トップ >> 街の不動産屋さん

街の不動産屋さん
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?

連載インタビュー 街の不動産屋さん

街の不動産屋さん 1/3回目はこちら
3/3回目はこちら
  不動産屋さんって、怖いイメージがありませんか?
「お店に入ったら最後、出られなくなりそう」とか「親身になって探してくれるの?」とか、
あまりよいイメージがないのでは?
それは、不動産屋さんをよく知らないからだと思います。
というわけで、みなさんに代わり、不動産屋さんに直撃インタビューしてみました。

第47回 ~連載2回目~ 株式会社カサハラらんどホーム 笠原貞一様 カサハラらんどホーム様ホームページ
http://www.k-land.co.jp/


東武東上線鶴ヶ島駅西口徒歩2分
地図はこちら
取材日 2010年2月8日

カサハラらんどホーム笠原社長へのインタビュー、連載2回目です。
宮大工さんが在籍する建設会社から独立された笠原社長。
ホームページ開設と@dream導入で、その集客方法がどう変わっていったのか詳しくお聞きしました。


閑静な駅前広場

  ホームページ開設
開業当初は、どうやって集客されていたのですか?

リクルートの住宅情報誌や住宅系のポータルサイトに費用を払って物件情報を掲載、またポスティング、折り込み広告などを半年ほど行っていました。
しかし全く反響がない。
今度の土日は来るだろうと思っても電話の一本もかかってこない。
本当に毎日が不安で眠れない日々を過ごしていました。

ほぼ毎日、更新を欠かさない
ホームページ

  @dream導入後の変化
@dreamを知ったのはいつ頃ですか?

開業後半年ほど、毎日悶々と過ごしていたころです。情報通信業に勤める兄から、リングアンドリンク株式会社の金丸社長の著書『街の不動産屋さん、“待ち”の経営から抜け出す』と『インターネット不動産経営 勝つための11のセオリー』をもらったんです。

導入を決意したのはなぜですか?

兄からもらった2冊の本、読んでみてこれがとても面白い!いままで敬遠していたインターネットの世界がとても魅力のあるものに見えてきたんです。そこで、すぐに@dreamの導入を決意しました。実は、それまでホームページはおろか、パソコンすら持っていませんでした。その当時は、恥ずかしながら「インターネットで不動産が売れるわけないだろう」と、バカにしていたんです。インターネットには人のぬくもりが感じられないというイメージも持ってもいたんですよね。
ですから、藁にもすがる思いで@dreamを導入し試行錯誤、3ヶ月かけて自力でホームページを立ち上げることができました。いまでも、パソコンそのもの、そして@dreamを使いこなせているとは言えず、ITサポーターさんに質問をあおいだり、毎月一回の操作講習会に参加させていただいたりと、勉強を重ねています。

導入作業はうまく行きましたか?

@dreamを導入してから、平日の日中は事務所を閉め、ほぼ毎日写真撮影や物件入力をするようになりました。開業して半年、事務所で待ち続けてもお客様が来ないということは痛いほど思い知らされましたので…。多い日には、日中に30件ほど物件写真を撮り、夕方からデータ入力とデータのクリーニング、翌朝にホームページへ掲載していました。外出中は事務所にかかってくる電話はすべて携帯電話に転送されるようにしています。現在は相当数の物件情報を扱うまでになりました。
何かこだわっているところはありますか?

「信頼されるホームページ」にしたいと考え、情報はとにかく「徹底的に、詳細に」を基本にしています。写真はもちろんですが、私たちプロなら当たり前である「ユニットバス」、「トイレ1・2F」、「システムキッチン」などの基本的な事項はもちろん、物件を見たマイナスの情報についてもあえて記載しています。
たとえば、電車の線路が近い物件だったら、詳細欄に「線路が近くにあります」と書き入れたうえで、線路や電車の走る姿を写り込ませた物件写真を掲載しています。

店舗には、お子様のプレイスペースも
物件のマイナス面を書くことに躊躇はなかったのですか?

最初はもちろんありました。ただでさえ反響がないのにこんな情報や写真を載せてしまったら、ますますお客様の問い合わせが減ってしまうのではないかと危惧していたんです。ですが、この線路が近くにある土地で、電車が写真に写っていたことがお客様の購入に繋がったんです。というのも、そこは東武東上線の線路からわずか20メートルの土地。購入されたお客様は、「この線路の距離なら我慢できるくらいの電車の音で、問題ないはず」と写真を見て判断されたそうなんです。「この物件は、他社でも出しているところを見かけたんですが、電車のことを書いているのは御社だけしかなく、その正直なところが信頼を持てたんです」と言っていただきました。その言葉を聞いたときは涙が出そうになりましたね。この土地、実は弊社の初契約物件だったんですよ。

お店情報
株式会社カサハラらんどホーム

住所:〒350-2204
   埼玉県鶴ヶ島市鶴ヶ丘1-20
TEL:049-285-6300 FAX:049-285-6305
お問合せ先:info@k-land.co.jp
お店HP:http://www.k-land.co.jp/      

  編集後記

開業当初は、インターネットでの集客を全く考えていなかった笠原社長。
現在は一日のほとんどを、ホームページ用の素材づくりに費やされています。
次回は、ホームページで工夫している点やアナログでの工夫点、今後の展開についてお聞きします。
(取材・執筆・webページ制作  株式会社 物語ライティング)
連載3回目へつづく >>