トップ >> 街の不動産屋さん

街の不動産屋さん
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?

連載インタビュー 街の不動産屋さん

街の不動産屋さん 2/3回目はこちら
3/3回目はこちら
  不動産屋さんって、怖いイメージがありませんか?
「お店に入ったら最後、出られなくなりそう」とか「親身になって探してくれるの?」とか、
あまりよいイメージがないのでは?
それは、不動産屋さんをよく知らないからだと思います。
というわけで、みなさんに代わり、不動産屋さんに直撃インタビューしてみました。

第66回 ~連載1回目~株式会社エイトコーポレーション 赤山 聡様   株式会社エイトコーポレーション 様
ホームページ
http://www.eightcorp.jp/


大阪市営地下鉄中央線
阿波座駅より徒歩6分

地図はこちら
取材日 2011年9月5日
今回ご紹介するのは、大阪市西区で売買仲介を中心に奮闘中の「エイトコーポレーション」様です。日本全国にある「西区」と名がつく街の中で、行政区としては最も古い歴史を誇る大阪市西区。
かつては外国人居留地や大阪府庁、大阪市役所が設置されるなど、明治~大正期における大阪の中心地として栄えました。
近年では再開発に伴って職住近接の高い利便性が注目され、
最先端設備を擁する超高層マンションが相次いで建ち並ぶようになり、すさまじい勢いで人口が増加している街です。
また、若者向けのインテリアショップや服飾店、カフェなども増え、流行発信地としての顔も見せるなか、街自体の人気も非常に高まっています。
そんな西区に生まれ育ち、その変遷を自ら見届けてきた赤山社長。
愛すべきふるさとの街に根を下ろし、街で一番「ありがとう」と言われる、真のプロフェッショナルを目指したいと熱く語ります。
その思いはどこから来て、どこを目指すのか、余すことなく聞いてまいりました。

阿波座駅周辺のオフィス街。
職住近接が魅力の街だ


株式会社エイトコーポレーション 赤山社長
不動産業界で働こうと思った理由は何ですか?
若い頃の私はハングリー精神の塊で、ビジネスで成功したいという気持ちが強くありました。恥ずかしながら正直に言いますと、最初はとにかくお金がモチベーションだったのです。
しかし、日々の仕事を重ねるにつけ、気付いたことがありましてね。
お客様が私を信頼し、任せてくれることに楽しさと価値を見出せるようになったんです。
「ありがとう」の言葉が本当に嬉しくて。
今では、その「ありがとう」のためにやっている、とさえ思います。
不動産業の醍醐味と、お仕事へのこだわりを教えて下さい。
家というのはしょせん器です。
一般的な「良い家」に住んだからといって、幸せになれるとは限らないでしょう?
しかし、素人ではどうしても「自分達が幸せになれる家」を選ぶ眼力に限界があります。
それを気付かせてあげられるのがこの仕事のやりがいですね。
私は、本当のプロフェッショナル、言うなれば「ザ・不動産屋」でありたいのです。
休日の過ごされ方は?
始めてからもう20年近くになるでしょうか、サーフィンが趣味なんです。
特に四国方面の海がお気に入りで、よく出かけます。
あと、お客様や同業者とゴルフに出かけたりもしますよ。基本的に、1日中家の中で過ごすことはないですねえ。
    街の雰囲気について
 ~職・遊・住が近接した、利便性高い住宅地~
地元・大阪市西区について教えて下さい。

最近ではいわゆる若者向けのオシャレスポットも増えましたし、用途地域(都市計画法に基づき、住宅用、商業用、工業用など市街地の土地利用の大枠を定めたもの)は9割以上が商業地域で、残りが準工業地域で構成されています。
しかしそれでも、私の中では「住宅地」のイメージですね。
区域の真ん中より・やや西側に流れる木津川という川を起点に、区域で上手く住み分けがなされているのです。木津川の東側はマンションが多く建ち、東へ行くほどオフィス色が強くなります。
対して西側は、一戸建や商店街、町工場などがあって、下町情緒の残るエリアですね。ここ数年で飲食店なども格段に増えましたので、以前は「遊びに行くときは難波・心斎橋界隈に」といった感じだったのが、近隣で事足りるようになってきました。
区内で職・遊・住を一通りカバーしているとても暮らしやすい街ですよ。

生活利便性が高い街なんですね。

そうですね。交通の便に関しては特にその傾向が顕著です。
区内のどこに住んでいても、ほぼ徒歩5分もあれば最寄り駅に行けます。物件を紹介する時も「徒歩8分です」と伝えると「遠いですね」と言われてしまうくらいです(笑)。


近年、街の人気に伴い高層マンションの建築ラッシュとなった

ここ数年は、特に人気が高まっているそうですね。

メディアなどで取り上げられて「オシャレで便利な街」というイメージが定着したせいもあり、若い人・ファミリー層ともに区外部からの転居者は増えたと思います。しかし、私の実感では「地元を離れたくない人」「Uターンで西区に居を構える人」が圧倒的に多いです。マンションやオフィス建設による都市化がどれだけ進んでも、実際に暮らしていると、やはりここは住宅地なんだとしみじみ感じますね。

  お店について ~お客様に納得と安心を。それがプロフェッショナルの仕事~
とても豪華で高級感あふれる接客スペースですね。

ありがとうございます。
弊社は地域に根差した「街の不動産屋さん」ではありますが、だからといって店舗や事務所が乱雑なのはどうかという思いもありました。
少しでもお客様に安心していただき、しっかりした会社であると分かっていただけるよう、落ち着きと高級なイメージのある空間にしたかったのです。

不動産屋さんとして、独自に取り組んでおられることは 何かありますか?

特に変わったことはしていません。しかし、こだわっていることはたくさんあります。そのひとつが、やはり不動産業は「自分」を売る商売だということです。若い営業マンは若さを活かして、フットワークを軽くお客様の手足となるように。また、ベテラン営業マンは、その知識と経験でお客様をリードする、といったように「私だからできる」を提供する仕事だと思います。
特に仲介業は、自分が建てた住宅を売っている訳ではありません。商品は同じなわけですから、言ってみれば誰が売っても一緒なのです。だとすれば、私にできるのは、そのお客様にとって最高の物件を提案すること。不安なく、満足して買えるだけの提案力、そこに「商品」としての差が表れると思っています。

高級感漂う接客スペース
それがプロフェッショナルとしての心意気だということですね。

そうですね。住まい対する潜在的な欲求を見つけて差し上げる、とでも言いましょうか。お客様自身が、本当に必要な物件がどんなものか、お気付きでない場合も多いのです。例えば、日中はほとんど在宅しないにも関わらず、一般論としての「南向きが良い」という言葉だけに踊らされ、それにこだわるあまり本当に大事なことを見失っておられる…そんなお客様も少なくありません。

しかしそこで妥協を迫るだけでは、お客様も納得しないのではないですか?

もちろんです。押しつけるのではなく、お客様が本当に納得できるまでとことん相談に乗ります。何度も言いますが、私が届けたいのは「納得して、安心して買える」ということなのですから。押し売りも、売りっぱなしもできるわけがありませんし、したくもありません。

  地域密着へのこだわりについて ~信頼が全ての基本だと思うから~
地域密着を徹底しておられるそうですが、それはなぜですか?

逃げられない環境が私を戒めてくれるからです。私自身がこの街で生まれ、今もこの街に住み、この街で商売を営み、お客様のご家庭と同じ学校に子ども達を通わせています。当然、恥ずかしい商売はできませんよね。「○○ちゃんのお父さんだから信用したのに…」、こんなの最悪でしょ?そんな環境の中で、例え自分がその取引にビジネスとして関わっていなくてもアドバイスを求められるような、この街の不動産のプロになりたかったのです。

口先だけの「地域密着」ではないということですね。

それが悪いとは言いませんが、「地域密着」を謳いながら、どこまでが「地域」なのか曖昧な会社も少なくありません。ホームページなどを見ても「西区を中心に地域密着」などと書いてあります。弊社は「西区を中心に」ではなく「西区で」と断言していますよ。それが信頼と安心感を得ているという実感もあります。

招き猫が描かれた色紙。地域密着と
商売繁盛の願いを込めて

商圏を広げたいとは思われないのですか?

その地域ごとに、私のように「地域に根ざして」必死で頑張っている同業者さんが必ずいます。また、インターネットでお客様が多くの情報を持つようになったいま、やみくもに商圏を広げても“きめ細かいサービス”で負けてしまいますし、“情報量”でもお客様に勝てないのは、火を見るより明らかです。ですから商圏を広げるというより、「商圏の中で掘り下げる」という感覚ですかね。売買仲介だけにこだわらず、そのエリアの中で賃貸仲介、管理、競売代行、リフォーム紹介などを行って中身を充実させ、やはりこの街の中にこだわってやって行きたいですね。私がこの街に住んでいるからこその「信頼」と、それに基づくプロ意識を大事にしたいのです。

信頼をとても大事にしておられるのですね。

それがすべての基本ですからね。そもそも不動産の売買など、人の一生のうちで1回あるかどうかでしょう?経験がないから選び方も分からないし、「失敗から学ぶ」なんて悠長な事ができるほど安い買い物ではありませんよね。だからこそ相談に乗ってくれる身近な存在が必要なのです。そして私が、それになりたいのです。だって私はプロフェッショナルなのですから。
数は少ないかもしれませんが、相談されたお客様ご本人が気に入っていても「いま買わなくてもいいのでは…」「この物件はやめとき」とアドバイスすることもあります。
「うんうん、(買えば)ええやん」で買ってもらえれば、それはそれで商売にはなりますが、後で「あのとき、赤山に相談したのに…」と思われるのがイヤなんです。だからお客様が「どうしても買いたいモード」の時は、買いたいポイント・買うべきでないポイントを整理して「それでも買いたい」と思うなら、買ってもらうようにすることもあります。
確かにリピートが発生しやすい商売ではありません。しかしそれでも私は、リピートのある仕事ぶりを心がけたい。そこで生まれた信頼が、次のお客様を呼んでくれると信じているのです。


お店情報
株式会社エイトコーポレーション
住所:〒550-0003
   大阪府大阪市西区京町堀3-6-17-1F
TEL:06-6449-6449 FAX:06-6449-6440
お問合せ先:info@eightcorp.co.jp
お店HP:http://www.eightcorp.jp/

  編集後記

若いころはヤンチャもしたという赤山社長。「ここは地元なだけに、私の名前を聞いて、眉をひそめる人もいるかもしれない」と話します。しかし同時に、「だからこそ誠実で実直な仕事をしたい」とも。いくら地元とはいえ、下手をするとマイナスになりかねないという環境の中で、プロフェッショナルの道を追求するその姿勢に最敬礼です。次回、@dreamの活用とそれがもたらした変化についてお聞きします。
(取材・執筆・webページ制作  株式会社 物語ライティング)
連載2回目へつづく >>