トップ >>  街の不動産屋さん >>  第88回 豊商住宅様 1 >>   >> 

街の不動産屋さん
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?

連載インタビュー 街の不動産屋さん

第88回 豊商住宅株式会社 社長 冨田 廣司 様

ホームページ http://www.hosho-j.com/
所在地 名鉄名古屋本線「前後駅」徒歩20分 地図
取材日 2013年7月2日

豊商住宅株式会社 冨田 廣司 様
豊商住宅の創業者である、冨田廣司社長

第88回は、愛知県豊明市の「豊商住宅株式会社」様です。
同社の冨田廣司社長は、32年前にこの場所で創業し、以来ひと筋に不動産業を営んで来られました。初めは自分ひとりだったスタッフも、今では5人に。豊明市をはじめ、隣接する名古屋市緑区や大府市、東郷町をエリアとし、自社企画の建売分譲の販売や仲介業を行い、地元にしっかりと根付いた存在として頼りにされています。
冨田社長に、不動産業の魅力や自身のこだわり、ソフトウエア「@dream」を利用した営業についてなど、幅広くお話をお聞きしました。

不動産業を始めたきっかけ ~百貨店営業マンからの転身~

お父様も不動産業を営まれていたそうですね。
はい、父親が名古屋市緑区で不動産屋を経営していました。
私は男2人の兄弟でしたが、私は不動産業にあまり興味はなく、大学卒業後、百貨店に就職しました。店舗でのお客様対応が仕事で、ハンカチを売ったりタバコ関連品を売ったりしましたよ。それなりにやりがいも感じていて、このまま働き続けていくと思っていましたね。
それがなぜ、お父様と同じ業界に入ることになったのでしょう。
百貨店で働き始めて3年のころ、父親が急逝したんです。本当に急だったので、対応中のお客様も数多くいました。「このまま店を閉めてしまっては申し訳ない」と、まず兄がその不動産屋を引き継ぐことに。「お前、宅建持っていたよな」と言われ、私も手伝うことになりました。宅建の資格は、学生時代に一応取っておいたんです。こんな風に役立つことになるとは、思ってもみませんでした。
それから2年、早い時期に独立されたんですね。
兄のところで不動産業に携わり始め、すぐにこの仕事の魅力に気づきました。「自分で企画ができて、儲けもついてくる。どうせなら自分で1からやった方が面白いだろう」と思い、早々に独立しました。それがこの、「豊商住宅」です。
豊明市は、父から兄へと引き継いだ不動産屋のある名古屋市緑区と隣接しており、近くに大きな団地がありました。「この団地の人たちへ一戸建ての購入を提案していこう」と考え、ここに店を構えることにしました。今から32年前のことです。

建売住宅販売へのこだわり ~土地探しから間取り図まで~

独立当初は、どんな様子でしたか。

店舗入口
店舗入口。
スタッフのお母様がお花の手入れを

まずは「豊明のまちで一生商いをしていく!」と覚悟を決めて、社名を「豊商住宅」としました。
社員は私1人。実際、何の人脈もないですからね。地元の方々に知ってもらうことから始めようと、この店舗でバザーをしたり、大工さんに作ってもらったまな板の販売会をやったりしました。そしてその売り上げを社会福祉協議会に寄付。すると市報の寄付者のところに名前が載るでしょ。そうやってまず「怪しいものではありません」というアピールから始めました。
その甲斐あってか、徐々にお客様は増えていきましたね。

「こんな不動産屋になろう」というイメージはあったのですか。

「自社で建てた建売分譲住宅を売れる不動産屋になろう」と考えていましたね。今、一般的に「不動産屋」というと「仲介業」というイメージではないですか?土地や中古住宅、マンションなどを販売する……。建売分譲にしても、どこかの大きな建売業者が建てたものを、不動産屋で扱っていますよね。
私がやろうとしたのは少し違います。自社で土地を購入し、そこをいくつかに区切って地元の大工さんに家を建ててもらう。地域柄や年齢層などを考えながら、家の間取り図も自分で引くんです。そうして建てた家が売れた時の喜びはすごいですよ。不動産屋と設計士と工務店を、全部自分のところでやったようなものですから。

高度成長期から現在へ ~建売だけではやっていけない~

「自社による建売分譲住宅の販売」という不動産業は、うまくいきましたか。

スタッフ 岩田典子さん
スタッフの岩田典子さんが作った
作品たちが、温かい雰囲気を演出

狙いは当たりました。豊明の団地に住む方々が、よく購入してくれました。建てれば売れる、という順調なスタートでしたね。ただそれは、時代の後押しも大きかったと思います。
やがてバブルが崩壊し、少子化が進み、インターネットが発達してくると、これまでのように「建売分譲住宅を作る→チラシをまく→お客様が来てくれる→自社の建売の良さを丁寧に説明する→購入」と、すんなり流れてはいかなくなりました。

何が変わってきたのでしょう。

ひとことで言うなら、お客様の知識量が増え、「自分らしい住まい」へのニーズが高くなりましたね。
普段、当店を訪れるお客様は、結婚して子どもが生まれて……という30代前半のご夫婦が多いのですが、来店のきっかけを「ネットで見て……」とおっしゃる方がかなり増えました。まずネット検索をして、「この家が良い」と、ある程度希望をもって来店されます。私たちも、ネットでどんなPRができるかが、勝負を大きく分けると感じざるを得ません。

お店情報

店舗写真

豊商住宅株式会社
住所:〒470-1131
愛知県豊明市二村台2-19-26
TEL:0562-93-1839 FAX:0562-93-1840
お問合せ先:home@hosho-j.com
お店HP:http://www.hosho-j.com/

編集後記

取材訪問を、スタッフの皆さんと一緒に、にこやかに出迎えてくださった冨田社長。「百貨店に就職したころは、まさか自分が不動産業をやるなんて思ってもみなかったけどね」と、これまでを振り返ってくださいました。
実直で温かい雰囲気をもちながらも「今日は印象アップにピンクのカッターシャツを選んだんだよ」と、お茶目な一面も。不動産業界への転身は、急展開ながらも今思い返せば必然だったのかもしれませんね。
次回は、社長はじめスタッフのみなさんに、@dreamの魅力を語っていただきます。

(取材・執筆  株式会社 物語ライティング)
第2回目へつづく >>