トップ >> 街の不動産屋さん

街の不動産屋さん
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?

連載インタビュー 街の不動産屋さん

街の不動産屋さん 2/3回目はこちら
3/3回目はこちら
  不動産屋さんって、怖いイメージがありませんか?
「お店に入ったら最後、出られなくなりそう」とか「親身になって探してくれるの?」とか、
あまりよいイメージがないのでは?
それは、不動産屋さんをよく知らないからだと思います。
というわけで、みなさんに代わり、不動産屋さんに直撃インタビューしてみました。

第65回 ~連載1回目~不動産企画室 土地屋 代表 小関 芳重様   不動産企画室 土地屋 様ホームページ
http://www.tochiya.jp/


JR奥羽本線、山形新幹線
さくらんぼ東根駅から車10分
県道20号 市立大富中学校 正門前

地図はこちら
取材日 2011年7月20日
第65回は、山形県東根市の「不動産企画室 土地屋」様です。
東根市は山形県の中央部にあり、サクランボ生産の盛んなのどかな町です。 2005年、業界とのつながりがまったくないなか開業された小関社長。老舗業者様の多いこの地域で地道なおつきあいを積み重ね、今では多くの信頼を得られています。 また、@dream講習会などにも熱心に参加。お問い合わせが増えるホームページ作りに邁進されていますが、地方独特の悩みもあるようで……。 今回は、慣習の壁を前に、インターネット不動産業を推進される小関社長の戦術についてうかがいたいと思います。

区画整理され直線的な2車線道路。
その横には広大な果樹園が


人懐っこい笑顔が魅力。
不動産企画室 土地屋 小関社長
山形といえば、芋煮が有名ですね。
ひとくちに芋煮といっても、豚肉を使うか牛肉か、醤油味か味噌味かなど地域色があるんですよ。東根地域は牛肉を使った醤油味です。
日本一の芋煮会フェスティバルが毎年行われる馬見ヶ崎河原も、このあたりの人がよく遊びに行くスポットです。
東根市といえばサクランボですが、それ以外にも有名なものはありますか?
県の天然記念物に指定されているイバラトミヨという魚がいます。つがいで巣を作って子育てするそうです。
また東根小学校の校庭に、樹齢1500年以上とされる国指定特別天然記念物の大けやきがあります。もうすっかり老木ですが、児童や地域の人たちに大切に守られていて、その姿は圧倒的です。
小関社長はお若いですね。
こう見えても、39歳なんですよ。
若く見えてうれしい半面、仕事上、いいのか悪いのかは疑問ですね。
恰幅が必要というか、もう少し太った方がいいかなと思っています。
    街の雰囲気について  
 ~果樹王国東根は「さくらんぼ」が合言葉~


JR奥羽本線、山形新幹線 さくらんぼ東根駅。
駅ロータリーを彩る植栽もサクランボだ

最寄りのさくらんぼ東根駅は、めずらしい駅名ですね。

そうですね。山形新幹線の停車駅として新設されたとき、市長が尽力されたと聞いています。東根市はサクランボ、モモ、ナシ、リンゴなど山形県下でも有数の果樹王国ですが、なかでもサクランボは生産量日本一を誇る市のシンボルです。だから、さくらんぼマラソンやさくらんぼ東根温泉、さくらんぼ図書館など、サクランボにちなんだ名前はたくさんありますよ。


佐藤錦も東根が発祥の地。
生みの親、佐藤栄助氏の像


東根市は地元の方が多いですか?

工業団地や自衛隊の神町駐屯地があるので、全国から移り住む方もたくさんいらっしゃいます。市の子育て応援施策もあり、若い世帯が増えて人口約46,000人は増加傾向です。
果樹園が多いのですが山形空港もあり、最近では大型ショッピングセンターもできてにぎわっていますよ。


このお店は、駅の近くではありませんが。

このあたりで電車を使うのは高校生か一部のおじいちゃん、おばあちゃんくらい。車を1人1台持つのが当たり前です。大家族なら、一家に5台なんてことも普通。2LDKの賃貸アパートにも駐車場2台分は必須です。そんな車社会ですから、駅との距離は関係なく駐車場さえあればOKなんです。

東根市子育て支援の拠点
さくらんぼタントクルセンター。
大きな屋内遊具施設や保育所などがある

  お店について ~兄は設計事務所でうわものを、弟は不動産屋で土地を売ってます~
この仕事を始められたきっかけは何ですか?

私は東京の大学を出てそのまま就職し、2年間東京で働いていたのですが、こちらに戻らなきゃならなくなって……。とりあえず父と兄がやっている設計事務所を手伝いながら、宅建取引主任者の資格を取りました。その後2005年に開業したのですが、設計の方の手伝いもあり約半年間は格別何もせず。じゃあ、翌2006年春に移動するお客様をターゲットにしようと準備を始めました。

土地屋というのはおもしろいネーミングですね。

最初は名字か地域名かっていろいろ悩んで、「山形不動産とか日本不動産とか、つけたもの勝ちだよ」なんて笑ってました。でも、元々設計事務所があってうわものを扱っていたので、今度は下、土地売りみたいにすればいいかなって。
金丸社長にも「田畑を売るのか?」って言われましたし、売買専門のように思われがちですが、賃貸も売買も両方ともがんばってます。

外の旗印が印象的ですが。

たまに近所の人が散歩するくらいで、この前の道を歩く人はほとんどいません。みんな車でぶんっと通り過ぎてしまいます。だから、車から見てもわかりやすい目印がほしくて。「今までわからなかったけど、旗のおかげでやっとわかったよ」ってよく言われます。建物の雰囲気ともあってるって好評なんですよ。
あと、不動産屋の店頭によくある間取り図も、うちにはありません。歩く人がいませんから、見る人もいないんです。

お店情報
不動産企画室 土地屋
住所:〒999-3776
   山形県東根市羽入2164-294
TEL:0237-47-2367 FAX:0237-47-2339
お問合せ先:info@tochiya.jp
お店HP:http://www.tochiya.jp/     

  編集後記

昔からの建物やその地域性のなかで、新しい方向を模索されている小関社長。
その姿勢が、「不動産企画室 土地屋」というネーミングや赤と青の旗印が目立つ外観に表れ、一度出会うと忘れられません。そして、どちらかと言えば気弱そうにも見える小関社長の笑顔も。そんな社長が、どのようにして同業者様からもお客さまからも信頼を得られたのでしょう。
次回は土地屋様のホームページに対する想い、それに立ちはだかる壁についてもうかがいます。
(取材・執筆・webページ制作  株式会社 物語ライティング)
連載2回目へつづく >>