木目のデスクと、堅苦しくない雰囲気にしようと思って選びました。

西田様の他に、スタッフは何人いらっしゃいますか?

独立当初は、私と女性の事務員さんの二人三脚ではじめました。今も実質的な経営は私が行っていますが、数年前、元ハウスメーカー勤務の父が社長になり3人になりました。

愛らしいインテリアで飾られたサッシ
一日の仕事の流れを教えてください。

朝9時半に出社して、夜は9時か10時まで働いています。平日は、役所調査に行ったり、業者さんをまわったり。一日一回、必ず物件の写真を撮りに行くのが目標ですね。お客様とのメールのやり取りは、事務所の中でも外でも、仕事が終わってからでも一日中やっています。アフターファイブや週末の休みをきちん取られる経営者もいらっしゃいますが、私は境目がなく、仕事が趣味のようになっていますね。

  お客様について
お客様はどのような方が多いですか?

新築をご検討されるお客様は、25歳から35歳位の層になります。みなさん、お子様が小学校に上がられるまでに探されますね。新築だと3500万円、中古だと2000から2500万位の物件希望の方が多いです。滋賀県全体で見ると高額な方だと思います。一番人気の草津だともう少し高くなるので、その次の候補として、ご予算との兼ね合いでここ守山周辺が選ばれますね。

若い世代のファミリー層以外のお客様もいらっしゃいますか?

高齢のご夫婦も多くいらっしゃいます。守山は医療機関が充実しているのも特徴なんですね。すぐ近くに成人病センターという総合病院もあって、かかりつけにされている方も多いんです、同じ県内でも、遠くに住まれていた方が、通いやすいようにと引っ越してこられるケースも増えていますね。お客様には、老後も安心して暮らせる街だとご紹介させてもらっています。

お店情報
株式会社 eせいゆう住宅

住所:〒524-0021
   滋賀県守山市吉身三丁目16-1
TEL:077-581-8020  FAX:077-581-8021
お問合せ先:info@e-seiyu.jp
お店HP:http://www.e-seiyu.jp
 

  編集後記

JR守山駅には、緑を配した小さな広場があちこちにあり、電車を降りてすぐ「穏やかな街だなぁ」という印象を受けました。
乳母車を押すお母さん達の散歩姿や、ベンチで読書をされる高齢のご夫婦の姿も印象的でした。
「eせいゆう住宅」さんのお店から歩いてすぐのところには畑もあり、自然や人との触れ合いを大切にしながら、「暮らし」を存分に満喫できる場所なのだと感じます。
次回は、@dream導入前後での変化やホームページで工夫されている点についてお聞きします。

(取材・執筆・webページ制作  株式会社 物語ライティング)
連載2回目へつづく >>