トップ >>  街の不動産屋さん >>  第79回 グレイス不動産株式会社様 1 >>   >> 

街の不動産屋さん
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?

連載インタビュー 街の不動産屋さん

第79回 グレイス不動産株式会社 営業主任 鬼頭克郎 様

ホームページ http://www.grace-k.co.jp/
所在地 名鉄名古屋本線「前後駅」徒歩15分、
名鉄バス「三崎町」バス停前下車   地図
取材日 2012年10月4日


鬼頭営業主任
グレイス不動産 株式会社 鬼頭克郎 様

今回ご紹介するのは、愛知県豊明市にあるグレイス不動産株式会社様です。

豊明市は名古屋中心部と豊田の間に位置し、人口は約7万人。代表的なスポットは桶狭間の戦いの古戦場や中京競馬場で、トヨタや関連企業に勤める方々が住むベッドタウンとしても知られています。また、高台に建つ藤田保健衛生病院は、ハイレベルの医療技術と医学界で活躍する人材輩出の場であり、地元の方に厚い信頼を得ています。

お店について ~ブティックから転身!親子2代の地域密着店~


お店を創業されて、30年ほどになるそうですね。

前後駅前
お店の最寄り駅「前後駅」。
ベッドタウンとして人気のエリア

はい、ずっと豊明でビジネスをしています。
もともとは同じ場所で、母がデザイナー、父が販売する「グレイス」という婦人服のブティックをやっていて、昭和59年に不動産業に転身しました。

私は不動産仲介会社の営業マンをしていたのですが5年前に退職し、グレイスに入社しました。今は、父が社長として収益物件を、母が賃貸物件を、僕が土地戸建てやマンションの売買をおもに担当しています。

地域に密着した不動産会社ですから、地元のお客様からの信頼を得ることが大切だと感じます。

地域とのかかわりを大事にされているんですね。

大事ですね。お客様が家探しの際にまずどうするかというと、ネームバリューからとりあえず大手の不動産会社で家を探そうとされます。その中で地元の個人店が生き残ろうと思えば、大手と同じくらいお客様に浸透し、信頼され、いかに口コミされるかが重要ですからね。ふとした会話の中で、「いい不動産屋さんならグレイスがあるよ」と名前が挙がるかどうか。コツやテクニックではなく誠実で嘘のない仕事を積み重ね、それが地域の方々の信頼感につながると思っています。

お客様について ~西へ東へ、至便なアクセスで戸建てが人気~


お客様の層やニーズについてお聞かせください。
お客様はトヨタ関連企業にお勤めの方が6割を占めています。豊明はマンション部屋数が約2400部屋と少ないこともあり、多くの方が土地戸建てを購入されますね。実家の近くに家を持ちたいという子育てファミリーのUターンもあれば、ご主人が三河地区にお勤めで、奥様は名古屋で仕事されているといった場合、中間地点になる豊明で家を建てようというパターンもあります。豊明は電車通勤も車通勤にも便利なので、本当に住みやすいと思いますね。
お客様とのやりとりで気を付けていることはありますか?
物件の良し悪しを自分の価値観で決めつけないことですね。人によって求めるもの、考え方は違いますから、物件に対する意見や感想を断定的には言わないようにしています。一番困るのは「鬼頭さんならどっちにしますか?」と聞かれたときです。背中を押してほしいお客様もいらっしゃいますが、それでも私はメリット、デメリットの事実を伝え、最終的にはお客様に選んでいただくようにしています。

他店との違い ~豊明の街情報には自信あり~


グレイス不動産ならではの強みはどこにあると思いますか?

ハザードマップ
洪水時の避難地図と住所や電話番号が書かれた
ハザードマップをホームページからリンク

父も私も豊明で暮らしていますし街のことなら何でもわかること。特に、豊明の不動産マーケットや相場観なら、私が一番詳しいと自負しています。ホームページでもいまお客様が知りたいであろう街の情報、たとえば東南海地震が起きた場合の豊明の震度や液状化の予測図、豊明のハザードマップなど防災コンテンツを入れたり、ブログで地価の動向を書くなどしています。

お店情報

店舗写真

グレイス不動産 株式会社
住所:〒470-1126
愛知県豊明市三崎町高鴨5-5
TEL:0562-93-6910 FAX:0562-92-6902
お問合せ先:info@grace-k.co.jp
お店HP:http://www.grace-k.co.jp/

編集後記

豊明で育った鬼頭様ですから、街に対する思いは人一倍のよう。現に、社長であるお父様は地元の商工会議所や青年会議所のOB会に属し、自身も幼稚園の父兄会会長として地域に根差した活動をされています。
次回は、鬼頭様がどうしても導入したかったと話す@dreamの運用やインターネット活用法をお聞きします。

(取材・執筆  株式会社 物語ライティング)
第2回目へつづく >>