トップ >>  街の不動産屋さん >>  第92回 トラストワン様 1 >>   >> 

街の不動産屋さん
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?

連載インタビュー 街の不動産屋さん

第92回 株式会社トラストワン 代表取締役 川口 智也 様

ホームページ http://www.trust-1.jp/
所在地 つくばエクスプレス「つくば駅」、
常磐線「ひたち野うしく駅」より車で約10分 地図
取材日 2013年11月5日

株式会社トラストワン 川口 智也 様
社長 川口智也様
何でも相談したいな、と思わせる気さくな人柄

第92回は、茨城県つくば市の「株式会社トラストワン」様です。
商圏は、茨城県内のつくば市、牛久市、土浦市、阿見町など。川口社長のご自宅もつくば市にあり、地元で暮らす市民の目線で、地元に根付いた地域密着型の企業を目指しています。
一人の会社として、親身さと機動力を武器に、お客様にとことん寄り添い、その人のニーズを丁寧に聞き取ります。そして、知りえた得た情報を素早く届け、質の高いサービスを提供することで、日々、信頼を築いています。気さくな人柄の中に、自主の気風を持つ社長の魅力に迫ります。

お店の設立まで ~自主独立の生き方に合う仕事~


不動産一筋だそうですが、学生時代から不動産にはご興味があったんですか?

店舗外観
学園西大通りと国道354号線の交差点
「稲荷前」から西に入ると、
トラストワン様が入店する赤い建物が現れる。
左側の敷地に駐車スペースあり

就職する前から、ゆくゆくは一人で開業できる仕事をしたいと考えていました。
大学では神奈川県にある専修大学で商学を学んでいましたが、地元のつくば市でエクスプレスが開業に近づくにつれ、街全体の景気が盛り上がっていく様子を見ていて、ふと考えついたのです。ここで、不動産業をやれば面白いのではと。仲介業ですから、さまざまな人に出会え、仕事の内容も多様です。いつも人がやっていないこと、新しいことにやる気が出るたちなので、自分には向いていると思いました。

最初は、どこで経験を積まれたのですか?

「将来の独立を前提として働いてもいいよ」という地元の不動産業店に絞って探し、牛久市にある会社を見つけて就職できました。家族経営のアットホームな所で、社長も社員も誠実な人たちで良い雰囲気でした。
小さな会社でしたので、駐車場からアパートの賃貸、賃貸の管理・募集、売買の仲介、買取など、あらゆる仕事をこなせ、得難い体験をさせてもらいました。大手の会社に入社していれば、「売買の部署へ配属」となったりして、専門分野を習熟できたかもしれませんが、オールラウンドに仕事はできなかったでしょう。
4年経って、つくば市に支店を出すということで支店長を任されました。責任ある仕事を任されて、経営のやり方も身をもって経験できました。
辞める時は引き留められませんでしたか?
支店長を務めて4年後に辞意を伝えましたが、半年待ってくれと。でも、当初の約束どおり円満に退社し、平成19年に独立させてもらいました。
きついノルマもありませんでしたし、のびのび働かせてもらいました。社長や会社の皆さんには本当に感謝しています。

地域特性を読む ~お客様のニーズとは~


満を持しての独立ですね。お店はどんな所を特徴としていますか?

つくば駅周辺
アイアイモールと市立ノバホール。
駅周辺にはショッピングモールや
大型店舗があり賑わっている

開業当初から、@dreamのソフトを最大限に活用したホームページによる情報発信に軸を置いています。実は、独立前から不動産業界の情報公開は遅れていると感じていて、そんな旧体質を変えたいという意気込みもありました。

情報サービスとして力をいれられている点は?

お客様のご希望にマッチした物件の入荷情報は、すぐにメールでご紹介します。もちろんFAX、郵送なども行います。お客様が「誰よりも早く、良い情報を入手できる」を常に心がけています。
また、ホームページ掲載物件以外にも流通しているすべての物件に対応します。ポータルサイト、他社からの情報、他社の現地看板など、流通している不動産情報すべてに対応可能です。売却依頼された物件は当社のホームページで無料掲載しています。また、お客様のご要望に合わせて、優良ハウスメーカー・地元工務店・リフォーム業者をご紹介できるのも強みです。
ホームページでは、あえてデメリットも挙げられていますね。
営業は基本的に代表の私一人がやっている、ということ。そこで「事務所不在の場合が多いので、ご来店の際はご予約いただければ助かります」と明示しています。
それから当店が駅から遠いこと。最寄り駅はから車で10分なので、電車にてご来店の方は送迎しています。
お客様はどのような層が多いですか?
まず商圏ですが、つくば市、牛久市、土浦市、阿見町などで、取り扱うのは、戸建て、マンション、土地などとなります。中古物件は少ないですね。
当店のあるつくば市は、筑波研究学園都市として開発が進んでおり、人口は今も増え続けています。市内には、国や大手企業の研究機関が多数あります。
だから公務員である研究者のお客様は多いですね。子育て世代の30代40代の方たちでもあるので、学校区はとくに気にされますし、事前によく調べてもこられます。この層が、市内開発地域の高額物件をよく購入されます。
一方で、通常クラスの安価な物件を求められる方も多く、両極端な感じです。
エクスプレスが開通してからは、逆に学生の方は少なくなったようです。都心へのアクセスがよくなったので、下宿はせず、都心のご実家から通われるケースが増えたようです。
住宅会社との連携は緊密になされていますね。
ホームページから問い合わせされるお客様が3割ですが、実はハウスメーカーなどの住宅会社からのお仕事は7割で大きな割合を占めています。
流れとしては、メーカーの営業の方が、お客様の土地を探されて私の方に話を持ってこられる。その後、住宅の契約から引き渡しまで進んでいくという、土地と住宅がセットの場合が多いですね。また、土地を探されているお客様で、まだ建て物が決まっていない方を、メーカーにご紹介することも行っています。
お店情報

店舗写真

株式会社トラストワン
住所:〒305‐0062
茨城県つくば市赤塚502番地57
TEL:029-828-5755 FAX:029-828-5756
お問合せ先:info@trust-1.jp
お店HP:http://www.trust-1.jp/
編集後記

インタビュー中でも、よく朗らかに笑われる川口社長。とても気さくな人柄です。初対面で向かい合ってすぐ、「初めて会った気がしないなぁ」という親密感を覚えてしまいました。
優しい雰囲気の方ですが、自主独立の気風をお持ちです。お話していて、一人で会社を運営するのは、自分なりの考え方で、じっくり仕事に取り組んでいくため、という骨太の意志を感じました。
また、開業当初より、不動産業においては、「情報」こそ重要と認識されています。だからこそ、お客様のさまざまな要望には、ニーズに合った情報を、的確に取捨選択し、惜しみなく提供されています。
次回は、@dreamの導入、ホームページに対する独自の考え方をうかがいます。川口社長の「情報発信」に対する秘めたる情熱を感じていただければと思います。

(取材・執筆  株式会社 物語ライティング)
第2回目へつづく >>