トップ >>  街の不動産屋さん >>  第91回 アイエステート様 1 >>   >> 

街の不動産屋さん
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?

連載インタビュー 街の不動産屋さん

第91回 有限会社アイエステート 取締役社長 赤山 俊寛 様

ホームページ http://www.ai-estate.com/
所在地 鉄工センターバス停より徒歩5分、
山陰自動車道米子東ICより車で15分 地図
取材日 2013年10月1日

有限会社アイエステート 赤山 俊寛 様
社長 赤山俊寛様
お客様をホッとさせる笑顔

第91回は、鳥取県米子市の「有限会社アイエステート」様です。
鳥取県西部地域である米子市、境港市、西伯郡、日野郡などを商圏とされています。
「大山や海、温泉など豊かな自然が身近にある、とても暮らしやすい所ですよ」と、郷土愛とともに仕事を語るのは赤山社長。
来店されたお客様のお話をじっくり聞き、温かい心遣いで細やかに対応されます。その誠実な人柄が、県内外の「アイエステート」ファンを増やしています。
自ら実施したお客様アンケートでは、多くの感謝の言葉が寄せられました。
その信頼の秘密は何なのか、お話をうかがいました。

お店について ~地元の人が利用しやすい場所へ~


この店舗は、商業施設の駐車場の一角にあって、とても良い立地ですね。

店舗外観
山陰自動車道米子東ICより車で15分。
国道の交差点に商業施設など目印が多い

ファミリーストアやリサイクルショップ、酒店、クリーニング店など利便施設が集積しており、町の人が集まる所です。地元の人であれば、所在地の説明も簡単にすみますし、その横は国道ですから、アクセスも抜群です。
この地域は、車が生活の手段です。一家に一台ではなく一人に一台という感覚ですから、事務所の前に広大な駐車場があるというのは、大きな強味ですね。「帰りに寄ってみようか」と、スーパーで買い物されたお客様が訪問される、といった「飛び込み」の方は増えてます。

ずっとここで営業されているのですか?

いいえ。独立して5年目にここに移りました。以前は、米子市内の中心部で事務所を構えていました。ビルの2階で、目の前が一方通行の道路なので、お客様に場所を説明しにくかったですね。それにそのビルには、他のテナントも入居していましたから駐車スペースも余裕がある訳でもなく、車で来られる方にはご不便を感じさせた事もあったかと思います。
会社設立の経緯を教えてください。
独立する前は、米子市内の不動産会社に勤務しておりました。転機は、一通り経験を積んで仕事が分かり始めた頃です。年上ですが測量設計に携わる知人と、「お互いの知識を出し合って、事業をやってみたら面白いのでは?」と盛り上がり、2人で共同経営という形で、2003年に会社を設立しました。36歳の時です。
その後、パートナーは、以前から行っていた本業の方に専念したいということで独立。以後、私と妻とで二人三脚でやっています。忙しい時には、パートやアルバイトにお手伝い頂きます。今年は、会社設立から満10年、不動産業に携わり20余年が経ちました。

「安心できる不動産」という方針 ~お客様にどう接するのか~


お客様はどんな層が多いのですか?

店舗前駐車場
商業施設の広大な駐車場。
車であれば、アクセスは抜群に良い。
アイエステート様の店舗は右上に。

地元の方が多いですね。 年齢層は幅広く、20代から80代の方までさまざまです。県外からも来られます。
商圏は鳥取県西部ですから、人口が約23万6,000人です。米子市は10月1日現在で、約15万人です。昔から米子市は、「山陰の大阪」といわれるぐらい商業が活発な所です。島根と鳥取の丁度真ん中あたりに位置し、企業の支店も多いんです。山陰の経済の中心地でもあります。

ホームページに方針を謳われていますね。

「安心」「安全」「確実」がモットーなんです。不動産業者というと、どうしても敷居が高いイメージがありますが、安心してこちらに不動産のことを任せていただきたいです。そのためには、お客様のお話は、じっくりとうかがいます。お客様には初対面の方が多いですが、なぜかどの方も他人と思えない気がしています。家族の一員になったつもりで、不動産についてのお悩みを解決したいと考えています。
サービス内容として、力を入れられていることは?
物件情報は、常に良い物、鮮度の高いものを満載しています。特に、売買物件は400件以上を揃えています。お客様の希望条件で、メールを発信。お客様のご希望にマッチした物件情報を即、メールでご紹介しております。
また、メールやお問い合わせ頂くすべてのお客様に、「お待たせしない」ということを、当社の基本としています。
常にお客様の目線で、ということですね。
そうです。最近、鳥取県西部地域ご出身で、高校卒業後の進学や就職等で他地域に移住された方々から、よくご相談をいただくようになりました。相続などで取得された物件の件などで、処分に困られるわけです。それを、売却や有効活用などお手伝いを差し上げると、「肩の荷が下りました」「ホッとしました」と言われます。その言葉が心に沁みます。地元で不動産業を営む者としてやりがいを感じています。
お店情報

店舗写真

有限会社アイエステート
住所:〒683‐0851
鳥取県米子市夜見町2921番地62
TEL:0859-21-2140 FAX:0859-21-2141
お問合せ先:info@ai-estate.com
お店HP:http://www.ai-estate.com/
編集後記

事務所のドアを開けるなり現れたのは、赤山社長のほんわかした笑顔です。お会いするなり、その誠実な人柄が伝わってきました。
とてもマメな方です。事前に問い合わせた質問項目に、すでに文書でお答えを用意されていました。お客様と面談されている際の懇切丁寧な対応が、すぐに目に浮かびました。
人が不動産会社を訪れる時は、進学、転勤、結婚、相続など、人生の転換期にあることが多いもの。そんな不安な心理な中、赤山社長に出会ったお客様は、「この人は信頼できるなぁ」と、とてもホッとするんじゃないかと思いました。
さて、次回は、@dreamの導入、ホームページを活用した情報発信についてうがいます。地域の特性に合わせたキメの細い対応に学ぶべきことがあります。

(取材・執筆  株式会社 物語ライティング)
第2回目へつづく >>