トップ >> 街の不動産屋さん

街の不動産屋さん
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?

連載インタビュー 街の不動産屋さん

街の不動産屋さん 2/3回目はこちら
3/3回目はこちら
  不動産屋さんって、怖いイメージがありませんか?
「お店に入ったら最後、出られなくなりそう」とか「親身になって探してくれるの?」とか、
あまりよいイメージがないのでは?
それは、不動産屋さんをよく知らないからだと思います。
というわけで、みなさんに代わり、不動産屋さんに直撃インタビューしてみました。

第57回 ~連載1回目~ネット不動産株式会社 古賀 康弘 様  ネット不動産株式会社様ホームページ
http://www.net2103.jp/


JR東海道本線(神戸線)さくら夙川駅
阪急神戸線夙川駅
阪神本線香櫨園駅より 各徒歩6分

地図はこちら
取材日 2010年11月18日
第57回は、関西屈指のブランドエリア・兵庫県西宮市にある「ネット不動産」様です。
古くは、山手を中心に関西富裕層の別荘地としても栄えた西宮市。
現在でも多くの高級住宅地を擁し、芦屋市や宝塚市などと並んで「阪神間エリア」と呼ばれ、羨望を集めている街です。
それだけに、不動産屋さんにとっては激戦区になるのも必然。
そんな厳しい環境の中、社長の古賀様がこだわるのは「ネット特化」、そして「お客様に対して正直であること」。しかもその正直さ、並ではないようです。
今回、型破りとさえ言えるその正直さと、それを活かした@dreamの実践を中心に、古賀社長のチャレンジについてお届けします。

2007年に新開業した、JRさくら夙川駅。駅員が全員女性の駅としても話題


飾らない人柄が好印象な、
ネット不動産・古賀社長
お仕事上のモットーは何ですか?
不満を口にしないことです。いかに苦しい状況に置かれたとしても、それはすべて自分の行動が招いた結果。人のせい、社会のせいにしないよう心がけています。
正直さにこだわるそうですが、それはなぜですか?
残念ながら、不動産業界には「いかにお客様を都合良く誘導するか」、つまりどうやって「買わせるか」という考え方が根強く残っています。騙すとまでは言いませんが、フェアじゃないですよね。それに不満を持ったからです。
ご趣味や休日の過ごし方を教えてください。
以前はスノーボードが好きだったんですが、怪我をして、仕事に長期の穴をあけてしまって。それに懲りてやめてしまいました。今は、スーパー銭湯めぐりがささやかな楽しみになっていますね。
    街の雰囲気について ~憧れの高級住宅地として人気~
西宮市・芦屋市が商圏とのことですが、それぞれどんな街ですか?

やはり高級住宅地としてのイメージが強いですね。関西を拠点とする多くの著名人や財界人の方も多く住んでいます。芦屋に比べると西宮はやや敷居が低いですが、それでもやはり「住みたい街」として非常に人気が高いです。

なぜそこまで人気になったのでしょう?

六甲山系の麓に位置しており、そこから流れ出す澄んだ川、穏やかな海など、今なお自然がとても豊かな地域なんです。それでいて、大阪・神戸など大都市の中間点に位置する。
それが着目され、大正~昭和初期の鉄道沿線開発に伴って、宅地整備がなされました。
その際に、関西の富裕層を呼び込んだのが始まりです。


西宮のシンボルのひとつ、夙川。
春には満開の桜が咲き誇る名所だ


  お店について ~外観にこだわらず、ネットに特化~
まず第一印象として、とても不動産屋さんには見えず、驚きました。

そうでしょうね。物件チラシなども貼り出していませんし。実際、紙媒体のものは一切ありません。お客様に物件情報をお見せする際も、すべてパソコン上の画面で行います。お店というより、オフィスの応接室に見えるかもしれませんね。

それだけ、ネット集客に特化しているということでしょうか?

ええ。弊社は路面店でないこともあり、いわゆる飛び込みのお客様を想定していないんです。アポなしでふらっとご来店されるお客様は、せいぜい年に1~2組程度。そんな状況で「いかにも不動産屋」という店舗レイアウトをすることに、意味を見出せなかったんですよ。

大変失礼ながら、入口も若干入りにくそうな印象を受けました…。

お店は2階。しかも告知物は、
なんと壁に掲示されたこの看板のみ
ですよね?実は私もそう思います。店舗は細く急な階段を上がった2階、告知は看板のみ。決して集客に有利な条件ではありません。でも、だからこそネットを活かそうという発想にもなりましたし、逆に内装には気を遣っているんですよ。

確かに、とてもシックで落ち着いた雰囲気ですね。

風水に基づいたレイアウトなんです。机の位置やオフィス家具の色なども、綿密に考えて設置しました。あとはやはり、紙のものを貼り出さないことですね。これは雰囲気というより、先ほども申しましたように「必要がない」からです。

小洒落た上質なオフィス、
といった装いの店内

  お客様について ~「不動産選びについて教えて欲しい」と、遠方からの来客も多数~
どのようなお客様が多いですか?

もともと広範囲から人気のエリアであることに加えて、弊社がネット集客に特化しているせいもあるでしょう、遠方からのお客様が多いです。
また@dreamを通じてのお客様は、すでに意中の物件があってのご来店が普通ですよね?
しかし最近特徴的なのは「物件はまだ決まっていないが話を聞かせて欲しい、不動産選びについて教えて欲しい」と言ってご来店される方が増えたことです。

なぜそんなお客様が増えたのですか?

おそらく、メールや電話で接する際の、私の営業スタイルのせいでしょうか。私のポリシーとして「お客様にはすべて正直に伝える」というものがあります。弊社は売買の仲介が中心ですが、私が誰のために仕事をするのかを自問したとき、買主様の立場で動きたいと思ったのです。だから、買主様にとって役立つと思えば、例えマイナスな情報でも、隠さずお伝えしてきました。

夙川に沿って整備された遊歩道。
定番の散歩コースだ
例えば、どんなことをお話するのですか?

そうですね、「この物件、弊社以外の不動産屋でも買えますよ」とか「実際、どちらで買うほうが得か」とか。他にも、仲介手数料無料のカラクリを種明かししたり、物件のマイナス面もバンバン伝えます。今まで不動産業者は、それをいかに隠してお客様に「買わせるか」ばかり考えてきました。それは結局、売主の立場で動いているからなんです。仲介手数料の面から考えても、早く高く売ったもの勝ちですから。他社さんを否定する気は毛頭ありませんが、私はそれがどうにも納得いかなかったんです。
確かに「買う」のはいいですが「買わされる」のはイヤです。

例えばネット上の物件情報においても、詳細な住所などは載せないでしょう?お客様が自分で見に行って、現地にある他社の看板などを見て、そっちに取られるのが嫌だからですよ。
ですが住所を伏せたところで、ちょっとネットで調べれば簡単に場所を特定できます。他のことにしてもそう。
情報を小出しにして一寸逃れをしたところで、お客様にはお見通しです。
私が言いたいのは「隠したって無駄」ということなんです。

それなら、初めから正直なほうがいいですよね。

そうですよ。売りたいがために、お客様が本当に知りたいことを隠して、もっともらしい方便を重ねてばかり。お客様は、そういうところをちゃんと見ています。だから不動産屋に対する警戒心が、いつまでたってもなくならないんですよ。…といったことも、そのままお客様にお話ししてますね。

ネット不動産の物件情報は、
詳細な地図情報付き

お店情報
ネット不動産株式会社
住所:〒662-0961
   兵庫県西宮市御茶家所町4-15-2F
TEL:0798-37-0098 FAX:0798-37-0097
お問合せ先:info@net2103.jp
お店HP:http://www.net2103.jp/     

  編集後記

不動産情報誌からは、このエリア限定でムック本が刊行されるほどブランド力が強い西宮・芦屋。
街を歩けば、センスのいいカフェや雑貨屋さんなどが、豊かな自然の中にさりげなく溶け込んでいます。
そんな憧憬の街に根を下ろし、従来の業界常識に一石を投じた古賀社長。
「お客様をコントロールして、売りたい値で売った者が偉い」なんて、そんなのおかしいと思うんですよ、と涼しい顔で語ります。
次回、そんな古賀社長の想いはホームページにどう生かされているのか、@dreamとの出会いとその活用を中心にお聞きしてみたいと思います。
(取材・執筆・webページ制作  株式会社 物語ライティング)
連載2回目へつづく >>