トップ >>  街の不動産屋さん >>  第84回 エステート三和様 1 >>   >> 

街の不動産屋さん
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?

連載インタビュー 街の不動産屋さん

第84回 有限会社エステート三和 上山和敏 様

ホームページ http://www.sanwa-g.jp/
所在地 JR線「中津駅」徒歩7分 地図
取材日 2013年4月3日

向かいにある公園
近辺の子供たちやお母さん方が集まる公園。
賑やかな様子をカメラで撮ってブログにアップされることも

こだわりを持ってホームページを運営されている上山様。実はホームページにもっと別の意味を持たせたいと考えていらっしゃいました。
最終回は、上山様に今後の目標などについても伺いました。

ホームページ以外での工夫 ~来訪しなくてもいいシステム作り~


エステート三和様に来訪されるお客様は多いですか?
平常時の来客数は1日2~3人です。3~4月の繁盛期には10人以上の来客があり、順番を待っていただくことがあります。しかし順番待ちが続くとスタッフも対応が追いつかないので、現在はお客様に予約をしてから来訪してもらうようにお願いしています。
予約制にした理由は?
以前は来訪されたお客様に対してスタッフ全員で対応していたのですが、満足に接客をすることができないことが多々ありました。そのためお客様がすぐに他の不動産屋に行ってしまうこともあったので、思いきって予約制にすることにしました。2時間ということで、予約を入れてもらっています。その時間はお客様だけに集中することができ、上手くいけば物件の契約まで済ませることもできるようになりました。
1つの物件を見学する時間を15分と考えているので、3軒回って45分。残りの時間で、物件の詳細情報を伝えたり、ゆっくり検討して頂いております。
スタッフのみなさんの変化はありましたか?
予約制にしてからはスタッフも担当制にしました。予約をしてくださったお客様を最優先にしたので、時間にメリハリがつくようになりました。予約が入っている時間以外は自分の仕事に集中することができるため、仕事の効率も上がりました。
予約制にすると対応できるお客様の数は減ってしまいそうですが?
私としてはお客様にはなるべく来店されないようにしたいと考えています。ホームページをもう一つの店舗、インターネット店として、そちらでしっかりと接客できればいいと考えているからです。お客様が来店されて説明をした時に「もう、わかっていますよ」というやり取りができることが理想です。
目の前にお客様がいなくてもホームページやメールで接客をする。お客様にはホームページの中で物件を絞ってもらって、来店された時にはその物件だけを案内するようにできればと考えています。
ブログでも物件の情報や画像がたくさん載せられていますが?
ブログにはホームページに書ききれない情報、たとえば周辺の環境や画像などを載せるようにしています。写真は1軒15~20枚ぐらいは撮るようにしていますね。撮る場所はあらかじめ決めているので、リビング、バスルーム、キッチンという風に順番を決めて撮影しています。なるべく現状を伝えたいので、部屋が汚れている場合でもそのままの状態で撮影しています。それでもたまにお客様から「写真のイメージと違います」と言われることもあるので、今は少しだけよく見えるように心掛けています。

今後の目標 ~スマートフォンでも見やすいホームページ作り~


今後はどのようにやっていきたいとお考えですか?

中津市 八面山
中津市のシンボルである八面山。
地元の方にはこの八面山を見て
天気を予測される方も。

県外のお客様の成約率は、システムのおかげで上がりました。やはり画像などの物件情報をたくさん載せることによって、安心して契約できるということが一番大きいようです。
今後の課題としては、地元のお客様をどう増やしていくのかということですね。市内にはインターネットを使っているお客様が少ないので、その方たちにどうやってホームページを見てもらうかが重要です。ただ最近スマートフォンを持つお客様が多くなってきたので、スマートフォンユーザーの方にも見てもらいやすいホームページを考えています。そのためにリングアンドリンクさんにはスマートフォン向けのページを導入できるように、システムを追加してもらいました。
自分でもスマートフォンを購入したのですが、見にくいなと思う所がありますね。そこをどのように改善していけばいいか、考えているところです。
県外の方よりも地元のお客様の来客数を増やすことのほうが課題ですか?
県外の場合は法人契約を増やしていければ、もっと成約率は上げることができると思います。しかしそれ以外の時期に、地元のお客様の数をどれだけ増やすことができるのかが課題です。中津市は地域が広いわけではなく、人口も昔からほとんど変わっていません。地元の方に利用して頂くためには、もっと物件情報をわかりやすく提供することが重要だと考えています。
スマートフォンや携帯電話向けのホームページを作る際にはどのようなことに気をつけられますか?
物件情報などの文章は、今のホームページで問題はないと思います。パソコンやスマートフォンで画像を見る場合には拡大できるので、枚数や大きさなどを工夫しつつより見やすくしていきたいです。ただ携帯電話の場合はホームページの画像数も限られますし、拡大もできません。どのようにしたら物件についての情報を上手く伝えられるか、もっと考える必要があります。
オーナー様に対してはどのようにお考えですか?
オーナー様に対しては、もっとホームページを見て頂きたいと思っています。どうしても利便性がいいからという考えでなかなか家賃を下げられなかったり、新しい設備を取り入れないという方がいます。そのような物件はお客様にすすめることが難しいので「今はこのような新築物件が、このぐらいの家賃で賃貸されていますよ」と現状をお伝えします。その時にホームページの画像をお見せすると「うちもエアコンを付けることにしよう」「だいぶ築年数が経つから家賃を少し下げることにしよう」と考えて直してもらえます。
家にパソコンがないというオーナー様には、来店された場合にホームページを見てもらうので、なかにはがっくり肩を落として帰られるオーナー様もいます。ですがお客様の中には中古物件でも安ければ借りたいと考えている人もいるので、上手くマッチングをするためにもオーナー様側にどんどん提案ができるようになれればと思っています。

line

お店情報

店舗写真

有限会社エステート三和
住所:〒871-0027
大分県中津市上宮永2-145-1
TEL:0979-23-1212 FAX:0979-22-9090
お問合せ先:sanwa@sanwa-g.jp
お店HP:http://www.sanwa-g.jp/

line

インタビューを終えて

私からのどんな質問に対しても、ニコニコと穏やかに応対して下さる上山様。ホームページに対する思いをとても熱く語って下さり、今後はもっとホームページ上での接客を行なっていきたいとお話して下さいました。インタビュー途中でも来訪された方にはすぐに応対され、地元の方が来られた時にもにこやかに応じられる姿。2時間ほどエステート三和様にお邪魔させて頂いたのですが、その時間だけで「地元で慕われている不動産屋さん」の姿を見せて頂きました。
もう一つの店舗としてお客様に活用されているホームページと、お客様が訪れやすい実店舗。この2つを両立させるという新しい試みに、これからの新しい不動産屋スタイルを感じることができました。

(取材・執筆  株式会社 物語ライティング)