トップ >> 街の不動産屋さん

街の不動産屋さん
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?

連載インタビュー 街の不動産屋さん

街の不動産屋さん 1/3回目はこちら
2/3回目はこちら
  不動産屋さんって、怖いイメージがありませんか?
「お店に入ったら最後、出られなくなりそう」とか「親身になって探してくれるの?」とか、
あまりよいイメージがないのでは?
それは、不動産屋さんをよく知らないからだと思います。
というわけで、みなさんに代わり、不動産屋さんに直撃インタビューしてみました。

第54回 ~連載3回目~ 株式会社大万(だいまん)不動産専務 前田孝教様 株式会社大万(だいまん)
不動産様ホームページ
http://www.daiman-net.co.jp/


JR高徳線 板野駅より車で10分
(お客様は車でお迎えできます)
徳島自動車道 藍住インターすぐ

地図はこちら
取材日 2010年9月16日
大万不動産様 前田孝教専務へのインタビュー第3回目です。
@dreamは、自らが動き、やれば必ず成果が出ることを実感された前田専務。実は、やらなかった時の大きな反動も経験なさっています。
その反動とは、一体どんなことだったのでしょうか?
そして、これからの大きな夢についてお伺いします。

お店のすぐ近くは、徳島自動車道
藍住インターチェンジ。
四国各県へとつながっている

  ホームページ以外で工夫している点 ~メールの大切さへの気付き~
ホームページ以外で、工夫している点はどういうところでしょうか?

そうですね。最初にお話したように、お客様がいついらっしゃっても、気持ちよくリラックスしていただけるように、明るくて、清潔な美しい店づくりを大切にしていますね。
物件チラシも、そのままではなくパウチして展示しています。そのほうが見た目もきれいですし、隙間なくではなく、外から店内の様子が分かるようにゆったりとした配置にしています。

そのほか、業務のなかでの工夫はありますか?

業務の中でも、メールを重要視しています。リングアンドリンクさんのメール追客エキスパートクラスを受講し、お客様へのメールに生かしています。
メールを重要視されたのは、どういうことからだったのですか?
リングアンドリンクの金丸社長が常日頃から話しているように、メールでの追客は、とても大切だと思います。お客様とやりとりするなかで、カウンター越しに接客する際と同じように、メールでも希望条件を丁寧に聞き出し、よりお客様のご希望に近づけるようにしています。
でも、その大切さを分かっていながら、日々の業務に追われていつしかお客様へのメールがおろそかになってきていることに気がついたんです。また、自分はもともとメールというものがそれほど得意ではなかったのもあると思います。いつしか、一括メールや個別メールを送っても返答がなくなり、今までのやり方ではだめだと気づきました。

メール追客エキスパートクラスを受講されて気づかれたことはなんですか?

いかに自分がメールを受け取るお客様のことを思って書いていなかったかに気づきました。メールは、必要事項を連絡するもので、相手の顔を思い浮かべながら書くということはなかったし、あくまで業務連絡で心のないメールを送ってしまっていたということです。
その後、上級編も受けられたのですね。いかがでしたか。

お客様にメールを送った後、とにかく、すがすがしいんです。
目の前にお客様がいるように書くということを学んだことによって、「こんな気持ちになるのだなぁ」と思いました。
あわせて、メールをご返信いただくと、会員様だけのお得な物件情報が見えるIDパスワードをお送りしますということをお知らせすることによって、80パーセントから85パーセントのお客様からご返信いただくようになりました。

物件チラシもテーマカラーの
オレンジが生きている

  ▼@dreamの魅力 ~限りない魅力@dream~
@dreamの魅力は何でしょうか?

物件管理も、今までにかかっていた時間が短縮され、さまざまなことがボタンひとつでできるようになりました。新着表示、商談中表示、成約済み表示、家賃値下げ一覧など、様々な事が簡単に表示できるので、その点だけを取ってもすごく業務時間短縮になっています。
また、この部屋はどのお客様にマッチしているか、マッチングリスト、スケジュールマスタの活用で顧客管理がすごく楽になりました。 

  ▼@dreamユーザーさんへのアドバイス ~やることとやらないことの大きな差~
@dreamのユーザーさんへのアドバイスをお願いします。

実は、最近身内の不幸などが重なり、@dreamに向かいあう時間が減ってきてしまいまして、アクセスや問い合わせが減ってきているんです。 

それは、大変ですね。

自分が身をもって体験したのでいえることですが、「やらなくてはいけない!」
ということです。毎日動くということです。ソフトを入れたことは、始まりに過ぎません。サイトは毎日更新し、お客様からのメールも必ず目を通す、自分自身も日々勉強することが大切です。
振り返ると、部屋が埋まってしまったのに、空き室表示をそのままにしていたり、お客様から会員登録を消してほしいとご連絡いただいたにもかかわらず、そのままにして、お客様から「どうして登録を消さないの」とお叱りを受けたことも多々ありました。自分でお客様の信頼を失うようなことをやってしまったのです。
そのことが本当に悲しかったし、反省しました。
今は、ITサポータさんとの二人三脚の日々を思い出し、初心に帰ってがんばっています。

  ▼これからの夢 ~みんな笑顔でいてほしい~
これからの経営について、お考えになっていることはありますか?

実は今、すべての業務を@dream中心に行おうと、業務の改善中です。今までは、@dream関しては私が中心になって業務を行ってきましたが、今後は、私も含めて従業員すべてが@dreamのエキスパートになる必要があります。
セミナーなどにも、どんどん参加してもらうつもりです。
逆に言えば、このことに賛同してくれる仲間と一緒にがんばっていきたいと思っています。

これからの夢はありますか?

この地域に、今よりもさらに根付いて、当社が地域のコミュニティの場として、「人と人、親と子の橋渡しをできるようになりたいなぁ」という思いがあります。
これに通じることですが、将来的にはそれを叶える「賃貸の家」づくりをする事です。
不動産屋さんが家づくりに参加されるということですか?

はい。地域の方が住み、集い、みんなが笑顔でいられるようなそんな家。最初は地域のコミュニティづくりから始めますが、地域交流の減少、親子関係の悪化、少子高齢化問題など、さまざまな問題に直面している今だからこそ、この想いを大切にしたいと思っています。
みんなでわいわいと食事をしたり、いろんな意味で『コミュニケーションがとれる家』。どこかご近所との関係が希薄でなかった昔を思い出しませんか?いつかこんな家を建てるのが夢ですね。そして、いつか自分もそのコミュニティの輪の中にいられたらいいなと思っています。

前田義範社長はお留守でしたが、
スタッフの皆さんと前田孝教専務。

お店情報
株式会社 大万不動産 
住所:〒771-1220
   板野郡藍住町東中富字東傍示112-1
TEL:088-692-1215 FAX:088-692-9425
お問合せ先:info@daiman-net.co.jp
お店HP:http://www.daiman-net.co.jp     

  インタビューを終えて
取材のお約束は、朝一番から。お店に到着した時、前田専務は、玄関のガラス扉を一生懸命磨いていらっしゃるところでした。「実は、人見知りなところもあるんですよ」自らのことをこうおっしゃる前田専務。長時間の取材にもいやな顔をせず、ご自身と@dreamとの道のりを思い出すように、ひとつひとつの質問にじっくりと丁寧にお答えいただきました。
まっすぐで、実直。やさしいお人柄が滲み出てくるような時間。私も「この方なら、お部屋探しをお願いできるなぁ」と自然に感じるようになっていました。
前田専務の歩んできた道は、@dreamとともにあったといっても過言ではありません。@dreamと向かいあう時間が減り、お客様の反応が減ってきている現在。ITサポータさんと二人三脚で、必死で取り組んできたあの時間。両方を知っている前田専務は、@dreamが何よりもこれからの不動産業界にかかせないと知っている方。今後の巻き返しに期待がかかります。
そして、いつの日かご自身の夢がかなった家の真ん中で、たくさんの方に囲まれて笑っている前田専務にお会いしたいです。
(取材・執筆・webページ制作  株式会社 物語ライティング)