トップ >> 街の不動産屋さん

街の不動産屋さん
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?

連載インタビュー 街の不動産屋さん

街の不動産屋さん 1/3回目はこちら
2/3回目はこちら
  不動産屋さんって、怖いイメージがありませんか?
「お店に入ったら最後、出られなくなりそう」とか「親身になって探してくれるの?」とか、
あまりよいイメージがないのでは?
それは、不動産屋さんをよく知らないからだと思います。
というわけで、みなさんに代わり、不動産屋さんに直撃インタビューしてみました。

第66回 ~連載3回目~株式会社エイトコーポレーション 赤山 聡様   株式会社エイトコーポレーション 様
ホームページ
http://www.eightcorp.jp/


大阪市営地下鉄中央線 
阿波座駅より徒歩6分

地図はこちら
取材日 2011年9月5日

@dreamから、web時代の不動産営業のスタイル変化を感じ取ったエイトコーポレーション・赤山社長へのインタビュー、第3回目です。
真の地域密着を目指す同社、ホームページにはどのような工夫をしているのか。
そこにも、プロとしてのこだわりが垣間見えます。
最終回の今回は、赤山社長の考えるプロのあり方、それを基にしたお客様への姿勢、そして目指す方向性。
現在も続くその進化とチャレンジについてお届けします。


雑喉場(ざこば)跡。
豊臣政権期~昭和初期まで
魚市場としても栄えた西区

  ホームページにおける工夫 ~とことん正直に。正しい情報を届ける~
一見しただけで洗練されたイメージを受ける、素敵なホームページですね。

ありがとうございます。実は、ホームページ制作そのものはプロに外注しているのです。このあたりは、他の@dreamユーザーさんとは異なるかもしれませんね。個人的好みもありますが、私はいわゆる「手作り感満載」のゴチャゴチャしたホームページ構成はあまり好きでないのです。

完全に業者さんに任せているのですか?

もちろん、アイデアや盛り込みたい要素はどんどん要望を出します。しかし、それを分かりやすく見やすい形で表現する力というのは、やはりプロには敵いません。基本的に「餅は餅屋」という考え方なんです。私が不動産のプロを自認し、その聖域を誇りに思っているように、web制作にはweb制作における「プロの神髄」があると思うのです。その代わり「任せるからいい加減な仕事は許さないぞ」というハッパをかけることも忘れません。仕事というのは、お互いプロ同士、真摯な勝負の場ですから。ただ今では、当社事務スタッフたちのスキルも上がり、簡単なことは自分たちでもできるようになってきましたよ。

ホームページの内容で気をつけたことは何ですか?

私はお客様からの信頼を最も大事にします。そのための「正直な営業」が私のモットーなのです。その考えを、ホームページにも反映していますね。

例えばそれは、どんなことですか?

ひとつは「顔出し」です。私はトップページにも堂々と自分の写真を載せています。何度も言っていますが、ここは私の地元ですから、その状況でネットに顔を出せば、私が相手を知らなくても相手は私を知っている、ということだってよくあります。どこで誰に見られているか分からない、という点で勇気も必要ですから、正直、顔出しを嫌がる不動産経営者は少なくありません。しかし、そうすることでお客様が安心してくれるなら、私は隠さず自分を出したい。それが正直な営業への第一歩だと思います。

トップページに自ら顔を出し、
信頼感をアピール

物件情報の見せ方などで工夫されていることは?

これも「情報の正直さ」を最重視しています。正確性、とも言えるでしょう。例えば「ペット可物件」といった情報がありますよね?今までその情報源は、物元業者(売主や、売主から物件の販売を直接に委託された業者)さんから送られてくる物件資料に書いてあることをそのまま鵜呑みにするような、業界の悪癖がありました。「あそこの店がOKと書いているからOKなんだろう」という具合です。弊社ではそれを一切やらないようにしました。「本当にペット可なのか、どんなペットなら可能なのか、今でもその規約に変更はないか」を、地域内約340棟のマンションすべての管理会社に1件ずつ問い合わせて、自分達で調べたのです。

ペット絡みのトラブルは多いですものね。

そうなんです。「不動産屋でOKと言われたから飼ったのに、実際にはダメだった」「動物が苦手でペット不可の物件を選んだのに、飼っている人がいる」といった具合ですね。このような、売るためだったら何でも言うような「売りっぱなし」が、私は大嫌いなのです。それ以前に、地域に根差した商売をしている以上、そんないい加減な商売ができるはずもありませんからね。こういった情報の信憑性も、信頼を生みだす源なのです。

素晴らしいです!では、ホームページにおける今後の課題は何ですか?

いまや、非公開物件の存在や更新頻度の高さなどは当たり前になってきました。常に新しいアイデアと変化を取り入れ、改善して行くことが大事でしょうね。

  ▼web時代の不動産業について ~「ザ・不動産屋」でありたい~
この先、web集客が主流になる中、気をつけるべきことは?

ネットの発達により、お客様は家にいながらにして多くの情報を得られるようになりました。しかしネット上には、間違った情報や既に成約になった物件情報も氾濫しているにも関わらず、ネット上の情報は全て正しいと思っている人も少なくありません。また、お客様の全てがネットユーザーであり、情報をたくさん持っている、パソコンやメール操作に長けていると錯覚してはいけません。たまたまネット経由で資料請求しただけで、「実はパソコンが苦手」という方も多数おられることを認識しないといけないと思います。

何かそう感じるようなエピソードがあったのですか?

はい。これは私も深く反省しているのですが、「お客様はすでに情報を持っている」と思い込んで接客をしてしまったことがあったのです。ネット上でいろんな物件を比較検討し、情報を集めてからご来店されたものだという思い込みのもとで接してしまって…。結果、全くのコミュニケーション不足になってしまいました。

確かに、もっと一から教えて欲しいお客様もおられるでしょうね。

一般的に、お客様は不動産屋に対してまだまだ色眼鏡な部分はあると思います。騙されたくないんです。だから、一方的に情報を仕入れて自分で判断しようとする。でもそれって、違うんじゃないかと思うんですよね。私たちとコミュニケーションをしっかり取りながら、理想の住まいを探していく、それがあるべき姿ではないでしょうか。
そこに必要なのが、安心して任せられるプロの存在だということですね。

そうです。いくら情報が安易に入手できる時代だからといって、私たちが「言わなくても知ってるでしょ?」という姿勢ではいけません。それは単なる怠慢であり、プロとして失格です。何のかんの言っても、お客様は不安なんです。だから騙されたくなくて、自分だけで決めたがります。
そうではなく、不安だからこそプロに任せてほしいし、相談してほしい。そういう環境を作りたいのです。もちろんそのためには、不動産屋が信用に足る存在でなくてはいけません。だから私は、プロフェッショナルであることにこだわるのです。何でも相談できる不動産屋さん、私自身のビジネスにならなくても親身になって相談に乗る不動産屋さん。それが私の目指す「ザ・不動産屋」なのです。

今日も区内各地で新しいマンションの
建築が進む。常に街の変化への目配りを

  ▼これからの展望 ~誇りを持って地域密着を続けたい~
@dreamユーザーさんにメッセージを。

webの存在は、今までの不動産業の概念を変えていくでしょう。そんな中、@dreamは確かに優秀なツールです。しかし、これさえあれば誰でも集客・成約に至るなどと思わないで欲しいのです。大事なのは、どんな考えでそれを使うか。不動産業に誇りを持って取り組む気持ち、プロフェッショナルとしての矜持なのですから。

最後に、御社のこれからの展望をお聞かせください。

中身の伴わない組織巨大化は考えていません。しかし、適材が育ち、適所があれば、新しい地域をスタッフに任せてみたいという気持ちはあります。エイトコーポレーションイズムである、地域密着に基づいた信頼とプロ意識の伝播、それを伴った拡大でありたいですね。

お店情報
株式会社エイトコーポレーション
住所:〒550-0003
大阪府大阪市西区京町堀3-6-17-1F
TEL:06-6449-6449 FAX:06-6449-6440
お問合せ先:info@eightcorp.co.jp
お店HP:http://www.eightcorp.jp/     

  インタビューを終えて

まさにプロ意識の塊。
「ザ・不動産屋」という言葉が、とても印象深く残りました。
お客様と同じ街に自らが暮らし、堂々と真っ当に商売をする。
それは掛け値なしの実直さだと思います。
「西区で一番『ありがとう』と言えってもらえる不動産会社に」と語る赤山社長の想いは、きっとお客様にも届いているはずです。
住まい選びは不安がつきもの。
そして不安だからこそ、任せられるプロの存在は必須。
そんなとき「アニキ」のような存在として、つい頼りたくなる。
そんな気持ちにさせてくれる赤山社長でした。
(取材・執筆・webページ制作  株式会社 物語ライティング)