トップ >>  街の不動産屋さん >>  第92回 トラストワン様 1 >>   >> 

街の不動産屋さん
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?

連載インタビュー 街の不動産屋さん

第92回 株式会社トラストワン 代表取締役 川口 智也 様

ホームページ http://www.trust-1.jp/
所在地 つくばエクスプレス「つくば駅」、
常磐線「ひたち野うしく駅」より車で約10分 地図
取材日 2013年11月5日

洞峰公園内の池
つくば市民の憩いの場となっている洞峰公園。
池の周囲は、散策やジョギングコースとして親しまれている

地場の不動産会社で8年の修業後、独立して6年の川口社長。お子様も生まれ、子育て世代のお客様のニーズを身を持って理解できる年齢になったとのこと。ホームページで情報発信する同業他社が過当競争する時代に、どうお客様と出会うか。
今、模索されていること、考えていることを、ざっくばらんに話していただきました。

不動産業の在り方とは ~プロとしての情報を提供する~


ホームページでの情報発信について課題はありますか?

店内風景
整理されたクリーンな店内。
打ち合わせをする中央テーブルに
つくば市内の地図がある

これはホームページを持つ不動産会社全体の課題だ、と思うことがあります。
他社で聞いた話なのですが、お客様が、ホームページで紹介している土地を気に入り、地図を頼りに現場に行った後、その不動産会社を通さず、直接持ち主と契約されました。しかし、購入後、間違った敷地であることに気づいたそうです。開発地域でも何番地とかは出ていないので、素人の方の判断では正確に敷地を把握することは困難です。
しかし、お客様がホームページだけの情報で、物件を売買することが増えているようです。
これはお客様にとってリスクが高いことです。不動産は大変高額な商品でもあるわけですから、それを扱う専門家としての私達自身が、もっと自分の仕事をアピールしなければなりません。

不動産店に対する警戒感が、まだ一般社会にあるのでしょうか?

あると思いますね。不動産情報は、事実上、世の中に大量に「流通」しています。極端を言えば、全国どの物件でも、お好きな不動産から購入できます。しかしそんな便利さにも気をつけなればならないことがあります。どこの会社から、また誰から購入するか、ということでサービスの内容が大きく変わるからです。
お客様がそれぞれの不動産店を見極める必要がありますね。
そのためにも、不動産店側も、どんな顔の経営者と担当者がいて、どんな考え方で仕事をしているのか、共感を得られるように示さなければと思います。その唯一のツールが、私にとってホームページということです。そして私のところに来ていただいたお客様には、物件のメリット、デメリットをきちんと説明して、ご購入を判断いただけるようにしたいです。

今後の展望


今後、どのような事業展開を考えてますか?

洞峰公園内
近代都市つくば市において、
ほっとする洞峰公園内の風景
 

当初から一人で会社を切り盛りしたいということがありますから、今後も人は雇わず、現在の規模でやっていくつもりです。
今のスタイルであれば、お客様と一対一でじっくり向き合えますから。人から監視されずに自由にやりたいだけかもしれませんが。
現在、つくば市内などは、新築物件が活発に動いていますが、ここ10年もしたら中古物件が市場に出てくるでしょう。だからそれに備えて、中古住宅に対応する保険も取り扱うようにしています。不動産業界ではまだ注目されている分野ではありませんが、将来、ニーズが高くなってくると思います。

不動産業に対する想いをお聞かせください。

店名である「トラストワン」は、「信頼一番」という意味です。
私は、信頼を元手に、お客様にとって一生に一度のお買いものを、満足していただける仲介の仕事にやりがいを感じています。
ところで、母親が結婚相談所をやってますが、不動産業と似ていますね。人と人のマッチングが、人と物件のマッチングになるだけですから。お客様のさまざまな要望をじっくり聞いて、本当に求められるものと出会われる手助けをしているわけです。
結局、人が好き、ということだと思います。
お店情報

店舗写真

株式会社トラストワン
住所:〒305‐0062
茨城県つくば市赤塚502番地57
TEL:029-828-5755 FAX:029-828-5756
お問合せ先:info@trust-1.jp
お店HP:http://www.trust-1.jp/
インタビューを終えて

「トラストワン」の店名の意味は、「信頼第一」。実に平凡な言葉です。しかし、お話を聞くうち、それが不動産業を営む上で、とても大切なことだと感じました。
人が不動産の売買にかかわるときは、人生の転機であり、生涯の中でとてつもない大金を動かさなければなりません。だからこそ、仲介する不動産会社は誠実で明朗でなければなりません。川口社長は、ホームページを駆使し、徹底した情報公開によってそれを示しています。日々、ご自身の人柄から考え方まで詳しく発信し、また鮮度の高い不動産情報を伝えています。そして、お客様からレスポンスがあれば、より精度の高い情報を、惜しみなく提供されます。
川口社長は、不動産会社とお客様の幸福な出会いを、一つひとつ、着実に積み重ねられているように思いました。

(取材・執筆  株式会社 物語ライティング)