トップ >> 街の不動産屋さん

街の不動産屋さん
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?

連載インタビュー 街の不動産屋さん

街の不動産屋さん 1/3回目はこちら
2/3回目はこちら
  不動産屋さんって、怖いイメージがありませんか?
「お店に入ったら最後、出られなくなりそう」とか「親身になって探してくれるの?」とか、
あまりよいイメージがないのでは?
それは、不動産屋さんをよく知らないからだと思います。
というわけで、みなさんに代わり、不動産屋さんに直撃インタビューしてみました。

第51回 ~連載3回目~ 有限会社 石部宅建 石部建雄様 石部貴之様 有限会社 石部宅建様ホームページ
http://www.ishibe.co.jp/


徳島市山城西2丁目10番地
徳島文理大学南門から南へ徒歩1分

地図はこちら
取材日 2010年6月18日

有限会社石部宅建 社長 石部建雄様、石部貴之様へのインタビュー3回目です。
「これからの不動産はネットの時代ではなく、まさに今がネットの時代」とおっしゃる石部貴之様。
最終回の今回は、他の@dream導入者さんへのアドバイスや、今後の展開について石部貴之様にお聞きします。


国道55号パイパス。
大手量販店が並び多くの人でにぎわう。

  @dreamユーザーさんへのアドバイス
他の@dreamユーザーさんへのアドバイスはありますか?

不動産のホームページに限ったことではありませんが、ホームページは結婚と同じで作ったことがゴールではありません。
サイトは、まさに生き物です。マイナーチェンジを欠かさず、常に鮮度を保ち、愛情をかけて育てていくことが大切です。

具体的にポイントを挙げていただけますか?

① 更新する  ②うそをつかない  ③対応  ④フォロー この4つですね。
毎日の更新がサイトの鮮度を保つ一番の方法です。また、物件情報には間取りなど正しい情報を掲載すること、実際、物件を見に行くと「掲載されていた内容と間取りが違っていた」なんてことがないように、確実な情報をアップすることです。
サイトを見てアクションをおこしてくださったお客様に丁寧に対応することはもちろん、アフターフォローも欠かせません。

落ち着いた事務所内
そのほかには?

ぬくもりでしょうか?
とにかく、物件だけ紹介していればいいという無機質なものではなく、その不動産屋さんの人柄が出るような温かさや親しみのあるサイトが人々の心をつかむと思います。

@dreamとともに未来へ 

  ▼これからの展開について
これからの夢はありますか?

石部貴之様:今、時代は携帯へと、変わりつつあります。自社サイトのほか、携帯のホームページを充実させたいと思っています。iphoneなども発売され、今後情報ツールとしての携帯の占める割合はますます大きくなってきます。当社も携帯サイトを作っていて、成約されたお客様の2割ほどは携帯からのお客様です。部屋を探されている学生さんが携帯で情報をご覧になり、親御さんに連絡するということも多いです。
また、携帯ならではの『見た方が得をする』そんな携帯サイトを作りたいですね。たとえば多くの人に愛されるハンバーガーチェーンの携帯クーポン。不動産は、大きな買い物なのでハンバーガーのようにはいきませんが、そんなものが作れないか、考えています。

ネット以外の面ではどうでしょう?

石部貴之様:いつまでもこの山城で愛される町の不動産屋さんでありたいと思います。ずっと、この町に住み、いつもお客様を温かく迎えて、県外からはじめていらした学生さんや、親御さんに、ほっとしていただきたいですね。
「石部さんにまかせておけば、大丈夫」真心を大切に、いつまでもお客様にそう言っていただける不動産屋さんでありたいですね。

文理大学を卒業した学生さんのお子さんが、また石部宅建様をご利用になるなんてこともあるかもしれませんね。

石部貴之様:そんな時代も、すぐそこまできているかもしれません。
そうなったら、本当に幸せですね。

お店情報
有限会社 石部宅建

住所:〒770-8054
   徳島市山城西2丁目10番地 
TEL:088-654-8088 FAX:088-654-8176
お問合せ先:info@ishibe.co.jp
お店HP:http://www.ishibe.co.jp/

  インタビューを終えて

「これからの不動産はネットの時代」
すでに10年前、独学でホームページを立ち上げていた石部貴之様。
@dreamに出会ったとき、「これは一番になれるソフトだ!」と直感されたそうです。
これも、長い間試行錯誤を繰り返された石部貴之様だったからこそ、感じられたことかもしれません。
そんな貴之様を一歩引いたところから、温かく見守り、一歩下がって一緒に歩いてこられた建雄社長。当初、インターネットに半信半疑でありながら、いまではその効果を誰よりも実感していらっしゃいます。
まさに不動産界の親子鷹ともいうべきお二人でした。
「これからは、不動産はネット時代ではありません。もうすでにネットの時代がきています」そうおっしゃる石部貴之様。今取り組んでいらっしゃる新しい携帯サイトの完成もそう遠くない日にやってくるような気がします。
お二人を中心に石部ファミリーは、山城の不動産屋さんとして、これからもずっと多くのお客様に愛されていく、そう確信しました。

(取材・執筆・webページ制作  株式会社 物語ライティング)