トップ >> 街の不動産屋さん

街の不動産屋さん
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?

連載インタビュー 街の不動産屋さん

街の不動産屋さん
  不動産屋さんって、怖いイメージがありませんか?
「お店に入ったら最後、出られなくなりそう」とか「親身になって探してくれるの?」とか、
あまりよいイメージがないのでは?
それは、不動産屋さんをよく知らないからだと思います。
というわけで、みなさんに代わり、不動産屋さんに直撃インタビューしてみました。

第61回 ~連載1回目~アイズエステート株式会社 代表取締役 飯澤 寛 様   アイズエステート株式会社様ホームページ
http://www.mansion-at.com/


JR地下鉄 目黒駅より徒歩5分
地図はこちら
取材日 2011年4月7日
第61回は、2010年@dream bestルーキー賞を受賞された、東京都港区の「アイズエステート株式会社」様です。
アイズエステート様は、中古マンションの販売を中心に、飯澤社長がお一人で運営されています。主に扱われている東京都港区は、赤坂や六本木などのビジネス街、白金台や元麻布などの高級住宅地、さらに麻布十番などの下町もあり、さまざまな表情を持つ地区です。
土地勘ゼロで開業にのぞまれた飯澤社長にお話を伺いました。

城南地区のなかでも、比較的高層ビルの
少ない目黒駅


アイズエステート株式会社 飯澤社長
開業するまで、港区にはあまり縁がなかったとか。
いまの事務所は知り合いの紹介で見つけたんです。開業しようかと考えていたころ空室があると教えていただき、その場所で開業することに。そのまま成り行きで港区の物件を扱うようになりました。つまり、普通の不動産屋さんの開業の仕方とは逆なんですね。開業前は横浜を中心に活動していたので土地にも詳しくなく最初は大変でした。
その港区で気に入っているところは?
麻布十番です。自分も港区は高級な住宅地ばかりだと思っていたんです。でも回ってみると人情味のある下町もずいぶん残っているんですね、驚きました。港区はエリアごとにさまざまな特徴があり、とても面白いと感じています。
お一人で運営されているのですか?
2008年の創業から現在まで一人で行っています。いろいろ大変なところも多いですが自由に自分のペースで仕事が行えています。本当はもう少し早く帰ってもいいかなって思うこともあるんですが。
休日はどのように過ごされていますか?
3人の子どもたちとフットサルに興じています。中3、小6、小3と育ち盛りです。テクニックだけでなく、戦術なども教えて楽しんでますよ。
    街の雰囲気について
 ~下町から高級住宅街まで、あらゆるニーズに応える街~


アイズエステート様からほど近くの
東京都庭園美術館内庭園

東京都港区というと高級住宅街というイメージが浮かびます。

実はそうでもないんです。
下町も多いですし、都心にしては手頃な価格のマンションも多く、スーパーや商店街もまだ残っている住みやすい場所です。ちょっと歩けばすぐに地下鉄の駅にたどり着けますし、とにかく便利に暮らせます。

それでは、お客さまもセレブな方ばかり、というわけではないのでしょうか。

一般的なサラリーマンの方も多いです。
ただ、お客さまの多くが住む地区に関して強いこだわりを持っていらっしゃいますね。
漠然と「港区に住みたい」ではなく、「白金台、麻布十番や広尾に住みたい」と、しっかりとしたご希望を持っておられる方が多いです。
個別のマンション名を指定される方もいらっしゃいますね。

そんな港区で物件探しのポイントになるのはどんなところでしょう?

港区は早くから開けた土地であるため築年数が古いマンションが多いです。
築年数が古い物件はそれだけで敬遠されがちですが、港区の物件は管理が行き届き、状態が良いものがほとんどなんです。
自分が所有する資産の価値が下がらないよう、しっかりと考えていらっしゃる方が多いんでしょう。
中古マンションは管理体制を買え、とまで言われていますしね。
お店は路面店ではないのですね。

こちらの事務所にはお客さまは契約でいらっしゃる以外、ほとんどいらっしゃいません。一人でやっているため外出が多くて昼間も留守がちなんですよ。それでも、お客さまには問い合わせをいただけるからありがたいですね。


都市と下町が混在する港区麻布


  お店について ~マンションの一室で一人で運営~
以前はどのようなお仕事をされていたのですか?

大手の不動産販売会社に15年ほどおりまして、主に新築マンションの営業を行っていました。その後、仲間と不動産販売会社を立ち上げましたが、自分の力を試したくなり2008年に独立しました。実は中古マンションの売買というのは、経験はあるもののブランクが長かったのです。
全て一人で運営されていらっしゃるんですか?

はい。物件の確認、撮影、ホームページの更新からメール対応、ご案内から契約まで一通り行っています。一人でここまでできるのは通勤にも使っているバイクのおかげもあるかと思います。東京は駐車場も少なく渋滞も多いので、自動車だとどうしても時間のロスがあるんです。かといって電車で移動するのも大変ですし。そんなときにバイクでの移動はスムーズで時間通りに動けるんです。それに、自宅からバイクだと、高速道路に入れば30分強で移動ができるんですね。通勤ラッシュにも巻き込まれず、終電の時刻を気にすることなく自分のペースで仕事ができます。

ご案内も一人でこなされるというのは大変ですね。

スケジューリングが大変ですが土日は1日に3組ご案内するようにしています。平日は事務作業や物件入力、メールの返信に注力するようにしています。幸いなことに弊社に問い合わせをくださるお客さまは、メールに最初から具体的な希望を書いて下さる方が多くて、こちらも非常にご案内がしやすいんですよ。

写真も一つの物件に対してとても多く、見やすいです。

写真はお客さまが気になると思われるところを中心に、たっぷりと撮影しています。そのためでしょうか、不動産のポータルサイトで気になるマンションを発見したお客さまが、その物件名で検索をし、弊社のホームページにいらっしゃることが多くなっています。「気になる物件の写真が多く掲載されているから」という理由でお問い合わせをいただくことも増えています。

毎日の仕事に欠かせない相棒のバイク。
10年以上の長い付き合い


緑とオレンジを基調に見やすく
まとめたホームページ

お店情報
アイズエステート株式会社
住所:〒108-0071
   東京都港区白金台5-22-11 ソフトタウン白金209
TEL:03-6277-2807 FAX:03-6277-2817
お問合せ先:info@mansion-at.com
お店HP:http://www.mansion-at.com/     

  編集後記

ブランクの長い中古マンション販売、ほとんど縁のない土地。そんなむずかしい条件がありながらも業績を伸ばしているアイズエステート様。「お客さまとは外でお会いするので、あまりきれいではないのですが…」と飯澤社長にご案内していただいた事務所は、すっきりと落ち着いた趣きでした。
次回は、アイズエステート様と@dreamの出会い、そして導入にまつわるエピソードについて伺います。
(取材・執筆・webページ制作  株式会社 物語ライティング)