トップ >>  街の不動産屋さん >>  第75回 浦山洋子様 1 >>   >> 

街の不動産屋さん
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?

連載インタビュー 街の不動産屋さん

第75回 株式会社ピースフルハウス 代表取締役 浦山洋子 様

ホームページ http://www.pfh.jp/
所在地 JR宮崎駅より徒歩5分 地図
取材日 2012年6月13日


株式会社ピースフルハウス 代表取締役 浦山洋子様

今回ご紹介するのは、宮崎県の株式会社ピースフルハウス様です。
店舗はJR宮崎駅から東へ歩くこと約5分、緑豊かな宮崎中央公園からほど近い場所にあります。駅西側はオフィスや飲食店が並ぶ繁華街で、東側は閑静な住宅街。それが7年前、宮崎最大の大型ショッピングモールがオープンして以来、人の流れが様変わり。
県外からの転勤者が増え、賃貸マンションの建設ラッシュが始まりました。日南海岸が近いことも相まって、住む街としても人気のエリアです。

お店について ~娘に背中を押されて創業~


創業された経緯を教えてください。


生け花で華やかな店内に

「ピースフルハウス」を立ち上げる前は、ある不動産会社の共同経営者として18年ほど働いてきました。
転機は、うちの次女が同じ会社に入社してきて1年ほど経ったときのこと。次女が突然、「お母さん、こことは別に一緒に新しい会社を作ろうよ」と言ってきたんですよ。「じゃあ、やってみようか」と。単純ですね(笑)。

不安や迷いはなかったのでしょうか?

ありませんでしたね。娘もすでに宅地建物取引責任者資格を取っていて心強かったのと、私自身、不動産業界に女性スタッフのニーズを感じている部分もありましたから。
当時、宮崎市内にはまだ女性社長さんや女性が活躍している店舗が少なかったせいか、お客様から「女性スタッフがいるといいね」と言われることが多かったんです。これも創業の後押しになりましたね。
そして平成17年、私と次女、もう一人の女性スタッフの3名でスタートしました。
女性ならではの強みはありますか?
物件の細かいところに気づきやすいということでしょうか。
女性のお客様なら特に気になるキッチンの幅や高さ、押し入れの広さ、洋服が多い方ならクローゼットの有無など、同じ視点で考えられることは多いと思います。もちろん、最近は男性の営業スタッフも勉強されていると思いますが、女性同士だからこそ意思疎通できる部分があるような気がします。
また、店内にお花を飾ったり、アロマディフューザーを焚くなど、お客様に女性らしさや落ち着きを感じていただけるような雰囲気作りを心がけています。

ホームページについて ~真似したくなる!? 魅せるデザイン~


とてもスッキリと見やすいホームページですね。


シンプルな色遣いと、無駄のない
スッキリとしたレイアウトが特徴。

ありがとうございます。ホームページに関しては息子がweb担当者となり、作業の大部分を任せています。
シンプルなデザインは息子のアイデアですが、私も情報を詰め込みすぎてどこから見ていいのかわからないようなホームページは嫌だったので、出来上がりには満足しています。
特にお客様にも家主様にも好評なのが、「デザイナーズ&ハイグレード」のコンテンツ。物件はあえてモノクロ写真にして、できるだけ大きくシンプルにレイアウトし、英文字を使って表現しています。クリックするとカラー写真に変わるんですよ。
家主様からはどのような反応がありますか?


人気の「デザイナーズ&ハイグレード」
コンテンツ。

多くの方から「うちの物件もその欄に載せてほしい」と、お問い合わせいただいています。
同業他社からは、「(モノクロ写真からカラー写真への変更など)あの欄はどうやって作っているの?」など聞かれることも。しかし、これは当社の特徴でもありますから企業秘密ということにさせていただいています。
お客様のなかには、他社のホームページで同じ物件を見られていても、「ピースフルハウスのほうがわかりやすいから」と、足を運んでいただくこともあるんですよ。

お店情報

店舗写真

株式会社ピースフルハウス
住所:〒880-0841
宮崎県宮崎市吉村町北原甲1424番地6
TEL:0985-29-3232 FAX:0985-29-3272
お問合せ先:dream2000@pfh.jp
お店HP:http://www.pfh.jp/

編集後記

浦山様は不動産業界で活躍し、約30年。創業を促したお嬢さんは、賢明に働く母の背中を見て同じ業界を志されたようです。現在は息子さんも強力なブレーンとなり、ホームページをさらに充実させるべく奮闘中。
次回はさらにホームページや@dreamの優位性についてお聞きします。

(取材・執筆  株式会社 物語ライティング)
第2回目へつづく >>