トップ >>  街の不動産屋さん >>  第75回 浦山洋子様 1 >>   >> 

街の不動産屋さん
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?

連載インタビュー 街の不動産屋さん

第75回 株式会社 代表取締役 社長 浦山洋子 様

ホームページ http://www.pfh.jp/
所在地 JR宮崎駅より徒歩5分 地図
取材日 2012年6月13日


市街地近くの名所、宮崎神宮。
日本初代の神武天皇を祀る。

ピースフルハウス様へのインタビューは今回が最終回です。
口蹄疫や圧倒的人気を誇った県知事の辞任などを経て、今ゆっくりと移り変わる宮崎市。街のこと、不動産業界で奮闘する浦山ファミリーのことを起きしました。

宮崎市について ~只今、転勤の転入者増加中~


今、宮崎市内で活気のある場所といえばどこですか?


南国の雰囲気漂うJR宮崎駅周辺

お店から車で15分ほど先にある大型ショッピングモールですね。7年前にできたのですが、ショップもレストランもたくさんあり、駐車場が無料。今も土日になるとお店の前から渋滞になるくらい人気のスポットなんですよ。
これができたおかげで県外からの転勤者が増え、マンション物件も増えています。区画整理も始まっていて、若い世代が住む街として人気のエリアになりつつあるようです。
転勤の方にはどんなニーズがありますか?
ショッピングモールに勤める単身の方が多いので、1LDK~2LDKの新築やデザイナーズ物件が大人気です。
なかでも条件のいい物件になると完成前の模型やパースしか載せていなくても、予約で一杯に。また、急に転勤が決まった方などは内覧せずにホームページ上だけで契約される方も少なくありません。
企業の総務の方も同じ方法でとりあえず社員の住まいとして物件を押さえるパターンも増えていますから、こちらも情報のスピードが求められます。
そう聞くとますますホームページの重要性を感じます。
そうですね。物件は最新情報にこだわり、図面や模型、パースができた時点で掲載します。似たような外観の物件があればその写真を注釈つきで載せれば、イメージを伝えることもできますしね。
それでも予約がどんどん入っていくので、ホームページの内容と更新頻度の重要性を痛感しているところです。
でも、他社の社長さんの中には、@dreamを導入していても「若い社員がいなくて、稼働できていない」と困っていらっしゃる方もいて、もったいないですよね。私を含め、誰もがより簡単に操作できるようになればいいのですが。

仕事のやりがい ~お客様が発するささいなヒントを見逃さない~


お仕事のやりがいや喜びは何でしょうか?


2005年に宮崎最大のショッピング
モールがオープンした。映画館、
約160の専門店、スーパーが並ぶ。

やはり、お客様のご要望を汲み取り、私がご案内した物件を決めていただけたときに、やりがいを感じます。
細かいご注文や逆に何も言わない方、敷金・礼金に納得していただけない方など、いろんな方がいらっしゃいます。
でもそこを乗り越えるのが喜び。お客様が発するささいなヒントを見逃さずにパズルのように組み合わせ、合致する物件を提案してさしあげるのが楽しい。今まで辞めたいと思ったことは一度もありません。

お嬢さんや息子さんに望むことはありますか?

私と一緒に起業した次女は産休中で、今年1月に大阪で働いていた長女が戻り、新しく入社してくれました。不動産の仕事は初めてですが、宮崎の土地勘はばっちりで接客も得意。働きぶりは80点といったところですね。あとの20点は物件の下調べを丁寧にしてくれたらと思います。
長男は私が苦手なwebを任せられるので感謝しています。
家族でやるということは仕事について言いやすいこともあるけれど、つい「言い過ぎる」ことも(笑)。
でも頼もしい家族がいてくれるから、これからも長く仕事を続けていけそうです。

お店情報

店舗写真

株式会社ピースフルハウス
住所:〒880-0841
宮崎県宮崎市吉村町北原甲1424番地6
TEL:0985-29-3232 FAX:0985-29-3272
お問合せ先:dream2000@pfh.jp
お店HP:http://www.pfh.jp/

インタビューを終えて

女性視点での接客、家族の信頼、最新情報満載のホームページ…。独自の強みを最大限に活かし、人気物件を掌握するピースフルハウス様。浦山社長はおっとりとした優しげな雰囲気の方ですが、さすがはキャリア約30年、男性顔負けの経営手腕を感じた次第です。
ご趣味は7年続けている社交ダンス。健康のために習い始め、今では競技会で上位入賞するほどに上達されているそう。仕事に趣味にとイキイキと打ち込むお姿は、宮崎の太陽のように眩しく映りました。

(取材・執筆  株式会社 物語ライティング)