トップ >>  街の不動産屋さん >>  第77回 ミナージュ ミナミ住宅販売様 1 >>   >> 

街の不動産屋さん
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?

連載インタビュー 街の不動産屋さん

第77回 株式会社 □□ 社長 ◆◆ 様

ホームページ http://www.minaju.com
所在地 近鉄「桃山御陵前駅」より東へ徒歩1分
京阪「伏見桃山駅」より東へ徒歩2分
JR「桃山駅」より西へ徒歩4分 地図
取材日 2012年07月23日



カフェと思わず見まちがう玄関前のスペース

地域密着とともに、増原社長が掲げる、もう一つの理念はお客様との「一生のおつきあい」にあります。
最終回は、「本当にお客様を大切にする」その意味をじっくりと伺います。

お客様との関係づくり ~お部屋選びのコンサルタント~


お客様はどんな方が多いですか?


じっくりとお話をしたいときに使うスペース

30歳前後を中心に幅広い年代層の方がいらっしゃいます。
地元の方と他県の方と半々ぐらい。北海道から沖縄まで全国から引っ越してくる人も少なくありません。

お客様と接する上で意識しているのは?

最初は、物件の希望ではなく、お客様のライフスタイルについてお聞きしています。お客様がネットで探された物件と実物の印象がちがうことは少なくないですし、初めて住宅を借りる方の場合は、正しい住宅の選びかたを少しご説明差し上げねばなりません。
生活費の大部分をしめる家賃ですからもっと慎重に選んでいただきたいのです。

具体的にはどんな話を?

お仕事、職場のある場所、休日の過ごし方、毎日料理するのかどうか、どんな生活がしたいなどです。ご自分の希望があいまいな方の場合は「無印の家具好きですか?」「ソファーを置きたいですか?」など具体的に質問します。
私には、物件の図面が頭に入っているので、即座に部屋のレイアウトが頭の中でシミュレーションできます。
話をして希望条件が変わることもあるのでは?
ありますね。手取りの給料から、電気代、ガス代、化粧品代、携帯電話代、飲み代などを差し引いて「そのお家賃で大丈夫ですか?」とお聞きすると、しばらくお考えになって最終的には、6万円で探していた人が4.5万円に変更になった方もいます。
手数料のことを考えたら、家賃が高い方に変更される方が得なのでは?
それは旧来のやり方です。
お客様にとって最もふさわしい物件を案内し、信頼を得て一生つきあっていく、それが私のやり方なんです。そのためには、お部屋選びのコンサルタントやご意見番である必要があります。
成約のときの対応は?


坂本龍馬の定宿として知られる「寺田屋」。
お客様に観光地を案内することも

お客様が案内した物件を気に入られていても、即決はいただかないようにしています。
「いつごろお返事いただけそうですか?」という話しも、催促の電話も一切せず「わからないことがあれば連絡くださいね」といいます。
ただし「ご縁の問題なので、なくなってしまうかもしれませんがそのときは、お許しください」と伝えておきます。
この地域を望まれる限り、よその不動産会社に頼まれることはありませんから、余裕があります。納得のいくまでおつきあいしたいですね。

店舗の工夫 ~リビングのような空間~


今の店舗は引っ越されたばかり、きれいですね。


商談中、子どもを遊ばせることができる
キッズルーム

創業から丸3年がたち、おかげさまで、そこそこの売り上げが見込めるようになりました(笑)。ここでワンステップしようと駅前に移転を決意しました。
そこを改装し、今までとちがう形態で仕事をしてみようと思って。

改装のポイントは?

これまでの店舗では、テーブルがひとつしかおけず、一人のお客様に対応しているとき、もう一人いらっしゃったら、帰っていただかなければなりませんでした。
今回は、4つのブースをつくり、圧倒的に多い女性客に好感をもっていただけるよう、清潔感があって、落ち着いていて話のできるスペースを設置しました。リビングルームのような空間を目指しています。
カフェのように可愛らしいですね
改装のもう一つの理由は、家主さんがいらっしゃったとき、「こんな風にリフォームしたい」と思っていただきたいからです。
ミナージュでは、依頼があればデザイン性の高いリフォームも請け負っています。
スタッフもいらっしゃるんですか?
今回初めて雇いました。2人いるのですが実は、元お客様なんです。
細かい説明はしなくとも、私のやり方を理解してくれるので、助かっています。

これからの夢 ~出会った人の数だけ成長できる~


振り返って思うことは


店舗の壁に貼ってある板を
増原社長が自らペンキ塗り

小さい頃は「あかんたれ」でいじめられっ子でした。「人にどう思われているか」をすごく気にするし、小さいことも気になる完璧主義でもありました。それらは全部、自分の弱みだと思っていたんです。
ところが、この仕事に就いて、その性格が長所となって活かされていると感じるのです。お客様が今どう思っていらっしゃるかよくわかるし、その人にとって限りなく100点に近いサービスを考えて動きますから。

弱みが強みに変わった転機があったんですか?

前の会社で、営業マンとしてトップの成績がとれたことかな。人生初めての1番でした。それと人の上に立つ機会を与えていただいたことで、自信がでてきたんだと思います。@dreamを導入してからは「マメさ」「完璧主義」を大いに発揮させてます。
お客様と一生つきあうなら将来的に売買も視野にいれているんですか?
売買の方が1件売れただけで売り上げはグンと上がります。でもそれより、私は取引量が多い方が楽しいんです。いろんな人と出会いたいから。ワンルームの一人暮らしから、結婚、出産と購入まで一貫してお世話させていただきたい。
不動産と言えば「ミナージュにまかせよう」と思って下されば幸いです。
これからの夢は?
大きな夢より、日々の出会いを大切にしたいと思っています。「人間は出会った人の数に比例して成長する」のが私の持論。おかげさまで、年々、クチコミと紹介でお客様は増えています。
私のお客さんだけで商売できるぐらいまで、この地域で信頼できる確かなつながりを紡いでいきたいと思っています。

お店情報

店舗写真

ミナージュ 有限会社ミナミ住宅販売
住所:〒612-8037
京都府京都市伏見区桃山町鍋島1-18
TEL:075-605-1138 FAX:075-605-1132
お問合せ先:info@minaju.com
お店HP:http://www.minaju.com

インタビューを終えて

増原社長は、新しい時代の不動産業を見据え、そこに一歩一歩近づいていらっしゃるようにお見受けしました。
決して大風呂敷を広げることなく、自分しかできないことをさりげなく着実に積み重ねていらっしゃいます。
「本当の意味でお客様を大切にする」という商売の基本を増原社長から学ぶことができました。
地域で愛されるミナージュ、これからも応援していきます。

(取材・執筆  株式会社 物語ライティング)