トップ >> 街の不動産屋さん

街の不動産屋さん
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?

連載インタビュー 街の不動産屋さん

街の不動産屋さん 2/3回目はこちら
3/3回目はこちら
  不動産屋さんって、怖いイメージがありませんか?
「お店に入ったら最後、出られなくなりそう」とか「親身になって探してくれるの?」とか、
あまりよいイメージがないのでは?
それは、不動産屋さんをよく知らないからだと思います。
というわけで、みなさんに代わり、不動産屋さんに直撃インタビューしてみました。

第52回 ~連載1回目~ 株式会社武松工務店 代表取締役 武松伸人 様 株式会社武松工務店様ホームページ
http://www.takematu.co.jp


JR総武本線小岩駅
ショッピングモール出口左手すぐ

地図はこちら
取材日 2010年6月1日

第52回は、JR総武本線の小岩駅近くの「株式会社武松工務店」さんです。
小岩駅の歴史はとても古く、明治32年の開業だそうです。秋葉原までJRで15分というアクセスの良さもあって最近注目されているエリアです。駅につながるショッピングセンターは連日大変なにぎわいぶり。その駅ビルから傘なしで行ける場所に開業して12年になる武松工務店社長、武松伸人さんにお話を伺いました。
連載第1回は、地元小岩の魅力と@dream導入のきっかけのお話をお届けします。


小岩駅南口
タクシーのモータープールは地下にある。


愛着あるオフィスにて武松社長
不動産屋さんが工務店という社名は珍しいですね。

大工だった祖父の工務店を、父が会社組織にしたのが「株式会社武松工務店」です。私は小岩の日伸開発という不動産会社に勤めていたのですが、平成5年に社長が急死し、翌年父も亡くなったんです。
不動産会社の社員と武松工務店の社長を兼ねていたのですが、平成10年に日伸開発の廃業で業務を引き継いだときに、株式会社武松工務店で免許を取得したのです。
不動産屋としては、ちょっと変わってますが、地元ではこの方が通りがよく、看板を上げた頃、「なんで8丁目の武松さんがここにあるの?」と、のぞきに来る地元の人もいましたね。

趣味は何ですか?
映画を観るのが好きですね。邦画、洋画を問わず話題の作品は結構観ます。最近は家族で観に行くことが多くなりました。昔は小岩に映画館がいくつもあったんですよ。子どものころは漫画雑誌の懸賞に応募して、公開前の映画の試写会に行くのがとても楽しみでしたね。映画好きはその頃からです。
この道に入ったきっかけは何ですか?

将来の仕事を何にしようかと考えていた頃、ちょうど世の中が「宅建ブーム」でした。元々法律を勉強したかったので、半年間専門学校に通い平成元年に試験を受けたら、合格してしまいました。
その後、当時父の友人が社長である日伸開発に就職したのがきっかけです。その会社が今のこの場所にあったものですから、私は22年もずっとこの場所で仕事をしていることになります。考えてみれば長いですね。

    ホームページ開設前の集客情況

整然とした小岩駅前ロータリー
小岩の魅力を教えて下さい。

古くは省線と言われたJR総武本線の小岩駅は明治32年開業の歴史ある駅です。千葉方面に帰る人が途中下車する駅として、古くから飲み屋さんの充実した街です。駅前から4本、5本と商店街が伸びている街は珍しいとよく言われますが、言われてみれば本当にそうですね。
最近では秋葉原近辺にお勤めの人も増え、小岩はJRで15分と近い割には家賃は総武線沿線ではお手頃です。それに水道橋や千葉方面にも大学があるので学生さんの需要も多いですね。私は40年以上ここに住んでいますが、昔からの街並みが残っていますし、物価は安い!通勤も便利!とても住みやすい街だと思います。

ホームページ開設前はどんな形で営業されていたのですか?

当時は“マイソク”と呼ばれるチラシが週に何回か来ると、その情報を整理し、その物件が決まると、捨ててしまっていました。でもアパート・マンションというのはチラシが回って来て、そのとき決まらなくても数年後にはまた空いたりする。するとまた同じ物件がチラシとして回って来る訳ですよね。それをデータベースとして蓄積すれば小岩の賃貸住宅をすべて把握出来るんじゃないかと思ったのです。

当時はまだパソコンが無かったんですよね?

ありませんでした。ワープロのカード検索システムを利用して自前で作っていましたが、現在も使用している賃貸管理システムの社長に頼んで、他社物件の情報を自分で入力し、検索できるソフトをMS-DOSで作ってもらいました。
そのデータは10年間で1万件になりました。まだ図面の取り込みが出来なかったのでチラシは現物をB5に縮小コピーしてクリアファイルに保管し、データ検索で文字情報、ファイルで間取り図と、2つを突き合せてお客さんに見せていたのです。
子供の頃、映画の予告チラシを集めるのが流行って、クリアファイルにしまっていたのを思い出しました。
当時としては最先端のやり方ですね。

その時代が長く続いた後、物件探しのスタイルが徐々に変化してきました。昔は住みたい駅に降り、駅周辺の不動産屋に入って物件を探したものですが、今では飛び込みで入って来るお客さんは激減しました。まして当社は駅の近くとはいえ、駅前ではありません。
誰も来ない日が続くようになったのです。いくらデータベースがあってもお客さんが来なければどうしようもないのだと、つくづく思い知らされました。

  @dream導入のきっかけ
そういうときに@dreamと出会ったのですか?

そうです、きっかけは1枚のfax、「不動産業界のインターネットに関する講演会」という案内でした。パソコンでも大変なのにインターネットなんて…。そんなの仕事につながらないというのが常識だった平成15~16年ごろです。
講師として来ていたのがリングアンドリンクの金丸氏(当時専務・現社長)で、「データベースをネットで配信する」と言うのです。そういう方法があったのかと思いました。
私はデータベースを持っていてそれを来たお客さんに見せている。でもお客さんが来なければどうしようもない…。私にとってこちらから配信するというのはとても魅力的でした。
  
すぐに導入を決心したのですか?

もしそのシステムが本当に機能するならば素晴らしいと思いました。「私が持っている1万件のデータベース、これを活かせるならぜひ導入したい」金丸氏にそう切り出して開発担当者とも相談した結果、実現できると言うので導入を決めたのです。

お店情報
株式会社武松工務店
代表取締役 武松 伸人

住所:〒133-0056
   東京都江戸川区南小岩6-31-3 
TEL:03-3657-7563 FAX:03-3657-8808
お問合せ先:info@takematu.co.jp
お店HP:http://www.takematu.co.jp
 

  編集後記

知らなかった小岩の魅力、古い歴史とアクセスの良さを改めて認識しました。その地で他に先駆けて早くからデータを蓄積して来たという武松社長。次回はいよいよ@dream導入後の変化と、その魅力について伺います。

(取材・執筆・webページ制作  株式会社 物語ライティング)
連載2回目へつづく >>