トップ >> 街の不動産屋さん

街の不動産屋さん
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?

連載インタビュー 街の不動産屋さん

街の不動産屋さん 1/3回目はこちら
3/3回目はこちら
  不動産屋さんって、怖いイメージがありませんか?
「お店に入ったら最後、出られなくなりそう」とか「親身になって探してくれるの?」とか、
あまりよいイメージがないのでは?
それは、不動産屋さんをよく知らないからだと思います。
というわけで、みなさんに代わり、不動産屋さんに直撃インタビューしてみました。

第51回 ~連載2回目~ 有限会社 石部宅建 石部建雄様 石部貴之様 有限会社 石部宅建様ホームページ
http://www.ishibe.co.jp/


徳島市山城西2丁目10番地
徳島文理大学南門から南へ徒歩1分

地図はこちら
取材日 2010年6月18日

有限会社 石部宅建 石部建雄様、貴之様へのインタビュー2回目です。
@dreamの導入や、ブログの活用に半信半疑だった石部建雄様。
ブログを書いてみての心境の変化やインターネットの驚き、また貴之様には、
@dream導入後の変化についてお話を伺いました。


アスティ徳島。大物アーティストの
コンサートも開かれる

  ホームページでの工夫

阿波のオッサンの呟き

続・いしべっちのニコニコ日記
ホームページを拝見すると、お二人の似顔絵とブログが印象的です。

石部建雄様:息子にブログを書くようにいわれた時、不動産とブログ。何の関係があるん?と思っていました。何を書いていいかも分かりませんでしたしね。そんな時、息子に「お父さん、不動産屋は怖くて入りにくいというイメージがある。ブログを書くことによって、お客様に自分たちの人となりを分かっていただける。この仕事に親しみを持っていただけるんよ」と言われました。そこで、好きな阪神のことやソフトボールのことを書くようになりました。

反応はどうでしたか?

石部建雄様:ものすごく反応がありますね。お客様にも、「ブログ読んでます」と言われますし、仕事で難しい事例にあたっても、「あのブログを書いている社長に任せれば大丈夫」とお客様におっしゃっていただいています。県外の不動産の講習会に行っても、すでにブログを読んでいただいている。ブログは、人と人の心をつなぐ潤滑剤、ビジネスには欠かせないものだと実感しています。

インターネットについてはどうですか?

石部建雄様:私たちの時代は、何軒もの物件をまわって、長い時間をかけて契約を決める時代でした。今は、物件をネットに載せると、時間をかけずあっという間に契約が決まることもあります。
ネット、恐るべしといいますか、今ネットがなかったら、当社はどうなっていただろうと思うことがあります。
@dream導入前にも、他社さんのソフトを使ったりしたものの、大きな反応はなかったので、大丈夫なんだろうかという思いはありました。でも、現在では、リングアンドリンクの金丸さんの「不動産業界の方には、いまだネットの集客に批判的な人も多い。でも今はそんな時代ではないんですよ」という言葉を実感しています。

  @dream導入前の集客状況
ホームページは、いつ頃開設されたのですか?

「不動産業界にも、インターネットは重要なツールになる」以前からそう思っていた私は、10年前には自社のホームページを立ち上げていました。

業者さんが作られていたのですか?

いえ、独学でホームページビルダーを使って作りました。

反応の方はいかがでしたか?

当時は、ホームページを立ち上げている同業他社さんも少なくて、驚くほど反響がありました。
でも、そのうち全国規模の大きな不動産会社傘下のお店がネットに手を伸ばし始めたんです。
山城から離れた地域の他社さんも、同じようなことを始めた。
そうすると、どうしても当社のような小さいところは、かなわなくなってきたんです。
何かいいものはないかと探していたところ、@dreamを導入している同業者さんに勧められたことをきっかけに、導入を決めました。


  @dream導入後の変化
@dreamを導入して変化はすぐにありましたか?

石部貴之様:ネットで物件情報を公開して、翌日に電話での問い合わせがありました。
「早く電話しないと、物件がなくなるとこまるから」というお客様からのもので、これには、びっくりしましたね。
実は、それまでネットを見ての電話での問い合わせがなく、メールでの問い合わせのみでした。
@dream導入後は、徳島文理大学の毎年の需要全体の約4割を占めるようになりました。

初めての方、二回目以降の方、
入り口が分けられているトップページ。
営業形態についての変化はどうですか?

石部貴之様:来社したお客様のほぼすべてがネットをご覧になっています。
社長が物件チラシを出さなくていいのかというので、少し店内に張っていますが、もうほとんど必要ではなくなってきました。
以前は、お客様は物件チラシで情報を得て、まる1日かけて何軒もの物件をご覧になっていました。今は、あらかじめサイトをご覧になり、物件の詳細を調べていらっしゃいます。何軒か絞り込み、その情報をご自身でプリントアウトしてお持ちになるんです。こちらは、お客様が希望される物件を数件ご紹介する形となりました。

石部様の思う@dreamのよさとは?

石部貴之様:既製のソフトでありながら、入力事項や表示事項を変えられることでしょうか?
分かりやすい例でいえば、当社へのアクセスです。
徳島は、車社会で、家族ひとりひとりが車を持つような土地柄です。都会のように、駅から何分ということは、実用的ではないんですね。しかし、既存のソフトですと、どうしても最寄のJRの駅ということになる。車でいらっしゃる方がほとんどなのに、意味のない最寄りのJRの駅から何分という説明になってしまいます。それを身近な目印の建物を入れられたり、バス停の名前が入れられたりと、お客様の立場にたって、表記を変えられるのがいいですね。
また、物件管理という点でも役立っています。お客様の履歴も残りますし、入力して、それが資料、データとしてきちんと管理された形で残っていきますので。物件台帳として大きな役割を果たしていますね。

ITサポータさんは、どんな存在ですか?

石部貴之様:心のお守りですね。私は、以前から自分でホームページを立ち上げていたせいか@dreamの導入もスムーズにいきましたし、ソフトを使うことに関しては、それほど難しさを感じることはありませんでした。それでも、分からないことは出てきます。そんな時、こちらの知りたいこと、分からないことを絶対知っていてくださる心強い存在です。回数が少ない分、長い時間をとっていただき、ありがたく思っています。

お店情報
有限会社 石部宅建

住所:〒770-8054
   徳島市山城西2丁目10番地 
TEL:088-654-8088 FAX:088-654-8176
お問合せ先:info@ishibe.co.jp
お店HP:http://www.ishibe.co.jp/      

  編集後記

インターネットは、いまだ無機質で心の通わないもの。
現在でも、そう思われている方も多いのでは?
石部宅建様のホームページや、お二人のブログを拝見するとまだお会いしたことのないお二人と距離がグーンと近くなるから不思議。
安心して、お部屋のことを相談できそうです。
次回は@dreamを導入しようとしている皆さんへのアドバイスや今後の展開についてお聞きします。
(取材・執筆・webページ制作  株式会社 物語ライティング)
連載3回目へつづく >>