トップ >>  街の不動産屋さん >>  第82回 フロンティア技研様 1 >>   >> 

街の不動産屋さん
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?

連載インタビュー 街の不動産屋さん

第82回 株式会社 フロンティア技研 チーフ 三浦 勝 様

ホームページ http://www.v-frontier.com/
所在地 富士急行線「富士急ハイランド駅」徒歩3分 地図
取材日 2013年2月22日

富士急ハイランド駅
最寄りの富士急ハイランド駅。
改札を出て5歩で富士急ハイランド

フロンティア技研様は@dreamの導入後、物件数が増え人手が足りなくなり、チーフも戻ってこられることになりました。そして、ホームページの改革が始まります。第2回はホームページにあふれるアイデアとその考え方をおうかがいしました。

ホームページの考え方 ~「面倒くさい」と思わせない~


チーフは東京で就職されていて、こちらに戻ってこられたんですよね。

フロンティア技研様HP
デザイン会社のようなセンスのいいホームページ。
「中央の動画も毎日更新します」

はい。東京では投資目的の不動産を販売する会社に勤めていました。夜遅くまで、休みもほとんどなく働くのが当たり前だったので、こちらで定時に帰れる生活にはものすごいギャップを感じましたね。
同じ不動産業とはいえ、まったく違う業態なのですが…。まずは電話で、いかに話を聞いていただくか、最初の30秒で切られないための話題などいろいろ考えました。それが今「かじって風水」や「ちょこっとスマホページ」などキャッチコピーを作るときに役立っています。

そのころのホームページはどんなものでしたか?

初期の@dreamユーザーにありがちなものでした。内容は充実していた方がいいし、同じ内容なら見た目がいい方がいい。「格好よくしたい」と思いましたよ。私はウェブ担当ですので、ドンドン改革していきました。
もともと、私は面倒くさがりなんです。お客様にもそういう方、多いと思います。だから私自身も、営業スタッフも、もちろんお客様にも、面倒くさくないホームページにしようと考えています。
「面倒くさくない」とは、たとえばどんなことですか?
たとえば物件情報の賃貸料についても、@dreamでは賃貸料そのものは大きく見えますが、実質的にはこれに共益費や駐車場代、この地域にはCATV費用などもあって、それらの合計が毎月必要です。「結局、いくらなの?」ってお客様の前でスタッフがその都度計算するのは面倒ですし、お客様をお待たせしてしまいます。ですので、私が全物件、あらかじめ計算して掲載しています。
また、これは入居時にだけ必要な金額なのか、1年に1度払うのか、毎月の費用なのか、項目だけではよくわかりませんよね。だから細かいのですが、【 】は入居時にだけ必要な費用、≪ ≫なら1年に1度、[ ]は…とルールを決めています。全物件が統一ルールで記載されているので、パッとわかり面倒なことはありません。
なるほど。ほかにもありますか?
弊社は@dream2000を使っているので、写真は各物件に20枚掲載できます。ですが、それは写真1、写真2…であり、タイトルを変更することはできません。そこで写真1は外観、2はリビング、3はキッチン、4はお風呂、5はトイレなどと、ここでもルールを決めています。キッチンを見たいときは、どの物件でも写真3を開けばいいんです。「あれ、どこだっけ?」では「面倒だからもういいや」ってなりがちですよね。それじゃダメなんです。
よくわかりますが、チーフはかなり面倒な作業ですよね?
私自身も先にルールを決めて、それに従って作業した方が迷わずに済みます。 ただ、途中でアイデアを思いつき、新たにルールを加えようというときは全部やり直しですから、かなり大変です。そうならないように、できるだけ初めからわかりやすいルールを作っておきたいと思っています。
御社のホームページは、情報量やリンクの多さもずば抜けていますね。
必要なものはすべて揃えておこうと思っています。弊社はわかりづらい場所にあるのでアクセス案内は特に詳しく、「動け!道案内」という動画も入れています。「昨日行ったけどお休みでしたね」なんてことにならないように弊社の休日カレンダー。申込書は「お越しいただかなくてもダウンロードできますよ」と言えますし、念のためADOBEソフトの無料ダウンロード先も。スタッフの顔写真はもちろん、動画まで掲載しています。現地待ち合わせのとき困らないように、社用車も紹介しています。「保証人の生年月日、西暦で何年だっけ?」ってときには「西暦年号早見表」がほしいし、郵便番号がわからないってこともありますよね。あのとき欲しかった情報は、すべて必要なんです。

ホームページのヒント ~いいものはすべて取り入れる~


たくさんのアイデアが盛り込まれたホームページですが、そのヒントはどこから?

ロンティー
ゆるキャラ、ロンティー。チーフが描いたイラストを
妹さんが制作。物件の調査報告やブログネタ
「今週のロンティー」など大忙しのマスコット

いろんなところから、ですね。デザインは不動産業者に限らず、あらゆる業種を参考にします。先日もある旅行会社のチラシを見て、日付の書き方が格好いいなと思って、数字のフォントを真似してみました。「いいな」と思うものはすべて取り入れます。それも自社に合わせるにはどうすればよいか、プラスαを考えながら。

デザイン的なことだけじゃなく、ですか?

はい。@dreamの交流会などでもヒントをたくさんいただきます。たとえば「物件のいい点も悪い点も書く」のは「いいな」と思いましたが、「全部書いたらオーナーさんから何か言われそう」です。そこでどうすれば取り入れられるかと考えて「マスコットを使おう!」と思いつきました。ゆるキャラ、ロンティーのひと言調査報告なら角も立たず、情報も盛り込めるかなって。
また@dream-Progreには鍵のかかるページがありますよね。多くの方は希望条件登録をされた方だけに見える非公開物件のページとしてお使いのようですが、こちらの地域では非公開物件がほとんどありません。ですがこの鍵つきページなら、賃料が減額になった物件情報を入居者に知られず掲載できるなと。今では希望条件登録の強力な動機づけにもなっています。でも弊社はまだ@dream2000を使っているので、鍵つきページは自分で作りました。
様々な手法を駆使されていますが、チーフはもともとパソコンが得意だったのですか?
いえ、まったく。東京のころは、エクセルで文書くらいは作れましたが、イラストレーターもフォトショップも使ったことはありません。「SEOって何のことやら?」でした。
必要に迫られて本を読み、ここまでやって来ました。ですから、希望条件登録が「カンタンすぐ」と書かれていても、よくわからないから「面倒くさそう」と入力しない、その気持ちがよくわかります。本当は簡単なのに。なら、その過程を前もって見せる。ソフトをダウンロードするとき、手順がすべて図解されているように、ここをクリックしたらこんな画面が出てきて、ここに名前を書くだけですよって図を見せる。そして「簡単だね」と実感してもらえれば、登録数も増えるんじゃないかと。

お店情報

店舗写真

株式会社 フロンティア技研
住所:〒403-0011
山梨県富士吉田市新倉2611
TEL:0555-23-1181 FAX:0555-23-1182
お問合せ先:info@v-frontier.com
お店HP:http://www.v-frontier.com/

編集後記

ホームページのアイデアは次々とあふれだし、ここには書ききれないほどでした。「面倒くさがりだから」とおっしゃるチーフですが、実作業はかなり細やかで、煩雑だと思います。「私の作業自体もルールを決め、エクセルで管理しています」とはいえ、「言うは易し、されど行うは難し」頭が下がります。
次回はホームページ以外について、お聞きします。ここでもキーワードは「ルール化」。どんな工夫が飛び出すのか、お楽しみに。

(取材・執筆  株式会社 物語ライティング)
第3回目へつづく >>