トップ >>  街の不動産屋さん >>  第72回 藤建企画様 1 >>   >> 

街の不動産屋さん
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?

連載インタビュー 街の不動産屋さん

第72回 株式会社 藤建企画 代表 久野 博 様

ホームページ http://www.atatakaisumai.com
所在地 京王線「つつじヶ丘駅」北口徒歩4分 地図
取材日 2012年2月14日


株式会社 藤建企画 久野社長

第72回は、東京都調布市の「株式会社 藤建企画」様です。
調布市は新宿から15~20分と都心に近くありながら、緑が多く環境のいい地域です。雑誌などで「ミニ自由が丘」と紹介された仙川や、つつじヶ丘、調布。どこも人気のエリアです。
「不動産とはまったく縁がなかった」久野社長は、さまざまな経験を積みながら「資格と呼べるものは、運転免許と宅建免許だけ」と不動産業界に入られました。その後、独立されて「いい時代もあったし、バブルで泣いたし、いろいろあった」30年、その変遷をうかがってきました。
そこには先見の明とも言うべき、他人より2歩3歩先を行く久野社長の眼力が見えてきます。その手法を余すことなくご紹介します。

  • 趣味はマラソンとうかがいましたが?

    もう20年以上、こんなにブームになる前から走ってます。いつもは近くの野川遊歩道を走るのですが、ときどき多摩川のランニングコースへも行きます。多摩川には100メートルごとに標識があるので、タイムを計測するにはちょうどいいんです。東京マラソンにも毎年応募していますが、残念ながら当たりませんね。

  • 来年は国体ですね。

    調布市にある味の素スタジアムがメイン会場なんですが、地元の盛り上がりはもうひとつで…。先日Facebookに、国体について投稿したら「知らなかった」という反響が大きくて、びっくりしました。

  • インターネットサイト「オールアバウト」にも執筆されているとか?

    はい、ブログに不動産の話を書いていたので、それを読んでオファーをいただきました。4、5年前からですね。でも、かなり大変です。ブログもFacebookもTwitterもやっているので、時間がいくらあっても足りません。

街の雰囲気について ~都会のすぐそばにある緑多き住宅街~


このあたりは人気のエリアですね。


京王線 つつじヶ丘駅。
駅ビルは去年11月に完成。
以前はエレベーターもない田舎駅だった

雑誌の影響が大きいのか、休日の仙川は相当にぎわっていますよ。ここつつじヶ丘から見ると、北側には深大寺と神代植物公園があり近隣の小学生の遠足コースです。また南側には、とてもきれいな野川があり、すぐ近くに自然が味わえます。
このように緑が多いことが住みやすさや人気の理由だと思います。

深大寺ってあのおそばで有名な…?

そうです。深大寺のまわりにはたくさんそば屋がありますよ。
深大寺は3月のだるま市や桜も見事ですから、春はかなりの人出です。つつじヶ丘駅からバスで20分たらずなので、つつじヶ丘駅周辺も観光客でいっぱいになります。

お店について ~異業種からの転身。時代とともに変遷しながら~


「不動産には縁がなかった」そうですが、最初は何をされていたのですか?


調布八景のひとつ「布田天神社」
毎月25日、天神の市がにぎわう

大学を出て最初は航空会社に勤めました。でも「自分のやりたいことをやりたい!」と、青年座の養成所に入り直したんです。芝居がしたい、役者になりたいと思って。しばらく役者をしていましたが、同時に作詞家志望で…。たかたかしさんのプロダクションにいた頃は、あまり売れてない歌い手さんとキャバレーをまわって食いつないでいました。
でも30歳を過ぎて役者でも作詞家でも食べていけないので、今が堅気になる最後のチャンスだと腹をくくったんです。

役者で作詞家、その後、不動産業へって大転身ですね。

航空会社にいた時なら少しは英語も話せたけれど、その頃にはブランクがあってもう英語は特技にならない。じゃあって考えた時に、運転免許と宅建の免許しかなかったんです。宅建はなぜか学生時代に、取得していました。なんの先入観も予備知識もなく丸暗記したから、取れたんでしょうね。その2つしかないなら、不動産業しか道はないなと。
いろいろ変遷があって、でも不動産業は独立されてもう30年だそうですね。
最初は大手の不動産会社にお世話になって、小田急沿線の店で店長をしていました。さあ、独立っていう時に似たエリアだけど沿線が違うここ、京王線つつじヶ丘に事務所を構えたんです。
当初は、土地を買って建売住宅やマンション、ビルなどを建築し、元いた不動産会社に売ってもらうというような仕事をしていました。右肩上がりの時代で、何億円の商売でした。それがバブル崩壊でしょ。「1億損した」「2億損しても売った方がいい」って今では考えられないような金銭感覚でしたね。その時代をくぐり抜け、仲介業に変えて、独立から30年なんとか生き残ってきたってところですね。
ファイナンシャルプランナーや住宅ローンアドバイザーなどの資格をお持ちですが。
ビルやマンションを売っていた頃は、投資家がお客様だったんです。だから金融関係の相談にのるためには必要でしょ。 今では、健康管理士の資格も持っていますし、日本Webコンサルタント協会の特別会員でもあります。いろいろとやりたいことが多いんですよ。

お店情報


株式会社 藤建企画
住所:〒182-0006
東京都調布市西つつじヶ丘3-14-5
TEL:042-489-1540 FAX:042-489-1504
お問合せ先:yoisumai@w3.dion.ne.jp
お店HP:http://www.atatakaisumai.com/

編集後記

役者兼作詞家をやめて堅気になったと思ったら、バブル期に億の商売を経験。今の若い方には想像がつかないかもしれませんが、当時を知る私はなつかしくお聞きしました。でも、久野社長はただ破天荒な方ではありません。
他人より2歩、3歩先んじて情報をつかみ取り入れる、そうやって次々と新しい方策を打ち出していかれます。
次回は藤建企画様のホームページとそのこだわりについてお聞きします。

(取材・執筆  株式会社 物語ライティング)
第2回目へつづく >>