トップ >> 街の不動産屋さん

街の不動産屋さん
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?

連載インタビュー 街の不動産屋さん

街の不動産屋さん 1/3回目はこちら
2/3回目はこちら
  不動産屋さんって、怖いイメージがありませんか?
「お店に入ったら最後、出られなくなりそう」とか「親身になって探してくれるの?」とか、
あまりよいイメージがないのでは?
それは、不動産屋さんをよく知らないからだと思います。
というわけで、みなさんに代わり、不動産屋さんに直撃インタビューしてみました。

第46回 ~連載3回目~ 株式会社 eせいゆう住宅 西田有希様 eせいゆう住宅様ホームページ
http://www.e-seiyu.jp


JR琵琶湖線守山駅より 車で7分
地図はこちら
取材日 2010年1月27日

eせいゆう住宅西田様へのインタビュー、連載3回目です。
昨年の@dreamDAYで、Bestメール活用賞を受賞されたものの、「実際の営業では、ネットとアナログが半々です」とおっしゃる西田様。
今回は、ホームページ以外で工夫されている点や、ネットとアナログの融合を目指されているという、今後の目標についてお聞きしました。


独立当初から共に頑張ってきたスタッフ

  ホームページ以外で工夫している点
ホームページ以外で工夫されていることはありますか?

物件はすべて、ネット上だけでなく紙の資料も作ってファイリングしています。表には写真と間取り図を載せ、裏には地図を印刷してお客様にお渡ししているんです。
土地の資料については、ハウスメーカーさんにも置かせて頂いて、1ヶ月に1回クリーニングに行っています。
滋賀県では、一戸建の購入にハウスメーカーを訪れるお客様の約60%が土地なしだと聞いています。
ですから「土地さえ決まれば・・・」と考えている営業マンとの繋がりは大切にしたいと思っているんです。

ネットも紙も、
物件チラシには写真がズラリ
資料にはたくさん写真を載せていらっしゃいますね?

一つの物件に関して、5枚ずつ写真を撮るようにしているんです。土地や建物を知るのに、写真は重要ですよね。ハウスメーカーに資料を置かれている不動産屋さんは他にもいらっしゃいますが、写真を載せているところはないと思います。ホームページに関しても言えることですが、滋賀県では、まだここまでたくさんの写真を掲載しているところは少ないんです。他社と差別化するために、今後も力を入れていきたいです。
従業員3人で、約1000件ある物件の写真撮影は大変そうですが。

団地なども多いので、一括して撮れるところもありますがそれでも大変です。毎日、新しい物件が出たら、地図に付箋を貼り付けてメモしておくんです。付箋が溜まったら撮影に行って、撮り終えたところから付箋を別の紙に貼り付けていく。帰社したら、その貼り付けた付箋の順番に画像をアップロードしていきます。付箋を剥がす際に、地図に日付などを書き込んでおくと、後から便利です。今の地図はここ2年程使っていますが、「この辺りは、前にどんな物件がありましたか?」と聞かれたときに、答えられる材料になっていますね。

年季の入った地図帳は
写真撮影にも欠かせないツール

  ▼@dreamの魅力
@dreamの一番の魅力は何でしょうか?

従業員を一人雇ったような感覚、いや、それ以上のものがありますね。ホームページのアップの速さとメールの機能。ITサポーターさんの存在も大きいです。こういうソフトは、売りっぱなしにされることも多いと思うんですが、手取り足取りサポートしてくださるので感謝しています。

ITサポーターさんとはどのくらいの頻度で連絡されていますか?

最近は毎日連絡していますが、最低週1回はやり取りしようと決めています。最前線での情報を持っていらっしゃるので頼りにしています。メールの添削もしてくださるし、さぼっていると怒られるし。@dreamはいわば「先生付きのソフト」ですね。モチベーションを維持する役割も、担ってくださっていると思います。
@dreamDAYに参加されてからは、他のユーザーさんとの繋がりもできましたか?

そうですね。イベントや操作講習会でお会いしたり、普段はメールや電話でやり取りしています。先日、パソコンを買い換えたことをブログに書いたら「どんな基準で選んだんですか?」と、早速ユーザー仲間からメールがありました。本当に些細なことでも連絡し合っていますよ。

ユーザーさんは全国にいらっしゃいますよね。

離れていて競合しないからこそ、ぶっちゃけて話ができると思うんです。東京の激戦区にいらっしゃる方は、1ブロック歩けば@dreamを使っている競合店があるような環境ですよね。そんな最前線で仕事をされている方のお話を聞くと、差別化に対する考え方や工夫は大変勉強になりますし、色々な悩み相談にも乗って頂いて、刺激し合わせてもらっています。周りに熱い人がたくさんいらっしゃるので、自分も熱くなれますね。

これから導入される方へ、何かアドバイスはありますか?

まずはITサポーターさんにとことん相談するといいと思います。私は今、メールエキスパートクラスを受講していますが、操作講習会などにも出て、ユーザーさん同志の輪を広げたり、モチベーションを高めるのも大切ですね。他社さんのホームページを見れば、具体的な工夫点はいっぱいありますし。私も勉強させてもらっています。

  ▼今後の展開について
現在は売買中心でされていますが、今後の事業展開についてはいかがでしょう?

いつになるかは分かりませんが、賃貸もできればベストだと思います。賃貸で繋がりのできたお客様が売買でリピートしてくださる、という流れが最大の目標です。ですが、うちは人数的にも2足のわらじを履くところまで今は辿り着けないので、まずは売買をもう少し極めたいと思います。

では、身近な目標では何か考えていらっしゃることはありますか?
昨年、2級建築士の資格を取りました。ビジネスの視点から考えると、必ずしもいい方向かどうかは分からないのですが、私個人の想いとして、やっぱり建築がやりたいんです。もちろんeせいゆう住宅は、不動産仲介の会社として育てていくんですが、別会社という形になるでしょうか。建物に対する夢があるんです。

建築に対する思いは、以前、建設会社に勤務されていたこととも関係していますか?

建築を3年やって、職人さんたちのあったかさに触れました。喧嘩もするし泥臭い世界だけれど、棟上後はみんなでお酒を飲みに行ったり。一つのものを一緒に作り上げていく、そういう関係性が好きで忘れられないんだと思います。

「シンプルな建築が好き」
西田様コーディネートの店内

ネットの活用という点からは、どのような将来像を描いていらっしゃいますか?

「のんびりしていられへんな」と、危機感を持っています。私は今30歳で、初めてPHSを持ったのが高校生のときでした。だけど、今では小学生から携帯を持っていて、その子ども達が家を買うような時代がもうすぐそこまで来ているんです。インターネットが使えない人なんていない状態で、きっとメール中心の生活で。だから10年後を考えると、他に勝てるところまで、ホームページやメールの知識を深めておかないと、と思っています。

その将来に向けて、今、具体的に取り組まれていることはありますか?

ホームページを作り直そうと考えた時に、独学での限界も感じ始めて学校に通うことも考えています。メールやWEBに関する本もよく買って読むようになりました。例えば、通常の手紙とメールでは、起承転結が少し違いますよね。そういうネットでは「当たり前」とされる最低限の常識が、独学ではどうしても抜けてしまうので、今のうちに押さえておきたいと思っています。

ネットを使っての営業は、変化がめまぐるしそうですね。

古い不動産屋の営業スタイルを残す傍らで、パソコンのことには日々追いついていくというイメージでしょうか。二つの融合が大切ですよね。インターネットは、きっと宝の山なのだろうと思うんですよ。今はまだ本当に始まったばかりで、これからどんどん進んでいくでしょうし、これ以上にすごいものが現れるかもしれないです。一人一台携帯を持つ時代ですから、携帯独自のホームページにも力を入れていきたいとも思っています。

お店情報
株式会社 eせいゆう住宅

住所:〒524-0021
   滋賀県守山市吉身三丁目16-1
TEL:077-581-8020  FAX:077-581-8021
お問合せ先:info@e-seiyu.jp
お店HP:http://www.e-seiyu.jp      

  インタビューを終えて
25歳で独立されてから、まっすぐに走って来られた西田様。
身を持って体感された自らの経験に基づいて、試行錯誤しながら進んで来られた様子がよく分かりました。
その芯の強さと、親しみを感じさせる明るい笑顔が素敵な女性でした。
独立当初からネットを中心に営業展開され、最近ではメール活用にも精力的に取り組まれていらっしゃいます。
けれどお話から窺えたのは、計算された効率よいやり取りではなく、温もりある人と人との触れ合いでした。
きっと西田様ご自身が、本当にお客様のことを考え、建物に夢を持ってお仕事をされているからなのでしょう。
これからますます発展していくネットの世界。「やりたいことがいっぱいあって大忙し」とおっしゃる中にも、チャレンジしていくことにワクワクされている様子が伝わってきました。
人口も増え、日々変化していく守山の街から、今後、不動産業界にどんな新しい風を吹かせてくださるでしょうか。楽しみです。
(取材・執筆・webページ制作  株式会社 物語ライティング)