トップ >> 街の不動産屋さん

街の不動産屋さん
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?

連載インタビュー 街の不動産屋さん

街の不動産屋さん 2/3回目はこちら
3/3回目はこちら
  不動産屋さんって、怖いイメージがありませんか?
「お店に入ったら最後、出られなくなりそう」とか「親身になって探してくれるの?」とか、
あまりよいイメージがないのでは?
それは、不動産屋さんをよく知らないからだと思います。
というわけで、みなさんに代わり、不動産屋さんに直撃インタビューしてみました。

第50回 ~連載1回目~ 株式会社 東横マンションセンター 露木真喜 様 東横マンションセンター様ホームページ
http://www.toyoko-ms.jp/


東急東横線白楽駅より 徒歩2分
地図はこちら
取材日 2010年5月6日

第50回は、東急東横線「白楽」駅にある「東横マンションセンター」さんです。

横浜からわずか3駅ながら、暮らしやすいと人気の白楽。2009年に独立開業をされた、東横マンションセンターの露木社長にお話をうかがいました。連載1回目は、ユニークな社名の由来やエリア情報についてお届けします。


のどかな雰囲気漂う、白楽駅改札


大柄で頼もしい印象の露木社長
社名の由来は?
文字通り“東横線沿いの、マンションに特化した不動産屋“という意味を、ストレートに社名にしました。得意の沿線で、得意なマンション仲介に絞った会社を作りたかったんです。元上司からは「イメージを狭めてしまっていいのか?商売チャンスを逃すんじゃないのか?」と反対されましたが、お客さんや同業者からは「やりたいことがそのまま伝わり分かりやすい!」と好評なんですよ。
趣味や、お好きなことは、なんですか?
昔はかなり本腰を入れて、ビジュアル系ロックバンドのボーカル・作詞・作曲を担当していました。体重も今より20キロ以上軽かったんですよ。今は独立して2年目なので、当面は仕事に夢中ですが、いつかまた仲間とバンドを組めたらいいですね!
白楽の魅力を教えてください
駅のすぐ近くに昔ながらの商店街がある反面、横浜へのアクセスもわずか3駅と、バランスよく暮らしやすい土地柄です。この六角橋商店街は戦前からあり、横浜でも有数の商店街で、ぶらぶらと散歩をするだけでも楽しいですよ。テレビドラマのロケにもよく使われているそうです!また、意外と庶民的で、のどかな雰囲気も残っています。
    ホームページ開設前の集客状況

どこかしら懐かしいムードの駅周辺

独立開業と同時に、ホームページを立ち上げられたんですね?

2009年の4月24日に独立開業したんですが、そのタイミングに合わせて、一ヶ月半ほど前からホームページ開設の準備を進めてきました。
どうしても、開業と同時にホームページを立ち上げたかったんです。

準備がとても大変だったのでは?

ええ、当時を振り返ると、写真撮りや入力作業など、夫婦でてんやわんやの毎日でした。
それでも、ITサポータさんの「開業までに、最低150件は物件情報をアップしましょう。 そうすれば、結果はあとからついてきますよ!」という言葉を信じて、妻である専務と2人で、なんとか目標を達成したんです。

開業当初の集客状況は、いかがでしたか?

当初は、一日のホームページへのアクセス数も一桁台でした。
予想はしていましたが、しばらくはしんどかったですね。

直接来店されるお客様の反応は、いかがでしたか?

実は「不動産屋らしくない、コワくない不動産屋」を目指して、入り口に物件情報も貼らなかったので、素通りされることも多かったです。その後、反省して最低限の情報掲示はするようになりました。

  東横マンションセンターの魅力
マンションだけに特化する、そう決めた理由は何ですか?

「これだけ街に不動産屋が溢れているのに、何でも屋になってしまったら、個性を出せないんじゃないか?他の大勢に埋もれてしまうんじゃないか?」と、独立のときに思いまして、やるからには徹底的に「差別化」をはかることに決めたんです。

とはいえ、踏み切るのには勇気も必要だったのでは?

独立前は横浜市内でずっと不動産営業をしていたので、その経験から東急東横線沿線であれば、マンションに特化してもいけるだろうと判断しました。
もちろんかなりの時間リサーチしましたからね。
勝算ありと感じてこの形に踏み切りました。

持ち帰り用の物件チラシが
置かれている店外
分野を特化することのメリットは何でしょう?

結果として、扱う物件を東横線沿線のマンションに特化したことで、お客様にも分かりやすいと言ってもらえました。そして実際の店舗運営でもそうだと思いますが、インターネットの世界では、特に専門店として特化すること、アピールすることが結果として競合他社との差別化に繋がり、生き残る道だと考えました。

では、デメリットは?

デメリットとしては、やはり「マンションしか扱えない」と思われてしまうことですね。「知り合いに紹介したかったんだけど、戸建ては扱ってないと思って…」と言われてしまい、勿体なかったなということが正直、何度かありました。


  @dream導入のきっかけ
なぜ@dreamを導入しようと思ったのですか?

独立する前に、大手不動産会社で修行をしていたんですが、そのときから「これからの不動産屋には絶対、インターネットが必要だ」と痛感していたんです。

なにか、具体的にきっかけとなる出来事は?

当時は会社の方針で紙広告を出したりもしていたのですが、はっきり言って、費用対効果が低すぎて…。それに情報も、広告が出る頃には1週間以上、古くなっているじゃないですか?お客様にとっても不動産屋にとっても、紙媒体は続かないだろうと肌で感じていました。

ほかに導入の決め手はありましたか?

独立前に、開業に関する本を30冊くらい読み漁っていたんですが、その中で“ピン”ときた本の中にも「自社ホームページからの集客の必要性」が書かれていましてね。

どんな本が印象的だったのでしょう?

一番印象に残った本が、リングアンドリンクの金丸社長が書かれた『街の不動産屋さん、“待ち”の経営から抜け出す』だったんですよ!それで、ぜひ@dreamを活用して、ホームページを構築しようと思ったんです。

お店情報
株式会社 東横マンションセンター
代表取締役 露木 真喜

住所:〒222-0024
   神奈川県横浜市港北区篠原台町4-6-103 
TEL:045-718-5711 FAX:045-718-5712
お問合せ先:info@toyoko-ms.jp
お店HP:http://www.toyoko-ms.jp/
 

  編集後記

横浜から東急東横線でわずか数分とは思えない、のどかな雰囲気の白楽駅。にぎわう六角橋商店街のほか、公園や緑も多く、とても暮らしやすそうな街です。駅から歩いて2分ほどの「東横マンションセンター」さんの店舗の周りも、静かで落ち着いた印象でした。次回は@dream導入のきっかけや、ホームページ上で工夫されている点などについてお伝えします。

(取材・執筆・webページ制作  株式会社 物語ライティング)
連載2回目へつづく >>