トップ >>  街の不動産屋さん >>  第83回 センチュリー21ハウジング流通様 1 >>   >> 

街の不動産屋さん
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?

連載インタビュー 街の不動産屋さん

第83回 センチュリー21ハウジング流通 代表取締役 徳田耕一 様

ホームページ http://www.hckobe.info
所在地 JR「三ノ宮駅」バス28分、「桂木1丁目」停留所徒歩1分
神戸電鉄有馬線「北鈴蘭台駅」徒歩15分
神戸電鉄有馬線「山の街駅」徒歩15分 地図
取材日 2013年3月1日

神戸市北区
ベッドタウンとして発展してきた神戸市北区。
高台に家々が立ち並ぶ

センチュリー21ハウジング流通様へのインタビュー、最終回です。講習会でさまざまなアイデアと知識を吸収し、個性的で充実した自社ホームページを作られた徳田様。今後の目標と、それを達成するための計画について、お伺いしました。

ホームページ以外で力を入れている点 ~重すぎず、軽すぎない追客メールを~


ホームページ以外で、力を入れておられることは何ですか?

お店のマスコット犬、うらんちゃん
お店のマスコット犬、うらんちゃん。
スタッフの一人として店頭に立つことも

最近は、メール追客にも力を入れています。一昔前は電話で追客をしていましたが、必要がない時に営業の電話が来たら、私なら「うっとうしいな」と感じてしまうと思います(笑)。その点、メールなら、お客様の都合で読むことも読まないこともできるのが利点ですね。追客メールは、「重くない内容」「ちょっと関心を持つような内容」であることをめざして、作成しています。ひな型の文章を作るのは難しかったですが、ITサポーターさんがアドバイスや文章の添削などをしてくださり、助かりました。

チームワークの強化も心がけておられるとか?

そうですね。不動産の営業は、どうしても個人プレーになりがちです。当店は抑えているエリアも広いですから、社内で混乱やトラブルが起きないよう、きちんと情報を整理することが大切です。毎日朝礼をして各自が報告を行うほか、誰でも書きこみ・閲覧ができる「新規情報ノート」を作って、あらゆる情報を全員で共有するように努めています。このほか、ホームページに新しい機能を取り入れたいときや、社内の営業方針を決めるときは、必ず全員に意見を聞いています。どのスタッフもしっかり自分の考えを持ち、反対意見も伝えてくれるので、とても心強いです。
「新規情報ノート」について、くわしく教えてください。
社員は皆、ほとんど一日中社外を走り回っており、お店に戻れば事務作業で大忙しです。全員が集まってじっくり会議をする時間は、なかなかありません。ですから、私たちは、社内で共有したい情報があれば、ノートに書き込むことにしています。ノートなら、各自が都合の良い時間に、書いたり読んだりできますよね。また、ノートの良いところは、記録がしっかり残るところです。言った・言わないでもめることはありませんし、過去にさかのぼって情報を探すこともできます。休暇を取るときも、他の社員に連絡事項を残しておけるので、便利ですよ。

今後の展開 ~買い主さんだけでなく、売り主さんにもアピールするサイトに~


今後の目標は何ですか?

デスク
日中、営業スタッフは外出することが多い。
事務所に戻ったら、デスクワークに集中

一番の目標は、物出しに力を入れることです。最近は、仲介業者さんが、売り物件を囲い込んでしまうケースも増えてきています。そこで、業者さんに頼るだけでなく、自社で売り物件をつかむことが、重要になると考えています。今までは、買い主さんをつかまえる作業に注力してきたわけですが、「買い主さんが多い」という事実は、売り主さんにもアピールになるはずです。これまでの実績を活かしながら、売り主さんの確保にも努めていきたいですね。競争相手はたくさんいますから、新しいことにはどんどん挑戦していかねばなりません。

物出し強化のために、計画しておられることは何ですか?

すでに、売り物件を募集するチラシを、毎週2万戸のお宅に届けています。地道な作業ですが、エリアを限定して定期的に大量のチラシを打っていくことは、基本中の基本ですね。そして今後は、ホームページを新しくすることも考えています。現在のホームページは、もっぱら買い主さんのために作られたサイトです。売り主さんにPRをするなら、もっとその立場に立ったサイトを作らなければ。たとえば、「会員登録をしている買い主さん〇〇名」などと表示すれば、売り主さんの関心を引けるかもしれませんよね。売り主さんを意識したホームページ作りについては、またITサポーターさんに相談させていただきたいと思っています。
最後に、お仕事のやりがいについて教えてください。
お客様に喜んでいただけることが、一番のやりがいですね。そのためには、決してウソをつかないことが大切です。物件をご紹介するときは、その利点と欠点を正直にお伝えします。また、ご家族の生活スタイルやご趣味をそれとなく伺って、それに合う条件があるかどうかもお知らせします。暮らし始めてからガッカリされることがないよう、私たちは、常に誠実かつ丁寧に対応しなければなりません。家を建てて、引越しを済ませて、笑顔で暮らしておられるお客様を見ると、本当に幸せな気持ちになります。

画像名

お店情報

店舗写真

センチュリー21ハウジング流通
住所:〒651-1223
兵庫県神戸市北区桂木2丁目2-1
TEL:078-583-5164 FAX:078-583-5944
お問合せ先:head@hckobe.co.jp
お店HP:http://www.hckobe.info

ライン

インタビューを終えて

理路整然とインタビューに応えてくださった徳田様。状況を冷静に分析し、ツールの特徴を見きわめ、着実に目標を達成していく堅実なお仕事ぶりがうかがえました。冷静でありながらも、柔らかい物腰は、暖かいお人柄を感じさせます。かつて取引をした方が「我が子の家探しも手伝ってほしい」と頼りにするのも納得でした。今後も、地域の方々が幸せに暮らせるよう、その手助けを末長く続けていかれることでしょう。

(取材・執筆  株式会社 物語ライティング)