トップ >>  街の不動産屋さん >>  第74回 丸美不動産様 1 >>   >> 

街の不動産屋さん
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?

連載インタビュー 街の不動産屋さん

第74回 有限会社丸美不動産 代表取締役 安河内裕一 様

ホームページ http://www.marumi-re.co.jp/
所在地 JR・西鉄「和白駅」徒歩4分 地図
取材日 2012年4月28日

商談スペース
明るい店内の商談スペース

丸美不動産様へのインタビューは今回が最終回です。
お客様に、より興味を持ってもらうホームページ作りのためにどうすればいいか、考えに考え手を尽くしている安河内社長。そのご苦労をお訊きしました。

不動産業界への思い ~業界にオープンな風を~


二代目として会社を引き継がれる際、大切にしたい思いはありましたか?
この業界のイメージを変えたいと思いました。昔から、不動産といえば何かしら裏があるような印象を持たれてしまいがちです。私も子どもの頃は、父の仕事のことで友達から悪口を言われたことがあります。嫌でしたね。もっと、オープンな雰囲気にしたいと思っています。
オープンにするという意味でも、ホームページは重要ですね。
はい。以前は自社のホームページ以外にも、複数の大手不動産系ポータルサイトに登録していましたが、やめました。ポータルサイトは情報を登録したら更新されるのが早いというメリットがありますが、「あっちのサイトは更新してるのに、こっちはしていない」とならないようにするには、思いのほか手間と時間がかかるんですよ。それよりも、自社のホームページを充実させた方が得策だと考えました。
今は自社サイト以外は、地元の宅建協会などごく絞ったところだけを利用するにとどめています。
充実させるというと、より多くの物件を載せるということですか?
情報の中身が大事だと思います。今、扱っている物件の写真を全部撮り直しているところなんですよ。より良い写真を載せられるように、広角レンズなどカメラ一式をプロカメラマンも使うものに買い換えました。また動画を掲載して、臨場感を出すように努めています。もちろん、間取り図も現状に合わせて都度つど書き換えています。
とにかく、豊富な画像で物件のことがよく分かるホームページを作りたいですね。
お客様はお目当ての物件のことをよく知った上で来店されるということですね。
売買物件については会員制にして、ホームページ上では情報に制限をかけていますが、賃貸物件情報はすべてオープンにしています。出し惜しみはしません。それはこの業界のイメージアップにもつながるはずです。

今後の課題 ~大切なのは時代を読む力~


これからの課題を教えてください。

ショッピングモール
街の変化とともに、人の心も変化する

希望条件登録件数をどうやって増やすかが今の課題です。初めにも話したように、@dreamを導入した当初こそ登録のメールがたくさん来ましたが、今は納得いく数ではありません。登録していただけないとこちらからお客様へ連絡できませんので、結局良い情報を提供することもできませんからね。
希望条件登録フォームの入力項目を減らしたり、ニックネームでもOKにしたり、好感度を上げるためにホームページのデザインを変えたりと、思いつく限りの手を尽くしているところです。ホームページにお客様を呼び込むために、SEO対策も施しました。ですが、手ごたえを得るまでもう一息といったところですね。
以前よりもお客様がインターネットに関する知識を持っていらっしゃる分、警戒心も強くなっているのではないかと思います。
結果を出すまで努力は惜しまないというところでしょうか。
はい。できることは最大限に努力します。同時に、時代とともに変化するお客様の心理を見極める必要を感じています。

お店情報

店舗写真

有限会社丸美不動産
住所:〒811-0202
福岡県福岡市東区和白3丁目17−25
TEL:092-606-2838 FAX:092-607-1201
お問合せ先:main@marumi-re.co.jp
お店HP:http://www.marumi-re.co.jp/

インタビューを終えて

先代社長から引き継いだ会社を更に発展させるために、努力を惜しまない安河内社長。
取り繕うことなくホームページの管理が大変だと言う飾らないお人柄に、入力の手間をスタッフに押し付けない優しさが光ります。そのうえで、状況を良くするために一切手を抜かない強さは、地元に根差した丸美不動産様の強さに通じるのではないでしょうか。

(取材・執筆  株式会社 物語ライティング)