トップ >>  街の不動産屋さん >>  第76回 かりん不動産様 1 >>   >> 

街の不動産屋さん
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?

連載インタビュー 街の不動産屋さん

第76回 株式会社かりん不動産 代表取締役 渡部里花 様

ホームページ http://www.e-karin.com/
所在地 小田急線「鶴川駅」徒歩18分 地図
取材日 2012年6月14日


株式会社かりん不動産 渡部里花様

第76回は、東京都町田市の「株式会社かりん不動産」様です。
店舗のある鶴川は新宿まで30分と利便性抜群ながら、緑が多くのどかで風がゆっくり流れる町です。
「新百合ヶ丘に代表される川崎市麻生区が人気ですが、隣接する鶴川には一般的な30代の方の手が届くお得な物件がたくさんあります」そうおっしゃる渡部社長も10年来、こちらにお住まいです。
不動産業界、特に売買専門業者は「100人規模の会合でも女性は1人か2人」というほどの男性社会。そんななかで、女性ならではの視点を生かし不動産業界に新風を巻き起こす意気込みの渡部社長に、さまざまおうかがいしました。

社長について ~ブライダル司会業から「見切り発車」で転身~


以前はブライダルの司会をされていたそうですが。


緑が多い小田急線鶴川駅前

22歳から、結婚、出産などありましたが、ずっと続けてきました。毎日フルタイムではありませんし、自分でスケジュール管理できるので子供の運動会などは参加できましたが、春と秋の土日はほとんど仕事でしたね。

不動産業とのご縁はいつ?

6年くらい前でしょうか、大規模分譲のマンションギャラリーでお客様を案内する仕事に就きました。そこで「住まいっておもしろい」と思ったんです。その後、大手売主物件の営業職を経て、仲介業に入りました。

それまでとは別世界ですね。

そうですね。でも以前から、自分が持っているブライダルでの経験やカラーコーディネーターの知識などを融合した何かで独立したいと思っていて、「その中心は不動産だ」と確信したんです。
だから独立するための一歩として、仲介業者にお世話になりました。そこで10カ月足らず、一通りの業務を経験させていただきました。本当はもっとそちらにいて、開業資金をためてから独立するのが理想だったのですが。まわりには早すぎると映ったのでしょう。「見切り発車だ」「怖いもの知らずだからできるんだ」などと言われましたよ。

@dream導入のきっかけ ~@dreamなら私の思いを実現できる~


仲介業経験10カ月で独立されたんですか?


店先でチラシを携えお出迎え。
「うちのトレードマークです」

そうなんです。その仲介業者は旧態依然としたところがあり、私はよく上司とぶつかっていました。
その頃、金丸社長のブログ「黄色いバックドロップ」と出会って、「この方法なら私の思い描く不動産業ができるかも」と思ったんです。
ゼロからの成功例にも勇気をいただきました。みなさんのおっしゃる通り、見切り発車ですね。

では、@dreamと出会わなかったら…?

何らかの方法で独立したと思いますが、もう少し時間がかかったかもしれませんね。
どう融合させればいいか、方向性から考えなければならなかったでしょうし。
とにかく「@dreamありき」での開業です。

それにしても、すごい勇気ですね。

はい、よく言われます(笑)。
当時、この地区で@dreamを使っている業者は少ない印象でした。メール追客でしつこい営業をせず、女性がやわらかく丁寧に接客したら…。ほかの業界では普通のことを普通にサービスするだけなのですが、それが差別化になるのではと考えたんです。それも開業の後押しになりました。

お店情報

店舗写真

株式会社 かりん不動産
住所:〒195-0071
東京都町田市金井町1700-1 セゾン鶴川1階
TEL:042-708-8375 FAX:042-708-8374
お問合せ先:info@e-karin.co.jp
お店HP:http://www.e-karin.com/

編集後記

「そんなに早く? 勇気がありますね」何人もの方に言われたであろうセリフを私も言ってしまいました。渡部社長は「大したことではない」とばかり、にっこり微笑むだけ。女性は強いなあ。きっと男性社長とは違う視点や方法をたくさんお持ちではないかと…。
次回はそのあたりを具体的に迫りたいと思います。

(取材・執筆  株式会社 物語ライティング)
第2回目へつづく >>