トップ >> 街の不動産屋さん

街の不動産屋さん
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?

連載インタビュー 街の不動産屋さん

街の不動産屋さん 2/3回目はこちら
3/3回目はこちら
  不動産屋さんって、怖いイメージがありませんか?
「お店に入ったら最後、出られなくなりそう」とか「親身になって探してくれるの?」とか、
あまりよいイメージがないのでは?
それは、不動産屋さんをよく知らないからだと思います。
というわけで、みなさんに代わり、不動産屋さんに直撃インタビューしてみました。

第54回 ~連載1回目~ 株式会社大万(だいまん)不動産専務 前田孝教様 株式会社大万(だいまん)
不動産様ホームページ
http://www.daiman-net.co.jp/


JR高徳線 板野駅より車で10分
(お客様は車でお迎えできます)
徳島自動車道 藍住インターすぐ

地図はこちら
取材日 2010年9月16日
第54 回は、徳島県板野郡藍住町の「株式会社大万不動産」さんです。
藍住町はその名の通り、古くから藍作が盛んな地。
町内に残る藍商の屋敷は、当時の名残と歴史ある文化を今に伝えています。
大万不動産様は2004年に賃貸版を導入し、その後売買版も導入。2008年には、@dreamオブ・ザ・イヤー2008にて特別賞を受賞しました。「@dreamというソフトは、人間で言えば徹底したプロ集団のようなもの。やれば必ず結果がでる」と語る前田孝教専務。しかし、やらないとその反動は大きいといいます。
@dreamと向かい合う日々、やらないことへの反動とは?
そして、何よりもお客様の立場に立ち、お店作りを考えている前田専務の思いをお伺いしました。

藍の館。ここでは、藍染の体験もできる


大万不動産 前田専務。
明るく、清潔な店内で
趣味や休日の過ごし方を教えてください。
自然の中に出かけることですね。
子どもと一緒に、よく山に出かけます。
どういうところへでかけますか?
よく行くのは、三好市山城町の賢見神社。
神社からの眺めは最高だし、散策コースもあります。
もちろん、お参りも忘れません。お参りをすませると、心がすっと気持ちよくなります。
自然が本当にお好きなんですね。
山だけでなく、滝を見るのも好きなんです。
那賀郡那賀町の大釜の滝、大轟の滝、名西郡神山町の雨乞いの滝などに出かけます。
マイナスイオンを浴びてリフレッシュしますし、夏は緑、秋は紅葉と四季折々の風景を楽しみます。本当に美しいですね。
    街の雰囲気について
藍住町はどんな町ですか?歴史を教えてください。

古くから、藍作で栄えた町です。
近くには、藍で財をなした藍屋敷もあり、藍作の歴史が分かる数多くの資料も展示されています。
また、室町時代には阿波国の守護細川氏によって守護所が置かれ、戦国時代には、阿波国の実権を握った三好氏の本拠地でにぎわった場所でした。

徳島市内からも近いですね。


四国一の大河、吉野川にかかっている名田橋を渡れば徳島市。
朝夕の通勤ラッシュの時間帯をのぞけば、車で20分ぐらいの距離です。
徳島市に通勤している方も多く、いわば徳島市のベッドタウンですね。

交通の利便性もいいですね。

徳島自動車道の藍住インターチェンジもすぐ近くですし、徳島市内と町内を結ぶ徳島北環状線も開通しています。

住環境はどうでしょう?

藍住町は吉野川に面し、町の北側に旧吉野川、真ん中に正法寺川が流れる水の町です。
近くには、親子で遊べる親水公園も整備され、町民の憩いの場所となっています。
幹線道路沿いには、スーパーや大型電気店、量販店も多く、これからますます発展していく町だと思います。

  お店について ~ テーマカラーはオレンジ!明るく、清潔な店内~
とても明るいお店ですね。オレンジ色で統一されているんですか?

ありがとうございます。とにかく、従来の暗くて入りにくいという不動産屋のイメージを払拭するようなお店にしたかったので、平成13年10月の移転オープンを機に、イメージカラーをオレンジに変えました。

そして、とてもきれいです。物件チラシも輝いてみえますね。

お客様には常に気持ちよくご来店していただきたいと思っています。
店の雰囲気も暗く、書類が山積みされ、埃が溜まっている。窓には物件チラシが一面に貼られていて、中も見えない。机には、お茶の輪染みが残っている。そんな店にはしたくありませんでした。そのためには、まず美しい店づくり。
朝一番の仕事は、店内と外の掃除です。従業員全員で、外も中もピカピカになるように、掃除することを心がけています。そうすると、自分の気持ちも明るく元気になって、仕事もはかどります!

店内の椅子は、オレンジ色で統一

  お客様について ~若いご夫婦が夢を叶える町~
お客様はどのような方が多いですか?

やはり、徳島市内のベッドタウンということで、20代から30代の若いご夫婦が多いですね。
賃貸の場合、家賃と、ご主人と奥さん2台駐車場込みで探される方が多いです。新婚さんもいらっしゃいますし、単身赴任の方も多いですね。

賃貸、売買、やはりどちらも徳島市内よりはお安いのですか?

そうですね。賃貸の場合だと1万円から2万円ぐらい違いますね。私は、この藍住町は若いご夫婦が夢を叶えられる町だと思っています。
『徳島市内よりはお安い家賃で少しずつお金を貯めて、一戸建てを建てる』それが叶えられるのが、この町だと思います。 たくさんのお客様がその夢を叶えられるよう、できる限りお手伝いしたいと思います。
藍住町にたくさんの若いご夫婦が定住してくださったら、こんな嬉しいことはないですね。
お客様と向かい合うとき、大切になさっていることは何ですか?

お部屋さがしを通じて、笑顔になっていただくことですね。
この思いは常に心の中にあります。
成約して、鍵をお渡ししてそれで終わりではないんです。
まさに鍵をお渡ししてからがはじまりだと思っています。
暮らしていくうちにも、さまざまな疑問や心配事がでてくると思いますので、どんなことでも、いつでもご相談くださいと、お客様にはお話しています。
先日も、『鍵が壊れてしまった!』というお客様がいらして、対応させていただいたところです。

かご盛りのキャンディーが、
時にお客様との会話をなごませる

お店情報
株式会社 大万不動産 
住所:〒771-1220
   板野郡藍住町東中富字東傍示112-1
TEL:088-692-1215 FAX:088-692-9425
お問合せ先:info@daiman-net.co.jp
お店HP:http://www.daiman-net.co.jp     

  編集後記

藍住町は、その名のごとく古くから藍作がさかんな歴史ある町。
その一方で、交通の利便性もよく、徳島市のベッドタウンとして若いご夫婦が多く住む活気あふれる町でもあります。そんな二つの顔を持つ町にある大万不動産様。「誰もが入りやすい、気持ちのいい店にしたい」とおっしゃる専務の前田孝教様。その言葉の通り、テーマカラーのオレンジで統一されて、毎朝ピカピカに掃除された店内は、とても明るく何時間いても居心地のいい空間でした。
お客様にとっての心地よさを大切に、お店づくりに取り入れている前田専務。
次回は、@dreamとの出会いや、ホームページで工夫されている点などをお伺いします。
(取材・執筆・webページ制作  株式会社 物語ライティング)
連載2回目へつづく >>