トップ >>  街の不動産屋さん >>  第79回 グレイス不動産株式会社様 1 >>   >> 

街の不動産屋さん
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?

連載インタビュー 街の不動産屋さん

第79回 グレイス不動産株式会社 営業主任 鬼頭克郎 様

ホームページ http://www.grace-k.co.jp/
所在地 名鉄名古屋本線「前後駅」徒歩15分、
名鉄バス「三崎町」バス停前下車   地図
取材日 2012年10月4日


藤田保健衛生大学病院
藤田保健衛生大学および病院。
約5000人のスタッフが勤務し、
グレイス不動産のお客様も多数

@dreamの導入では周囲の反対の声もあったそう。
それでも導入を決めた理由や効果についてうかがいました。

@dream導入のきっかけ ~チラシ広告との費用対効果を考えて~


@dreamはどこでお知りになったのでしょうか?


@dream導入と同時にホームページも
情報満載にリニューアル

以前働いていた不動産仲介会社を辞めて実家の店舗(グレイス不動産)を継ごうというときのことです。元上司が「自動的に追客メールを送ってフォローできるソフトがある」と教えてくれたのがきっかけです。
それまでのフォローといえば、不動産仲介会社では一本一本電話を入れていましたし、実家ではフォロー自体に手が回っていない状態でした。チラシも切り貼りというアナログぶりで、「これでは将来危ない」と感じていたこともあり、すぐ説明会に参加して導入を決めました。

導入について、社長であるお父様の反応はいかがでしたか?

「そんなもん入れんでいい!」と一喝でした(苦笑)。5年前の当時、まだ豊明には不動産をネットで売買する会社がなく、広告もチラシや住宅系の情報誌が主流でしたから。でもその頃、広域用チラシに年間150万の広告費を出していいて、私はこの先延々と150万を払い続けるよりも@dreamを導入するほうが絶対にいいと思ったわけです。社長には「もし効果がなければ、@dreamの費用は自腹で払う」と話し、説得しました。
…自腹にならずに済みました?
ええ、大丈夫でした(笑)。今では社長も「○○さんから問い合わせメールが来ていたよ」などと言ってくれるので、インターネットに対しても理解してくれているようです。やはりお客様に追客メールが送れるのはいいですね。100件送って1件反応があればいいほうですが、送り続けることに意味があります。2、3年問い合わせがなかったお客様からのご連絡が突然あったりもしますし、いつどこでお客様の心を動かせるのかはわかりませんからね。

@dream運用について ~ホームページのPV数、営業効率がアップ~


更新はどなたが担当されていますか?

女性スタッフさん
スタッフさん全員が
@dreamの講習会に出席し、操作をマスター

主に、事務や店頭で接客をしている女性スタッフたちです。特に誰が担当というのもなくて、誰もが操作できるよう講習会にも出席してもらいました。
更新頻度は1日1~2回ですね。私はみんなに指示するだけでラクをさせてもらっていますので、スタッフには感謝しています。

導入後の変化はありますか?

不動産をインターネットで探す時代になった影響もあるかもしれませんが、ホームページのPVは以前よりも約3~4倍に増えました。当店が@dreamを使うようになってから豊明の別の不動産会社も導入したところが2社あって、「同業者も気にして見ているんだな」と感じましたよ。あとはなんといっても、お客様へのご案内が変化しました。昔はコツコツと電話をかけて営業していましたが、いまは一切しません。お客様が@dreamで物件詳細を見て、先に現地をご覧になる時代ですからね。
問い合わせる前に、家を見ておきたいという。
ええ、そうです。お客様は一通りホームページ上で情報を見て、気に入ったらまずは現地に行ってみる。本当に良かったら、そこで初めて不動産会社に問い合わせするという流れですね。なので、案内する段階ではある程度お客様の意思が固まっているので、必要以上に説明する必要もありません。営業の効率が上がり、すごくありがたいですね。

お店情報

店舗写真

グレイス不動産 株式会社
住所:〒470-1126
愛知県豊明市三崎町高鴨5-5
TEL:0562-93-6910 FAX:0562-92-6902
お問合せ先:info@grace-k.co.jp
お店HP:http://www.grace-k.co.jp/

編集後記

自腹覚悟で@dream導入を決めた鬼頭さん。二代目としてお店の将来を考えた時、不動産業にインターネットの活用は欠かせないと感じられたようです。次回は、そんな鬼頭さんのホームページ作りのこだわりやSNSを積極的に使う理由に迫ります。

(取材・執筆  株式会社 物語ライティング)
第3回目へつづく >>