トップ >>  街の不動産屋さん >>  第83回 センチュリー21ハウジング流通様 1 >>   >> 

街の不動産屋さん
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?

連載インタビュー 街の不動産屋さん

第83回 センチュリー21ハウジング流通 代表取締役 徳田耕一 様

ホームページ http://www.hckobe.info
所在地 JR「三ノ宮駅」バス28分、「桂木1丁目」停留所徒歩1分
神戸電鉄有馬線「北鈴蘭台駅」徒歩15分
神戸電鉄有馬線「山の街駅」徒歩15分 地図
取材日 2013年3月1日

センチュリー21ハウジング流通 徳田耕一様
センチュリー21ハウジング流通 徳田耕一様

第83回は、神戸市北区の「センチュリー21ハウジング流通」様です。
神戸市の約44%を占める北区は、住宅地として開発された鈴蘭台や、温泉で有名な有馬町などがある地域です。今回は、北区内の物件を幅広くカバーする「センチュリー21ハウジング流通」の代表取締役である徳田様に、お話をお伺いしました。お店が拠点を置くのは、神戸電鉄「山の街」駅に近い桂木という街。神戸の中心地である三宮から、バスで約30分の場所にあります。かつて「関西の軽井沢」と呼ばれた鈴蘭台に近いエリアだけあって、涼しい気候と緑豊かな環境が特色。広々とした土地に、閑静な住宅街が広がっています。

会社について ~~家族でリピートしたくなるお店~


お店の周辺はどんな様子ですか?

お店の周辺
お店の周辺は閑静な住宅街。土地が広いので、
敷地面積100平米以上の住宅がほとんど

お店は、六甲山の北側にある住宅地の中にあります。鈴蘭台を含むこのエリアは、バブルの時期は高級住宅地として売り出されました。1990年頃から分譲が始まり、終わったのは2000年頃。最初の分譲から約25年経ったので、最近は、「そろそろ家を建て替えようか」と考える方も増えてきているようです。お店の近所を歩くと、当店を通して家を購入された方にたくさんお会いします。ありがたいですね。顔を合わせればご挨拶をするので、ぺこぺこしながら歩いていることもあります(笑)。

お客様はどのような方が多いですか?

30~40代のご家族が中心ですね。中には、「両親がお世話になったので、私もお願いします」と言ってご来店くださる方もいらっしゃいます。当店は、この場所で10年以上営業を続けています。ですから、かつてお取引をさせていただいた方のお子様が、結婚されて家を探すことになり、ふたたび当店を訪れてくださるケースが、結構あるんです。中学生や高校生だったお子様が、ご立派になられたお姿を見るのは、感慨深いものがあります。また、これは、当時のお取引に対して、ご家族が満足してくださった結果だとも思いますので、とても嬉しいですね。10年後や20年後も、「あの時の子どもです」「孫です」とおっしゃるお客様が来てくださるよう、努力していきたいです。
営業をなさる上で心がけていることは何ですか?
私たちのモットーは、「お客様の立場に立った、安心の家探し」です。不動産の売買は、人生に何度も起こるイベントではありません。物件を買い慣れている方や、売り慣れている方は、あまりおられないでしょう。専門用語は使わないように説明するなど、親切丁寧な対応を心がけています。接客のポイントは、明るい笑顔。お客様に「この人から家を買って良かった!」と感じていただくことが目標です。このほか、引越しを済ませたお客様には、毎回お花をお贈りすることにしています。決して高価なプレゼントではありませんが、お花を見て、お客様がひととき和んでいただければと思い、長年続けている習慣です。

@dreamを導入するまで ~コンピュータ好きが選んだ@dream~


自社ホームページを作ったのは、いつですか?

ホームページ
現在の自社ホームページ。さまざまな
角度から物件を検索できる

自社ホームページは、1999年の創業当初から設置していました。当時はホームページをもつ会社が少数派でしたが、「今後はインターネットを通して仕事をすることも増えるだろう」と考えて、いち早く導入したんです。まさか、こんなに普及するとは思っていませんでしたが…。私は大学で工学を学んだこともあり、コンピュータをいじるのが好きでした。他のスタッフと力を合わせて、ホームページ作成ソフトを使い、1からコツコツ作りました。

ホームページ開設当初、お客様の反響はいかがでしたか?

1999年の時点では、ホームページを見て連絡をくださるお客様は少なかったですね。でも、そのうちホームページを持つ不動産会社も増えてきて、不動産業専門のソフトが売られるようになりました。その頃には当社も、あるソフトを使って、サイト上で物件を探せるようなホームページを作っていました。とは言え、理想通りのページには程遠かったです。掲載できる写真数は少なかったですし、検索の機能も限られていました。我ながら「これではお客様も見難いだろう…」と思ってしまう出来ばえ。反響も思わしくありませんでした。
@dreamを導入したきっかけは何ですか?
以上のいきさつから、「もっと使いやすくて反響が出るサイトしよう」と考えて、ホームページを新しくすることに決めました。最初はWEB制作会社さんに相談をしましたが、制作会社さんにお願いすると、情報を修正するたびにお金と時間がかかってしまうんですね。情報を頻繁に更新しなければならない不動産業者にとって、それは少々不便です。そこで、社員がいつでも情報を修正できるような、新しい不動産業者専用のソフトを導入することにしました。@dreamを選んだのは、自由度が高く、好きなようにデザインが組める点に惹かれたからです。もともと自力でホームページを作っていたぐらいですから、自在にカスタマイズできるソフトの方が、私たちに向いていたのだと思います。

画像名

お店情報

店舗写真

センチュリー21ハウジング流通
住所:〒651-1223
兵庫県神戸市北区桂木2丁目2-1
TEL:078-583-5164 FAX:078-583-5944
お問合せ先:head@hckobe.co.jp
お店HP:http://www.hckobe.info

ライン

編集後記

1999年当時に、早々とインターネットの重要性に着目しておられた徳田様。ブログやSNSもない時代、自力でホームページを作り上げるのは、相当な苦労があったに違いありません。次回は、@dreamを活用し、個性的で充実した自社ホームページを作るまでの軌跡をお伺いします。

(取材・執筆  株式会社 物語ライティング)
第2回目へつづく >>