トップ >> 街の不動産屋さん

街の不動産屋さん
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?

連載インタビュー 街の不動産屋さん

街の不動産屋さん 1/3回目はこちら
3/3回目はこちら
  不動産屋さんって、怖いイメージがありませんか?
「お店に入ったら最後、出られなくなりそう」とか「親身になって探してくれるの?」とか、
あまりよいイメージがないのでは?
それは、不動産屋さんをよく知らないからだと思います。
というわけで、みなさんに代わり、不動産屋さんに直撃インタビューしてみました。

第65回 ~連載2回目~不動産企画室 土地屋 代表 小関 芳重様   不動産企画室 土地屋 様ホームページ
http://www.tochiya.jp/


JR奥羽本線、山形新幹線
さくらんぼ東根駅から車10分
県道20号 市立大富中学校 正門前

地図はこちら
取材日 2011年7月20日
地方都市である山形県東根市で開業された小関社長。
地域にあった工夫を考えながら進んでこられました。
今回は連載第2回です。「この場所だからこそ」というホームページにかける熱い思いと、地道な努力についてうかがいました。

東根の清らかな水を使った
「焼き麩」も名物の一つ。
老舗「文四郎麩」をはじめ、
麩の店が街道に並ぶ

  お客様について ~一年半メールだけのお付き合いの末……。~
社長さんお一人での営業ですか?

はい、そうです。一人だと出かけるときが困るんですよね。電話は転送しますが、できればメールをいただきたいですね。
このあたりはまだ、「不動産屋には直接行く」方が多いんですよ。思い立ったらすぐ、車に乗って、コンコン「アパートないですか?」って。今でもそうですから、私が開業した5年前は「インターネットを見て前もって探す」なんてなかったんです。県内でネットを活用している業者さんも当時はほとんどありませんでしたが、ここ2~3年で少し増えてきました。インターネットも浸透してきたのか、電話をくださるお客様も多くなりました。

メールより電話が多いですか?

そうですね。電話いただいたお客様には、「今、パソコン見てますか?」とお聞きするんですが、「会社のパソコンを見てる」って方が多いんですよ。アドレスを教えていただきたくて「空メールでも送ってください」とお願いするのですが、「会社のパソコンだからできない」って。それで携帯のアドレスをお聞きするのですが。
最近の若い方は「パソコンは開かない、ほとんど携帯だけ」という方も多いので、携帯ユーザー対策もこれからは考えないといけないなって思っています。
アドレスがわかったら、メールでのお付き合いが始まりますね。

メールって夜に打つ方が多いみたいです。仕事終わって寝る前の10時過ぎとか、日をまたいだ1時2時とか。私は仕事はじめに毎日メールチェックをするので、翌朝にはまず返信を入れます。そして、その日のうちに希望とあう物件を探したり、写真を撮り直したりして再度メールを送る、そんな感じから始めます。

今まででいちばん印象深いお客様は?

メールのやり取りだけで1年半、という方がいらっしゃいました。初めて「見たい」とおっしゃった物件があって、ご案内したら成約していただきました。 その方をご案内する時は、初めて会った気がしなかったですね。でも、なんとなく想像と違うところもあり、お客様の方もそう思ってらっしゃるんだろうなって。ちょっと不思議な感覚でした。

  @dream導入のきっかけ ~店舗として成立しない場所での開業、ならば@dreamを~

ホームページを開設されたのはいつごろですか?

開業の初めから、ホームページを作ろうと思っていました。ここは、不動産屋とか賃貸業とかをする場所ではないんですよ。線路の向こう側、国道13号の東側に、駅もアパートもいっぱいあるんです。こちら側には空港と果樹園ばかり。
もともとの設計事務所は工務店さんとのお付き合いだったので、ここでもかまわなかったのですが。だから、ホームページは必須でした。

@dreamを導入されたのは?

設計事務所の頃からキヤノンシステムアンドサポートさんとはお付き合いがあったので、「不動産屋を始める」と言ったら紹介していただきました。 デザイン事務所やプログラミングをやってる友人にも相談したのですが、@dreamの話を聞いて、(1)多くの方が使われていること、(2)機能が充実していること、(3)ただのソフト売りじゃなくサポートがしっかりしていることなどから決めました。 店舗としては成り立たない場所で開業するので、「目指すは、マンションの一室で営業し@dreamを使って成功されている業者さんかな」って。

@dreamに経済的負担はありませんでしたか?

お金はできるだけかけたくないです(笑)。でも、チラシを打つのにも相応のお金が必要だし、ポータルサイトも結構高くて、なのにこのあたりの人は見てないだろうし。
「ホームページ作成業者に依頼して、月々いくら払って、物件ひとつ直してもらうのにいくらかかって、しかも2~3日かかる」とよく聞くんですが、自分で簡単に、リアルタイムで直せる@dreamの方が、費用対効果はぜんぜん大きいと思います。

落ち着く接客スペース。
「ここを使うのは契約か、
鍵渡しのときくらいです」

  @dream導入後の変化 ~問い合わせを増やすためのホームページ作り~
@dreamを導入して5年とうかがいましたが。

はい。じわじわと反応が増えてきた実感はあるんですけど、飛躍的にどんって急成長、ではないので……。
アクセス数は正直に言うと、今でも1日30~40、繁忙期で50ってところです。これはここ2年くらいで増えた結果で、その前は20前後でした。それでも、地域的にまだインターネットを導入している業者さんが少ないせいか、検索するとうちのホームページは上位にあがってきますし、首都圏と違ってすぐに下がることもない。見てはくださってるんだなと思います。なかなか「すぐに問い合わせ」には結びつかないのですが。

アクセスの特徴などありますか?

そうですね、曜日で波がありますよ。
不動産屋は水曜休みが多いようですが、このあたりは日曜祝日がお休み、月~土曜日が営業です。だから、土曜日に物件を見に行かれるお客様が多いんですね。そのために木・金で探されるのか、木・金のアクセスが多いです。そして土・日はぐっと減り、月・火で見直しされるんでしょうか、また上がるんです。水曜日は落ち着いて、木・金でまた上がる。こういった波に合わせて、物件を揃えたいと思っています。
ホームページにされている工夫を教えてください。

メールをいただいたお客様の半分、いや、1/3は返信をくださいます。返信をいただいている方はほとんど、ご成約までたどり着けるのです。ただ、まだまだ数が少なくて……。 だから、とにかく問合わせメールをたくさんもらえるホームページを作りたいんです。 そのためにITサポータさんに何度も相談していますし、手を変え、品を変え、いろいろ試してはいるのですが。

最近、ちょっと好評だったのは、トップページに市役所や病院、スーパーなどを書いた地図を載せ、住みたい場所をクリックすればその地域の物件情報が出るという地図検索です。「場所がわかりやすくていいですね」「見やすかったんで、問い合わせました」という声もいただいてうれしいです。でも「全部出し過ぎだ」っておっしゃる業者さんもいますが。 

自作の地図には住む人が知りたい情報満載。土地屋さんのホームページ

お店情報
不動産企画室 土地屋
住所:〒999-3776
   山形県東根市羽入2164-294
TEL:0237-47-2367 FAX:0237-47-2339
お問合せ先:info@tochiya.jp
お店HP:http://www.tochiya.jp/      

  編集後記

@dreamの導入や費用対効果のお話でもわかるように、小関社長は長期的な視野をもって決断されています。それが「どんって急成長ではないけれど、じわじわと反応が増えてきた」要因なのでしょう。 そんな小関社長は、ホームページ以外でもじわじわ活躍の場を広げられています。次回は地域独特の問題にどう向きあわれたのか。これからの方向性と併せてうかがいます。
(取材・執筆・webページ制作  株式会社 物語ライティング)
連載3回目へつづく >>