トップ >> 街の不動産屋さん

街の不動産屋さん
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?

連載インタビュー 街の不動産屋さん

街の不動産屋さん 1/3回目はこちら
3/3回目はこちら
  不動産屋さんって、怖いイメージがありませんか?
「お店に入ったら最後、出られなくなりそう」とか「親身になって探してくれるの?」とか、
あまりよいイメージがないのでは?
それは、不動産屋さんをよく知らないからだと思います。
というわけで、みなさんに代わり、不動産屋さんに直撃インタビューしてみました。

第67回 ~連載2回目~株式会社AKIYAMA 秋山康雄社長・秋山文夫様   株式会社AKIYAMA 様ホームページ
http://www.akiyama-estate.co.jp


真岡鉄道 真岡駅より徒歩15分
地図はこちら
取材日 2011年10月6日
株式会社AKIYAMA様へのインタビュー第2弾です。
前回は真岡への愛着をたっぷり語っていただきましたが、
今回は客層やホームページのこだわりについて話を伺いました。
日々工夫をすることの大切さが伝わってくる内容になっています。

地域との触れ合いを大事にしながら、
インターネットにも力を入れている
(株)AKIYAMA様のホームページ

  お客様について ~土地柄を表す幅広い客層が特徴~
お客様はどのような方が多いですか?

秋山社長:やはり地元の方が多いですが、真岡には工業団地がありますので、転勤してきた単身者やご家族の方がたくさんいらっしゃいます。幅広い層の方がご来店くださいます。

お店でこだわっている点は何でしょう?

秋山社長:基本的なことですが、コンプライアンス(法令順守)を徹底し、健全な会社運営を大切にしています。入居者の方の見極めもしっかり行っているので、これまで他の仲介会社が手間をかけてしまったようなケースは一度もないのが弊社の自慢です。

秋山文夫様:業務面ですが、弊社では営業スタッフにノルマを設定しておりません。数字を課せられるとプレッシャーになりますし、目先の営業しかできなくなってしまいがち。それよりも長期的な視点でビジョンを描き、インターネットを活用した効率の良い業務を重視しています。


  ホームページ開設前の集客状況 ~ネットの普及に合わせてホームページ開設~
ホームページ開設のきっかけを教えてください

秋山文夫様:弊社がホームページを開設したのは09年。
それまで北関東では、情報誌で物件を探す方の比率が多かったのですが、インターネットが普及したため徐々に雑誌の反響が落ちていってしまったのです。
所有物件の稼働率をよくしたいと思い、情報源が雑誌からインターネットに移行する流れに合わせて、ホームページを持とうということになり、@dreamのシステムを使って、キャノンシステムアンドサポートさんが作っていただきました。

秋山社長:弊社はそれまで売買と自社物件の賃貸だけで、賃貸の仲介は行っていませんでした。
けれど、ホームページを導入してすぐに効果が出始めたので、それをきっかけに仲介も始めたんですよ。
涌井という女性社員を中心に男性社員秋山と上野の計3名が担当しています。


スタッフは全員真岡出身で地元が大好き!

  ホームページで工夫している点 ~情報は鮮度の良い食材と一緒?~
ホームページ運営で心がけている点はありますか?

秋山文夫様:やはり情報のクリーニングですね。スーパーマーケットと一緒で、お客様は常に鮮度の高い物件を求めています。ですから、常に新着物件を掲載するようにしています。
また見た方に親近感を持っていただけるよう、ホームページにスタッフの顔を載せたり、仲介手数料が割引になるクーポンを提供しています。

他にはどのような工夫がありますか?

秋山文夫様:登録者様に新着物件情報をメール配信している他、ブログやツイッターを活用して、新着物件の情報を発信するのと同時に、弊社の認知度アップを計っています。
現在、真岡市でツイッターを使っている方は約300人。まだまだ使用している人は少ないのですが、弊社が先駆けて使っていくことで、真岡市にツイッター人口が増えていけばよいと思います。その上で情報発信を行えば、より地元へのPR効果も増すでしょうから、積極的にツイートしていきたいですね。
工夫は他にも色々ありますよ。

ぜひとも教えてください!

秋山文夫様:特徴のある物件や人気物件は、写真だけではなく動画を使って紹介しています。空き予定の物件でも、まだ入居者様が住んでいらっしゃるお部屋は内覧ができませんよね。そんな不便を解消するべく、このようなサービスを始めたんです。

秋山文夫様:それとやはり、大手不動産屋にはできないきめ細かいサービスでしょうね。
例えば、大手は営業時間が決まっているので、時間外にメールの問い合わせをしても返ってきませんよね。
ところが会社員の方は、仕事を終えて帰宅した午後9時以降が最も問い合わせが多いんです。
そこで弊社では、社員が常にタブレットを持ち歩いており、お問い合わせにはリアルタイムで返信できるようにしています。

お店情報
株式会社AKIYAMA
住所:〒321-4361
栃木県真岡市並木町3丁目105番地7号
TEL:0285-84-5557 FAX:0285-84-5609
お問合せ先:info@akiyama-estate.co.jp
お店HP:http://www.akiyama-estate.co.jp      

  編集後記

真岡という土地柄、幅広い層のお客様が訪れる株式会社AKIYAMA様。多くの不動産屋がそうであるように、情報伝達の手段としてインターネットが普及し始めた時期に、ホームページを立ち上げました。
ブログやツイッター、クーポンの提供など、様々な工夫でユーザーにアプローチを行っていることを教えてくださった秋山文夫様のお話から、インターネットと地域密着を融合させ、利点をバランスよく活用していることが伺えました。
(取材・執筆・webページ制作  株式会社 物語ライティング)
連載3回目へつづく >>