トップ >>  街の不動産屋さん >>  第74回 丸美不動産様 1 >>   >> 

街の不動産屋さん
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?

連載インタビュー 街の不動産屋さん

第74回 有限会社丸美不動産 代表取締役 安河内裕一 様

ホームページ http://www.marumi-re.co.jp/
所在地 JR・西鉄「和白駅」徒歩4分 地図
取材日 2012年4月28日


有限会社丸美不動産 安河内裕一様

第74回は、福岡県福岡市の「有限会社丸美不動産」様です。
店舗のある福岡市東区和白は博多湾に面し、「漢倭奴国王」の金印が発見された志賀島を望む歴史ある土地柄です。
その一方、沖合に造られた人工島「アイランドシティ」には高層マンションが立ち並び、大型ショッピングモールや学校、病院…と生活環境が整えられるなど、周辺地域は近年開発が進み、魅力と活力にあふれています。

社長について ~古くて新しい街に密着した不動産屋さんの二代目社長~



海に面し発展する周辺地域

有限会社丸美不動産の社長、安河内裕一様はこの町に生まれ育ちました。
学生時代はファッションデザインを学び、不動産業界に入る前はデザイン会社に勤務した経験をお持ちです。
創業者であるお父様の後を継いで10年余り、インターネットの普及によって会社経営にホームページは欠かせないものになったとおっしゃいます。

@dream導入のきっかけ ~@dreamを発売開始と同時に導入~


ホームページはいつごろから導入されましたか?
会社の経営を任されてすぐなので、12~13年前になります。最初は業者に頼んで作ってもらったんです。2社に頼んだのですが、なかなか思うようなものができませんでした。データの更新方法も煩雑で、管理するのが大変でした。
そのころ、宅建協会が主催する講習会で@dreamのことを聞いたのが、導入のきっかけですね。@dreamが発売されるのとほとんど同時だったんじゃないでしょうか。
@dreamを導入する決め手はなんだったんでしょうか。
ホームページが単に写真が並んでいるだけのカタログではないという点ですね。また導入前のものよりも更新しやすいので、お客様に生きた情報を提供できます。
ただ、やはり入力するのは大変ですね。抱えている物件が2000件ほどで、そのうち一割に入・退居の動きがあると思っていいので、常時200件前後のデータ更新が必要です。特に導入した始めの頃は、500~600件分のデータをすべて、私一人で一から入力しなければならなかったので大変でした。
私の周りでも、@dreamを導入したものの続けられない社長が少なくありませんが、入力の手間がネックになっているように感じます。

dreamを使いこなす努力 ~家族との時間も大切にしながら~


今はスタッフみなさんで、手分けして入力されているのですか?

ホームページ
日々、更新の労力を惜しまず
作りこんでいるホームページ

ええ。社内の全てのパソコンから@dreamにアクセスできるようサーバーを準備して、いつでも、誰でも入力できるようにしました。それでも、みんなには入力以外の仕事もたくさんしてもらっているので更新は大変です。
そこで、私が帰宅してから作業できるように、自宅からでもアクセスできる設定にしました。子どもたちとの時間は大切にしたいので、夕方はいったん仕事を止めて家族そろって食事をし、その後パソコンに向かうという毎日です。
社長のご負担が大きい現状のようですが、それでも@dreamが必要とお考えなのですね。
始めたからにはやめられない、と思っています。今の世の中、ホームページなしではお客様にご納得いただけません。@dreamで作ったホームページなら、間違いなくお客様が手軽に情報を得られますからね。
でも正直なところ、物件の写真や間取り図がもっと簡単に張り付けられるようになるとありがたいと思います。

お店情報

店舗写真

有限会社丸美不動産
住所:〒811-0202
福岡県福岡市東区和白3丁目17−25
TEL:092-606-2838 FAX:092-607-1201
お問合せ先:main@marumi-re.co.jp
お店HP:http://www.marumi-re.co.jp/

編集後記

着々と開発が進む土地柄だけに、不動産業界で生き抜く厳しさは想像に難くありません。他社に打ち勝つために、他の業務をこなしながら苦心しながらもホームページをこまめに更新し続ける日々は、多忙を極めることでしょう。
それだけに、家族との団らんはこの上なく大切な時間なのではないでしょうか。忙しい中にも私生活とのバランスがとれた生活を心がける姿勢に、頭が下がる思いです。
次回は、お客様のことについておたずねします。

(取材・執筆  株式会社 物語ライティング)
第2回目へつづく >>