トップ >> 街の不動産屋さん

街の不動産屋さん
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?

連載インタビュー 街の不動産屋さん

街の不動産屋さん 2/3回目はこちら
3/3回目はこちら
  不動産屋さんって、怖いイメージがありませんか?
「お店に入ったら最後、出られなくなりそう」とか「親身になって探してくれるの?」とか、
あまりよいイメージがないのでは?
それは、不動産屋さんをよく知らないからだと思います。
というわけで、みなさんに代わり、不動産屋さんに直撃インタビューしてみました。

第68回 ~連載1回目~松原不動産販売株式会社 代表取締役 松原 朋成 様 松原不動産販売株式会社 様
ホームページ
http://www.matsubarafudousan.com/


JR高山線 長森駅より徒歩10分、
名鉄 手力駅より徒歩5分

地図はこちら
2011年11月10日
第68回は、岐阜県岐阜市の「松原不動産販売株式会社」様です。
松原不動産販売様は、土地、一戸建ての販売を中心に松原社長がお一人で運営されています。主に扱われている岐阜県岐阜市の長森近郊は、名鉄やJRの駅も5つほどあり、インターチェンジにも近いため、岐阜市中心や名古屋まで通勤する方に注目されている地区です。
鉄工所の不動産事業部から独立し、会社を立ち上げた松原社長にお話を伺いました。

高山線で岐阜駅までわずか5分の長森駅


松原不動産販売株式会社 松原社長
長森で気に入っているところは?
祭りです。毎年四月、第二土曜日に行われる「手力(てぢから)の火祭り」という、その名の通り火が飛び交う勇壮なお祭りです。全国からも見物客がたくさん訪れるんですよ。本当はYoutubeで魅力を伝えたいんですが、なにせ自分が祭りに熱中してしまって、それどころではなくって。一度、手力に来て祭りを見ていっていただきたいですね。
休日はどのように過ごされていますか?
ジムに必ず行くようにしています。本当は毎日通いたいのですが、一人だとなかなか難しくて……。ジムで体を動かした後、頭の中が真っ白になるまでサウナに籠っています。そうした後って、仕事のアイディアがふと浮かぶんですよね。メリハリもつくし、いいリフレッシュ方法だと思います。
お一人で運営されているのですか?
物件を見て、サイトにアップするなど、現在は一人で切り盛りしています。おかげさまで、事業のほうもなんとか軌道に乗ってきたため、2012年の4月から1名スタッフを増やす予定です。
    街の雰囲気について  
 ~交通の便もよく、暮らしやすい街、長森~


長森のもう一つの最寄り駅、名鉄 手力駅

岐阜市の長森というと、どのようなところなのでしょうか?

のどかで暮らしやすい街です。最寄りの駅がJR、名鉄を合わせて5つ、ターミナルの岐阜駅まで10分かかりませんし、岐阜駅から名古屋までも20分ほどしかかかりません。また、岐南インターチェンジまでもすぐ。電車にしても、クルマにしても移動するのに便利なんです。

通勤、通学に便利な土地なのですね。

そうですね。そのため、地元の方はもちろんですが、他の土地からやってくる若い新婚カップルのお客さまも多いです。この辺りで賃貸住宅を借り、そのままここで土地を買うという流れの方も多く見受けられます。そのためか、弊社のホームページでも、「校区」をポイントに探されている方が多いです。お子さまが転校しないように、という配慮ですね。


美容院と間違われることも。店舗外観

スタイリッシュなお店ですね。

弟が建設関係の仕事をしており、この事務所も設計してくれたんですよ。不動産屋には見えないみたいで、「なにをする店なのか?」と、人が覗きに来たりすることもあるんです。また、インパクトが強い店構えなので、不動産屋が必要となったときに、まっさきに思いついて訪ねてくれるお客さまもいらっしゃいます。

  お店について ~一人事業部から独立へ~
以前はどのようなお仕事をされていたのですか?

大学卒業と同時にリゾートホテルを運営する会社に就職し、福島のリゾートホテルでベルボーイとして勤めていました。しかし、毎日働いているうちに学生時代に持っていた不動産業界への夢が膨らんできたんですね。実は就職活動中も不動産業界にはアタックしたのですがご縁がなくて。
結局、半年ほどで退職し、地元の岐阜に帰ることになりました。そこで、まずは岐阜の建設会社で現場監督として修行し、その後も岐阜の不動産会社で4年半ほど勤め、不動産についての勉強をしました。
その後、独立されたのですか?

いえ、まだ資金などもありませんでしたので、父親が経営する鉄工所に入社し、その会社で不動産事業部を立ち上げたんです。自分一人しか部員がいない事業部だったんですけどね。そこで数年かけて長森の土地やお客さまの傾向をつかみ、平成18年に独立し、松原不動産販売を立ち上げました。
開業当時は実家の一室で営業しており、お客さまをご案内するのに躊躇しましたね。

ご案内も一人でこなされるというのは大変ですね。

扱っている物件に土地が多いところに助けられていますね。土地を探しているお客様は、同行を希望しないお客さまが多いので、物件の住所をお知らせしてご自身で見てきてもらうようにしています。
そこで少し時間が確保できる。そんな時間をやりくりして、書類を作成したり、ホームページの更新を行っています。

2階は契約スペース。
幾何学状の鉄柵がインテリアのアクセント

お店情報
松原不動産販売株式会社
住所:〒500-8233
   岐阜県岐阜市蔵前6-20-3
TEL:058-240-1331 FAX:058-215-8871
お問合せ先:info@matsubarafudousan.com
お店HP:http://www.matsubarafudousan.com/     

  編集後記

たった一人で切り盛りしながらも、順調に業績を伸ばし、間もなく新スタッフも加わるという松原不動産販売様。日光が降り注ぐ明るいオフィスは、松原社長のお人柄そのままのような心地よさと安心感がありました。地域の人が松原不動産販売様を推薦するのも、この安心感があるからこそだと思います。次回は@dreamとの出会い、そして導入にまつわるエピソードについて伺います。
(取材・執筆・webページ制作  株式会社 物語ライティング)
連載2回目へつづく >>