トップ >>  街の不動産屋さん >>  第93回 第一住創様 1 >>   >> 

街の不動産屋さん
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?

連載インタビュー 街の不動産屋さん

第93回 ~連載第2回目~
株式会社第一住創
店長 森山 賢治 様
ホームページ http://d-juso.com/
所在地 つくばエクスプレス「八潮駅」徒歩1分 地図
取材日 2013年11月15日

キッズスペース
清潔なキッズスペースで
お子様連れでも安心!

2010年12月に@dreamを導入された第一住創様。初期の導入作業はなんとか終えても、更新作業にかなり苦戦を強いられたようです。「とりあえずやってみて、上手くいかなかったら、その時考える」社風のとおり、スタッフでどうすれば「宝の持ち腐れにならないか」を検討したと言います。
第2回は@dreamの運用やホームページの考え方などについてうかがいます。@dreamを使いこなすために、第一住創様はどんな作戦を練ったのでしょうか。

@dreamの運用について ~ホームページ担当を増員~

導入期の物件入力作業はどなたが担当されたのですか?

第一住創様HP
真ん中に最新物件リポートが。
ブログも更新中。

森山様

営業スタッフが手分けをして入力しました。と言ってもレインズにある情報をコピーしただけの状態でした。「とにかく物件の数だけは揃えた」と、ホッとしたのも束の間、すぐに更新作業が滞り始めました。契約済みになった物件が残っていたり、新規の物件が入力されてなかったり。これでは「@dreamなどホームページを専門に担当してくれる人が必要だ」と、切実に感じましたね。

そこで、ホームページ担当、黒崎様の登場ですね。

森山様

はい、営業としては本当に助かりました。日々の営業活動と並行しながら、@dreamの作業も進めるのはかなり厳しくて…。彼女がテキパキこなしてくれたからこそ、今も@dreamを活用しているのです。

黒崎様

私は不動産業界で働いた経験はありましたが、入社当時、パソコンの腕前は趣味程度。@dreamの作業を進めながら、何とかここまで習得しました。最初は、更新と物件の情報量を増やす、特に写真やコメントを増やしていく作業でしたが、不慣れなうえ作業量も多くて大変でした。
@dreamを運営する上で、黒崎様が特に注力されているのはどこですか?

黒崎様

特別な事ではありませんが、写真をたくさん掲載したいと思っています。新規物件をいち早く撮影するのはもちろんですが、新築戸建は更地から骨組、そして外壁が張られてからと、表情がまったく違いますので、その都度、様子を写真や動画で伝えたいと思っています。
また、撮影に行くときは、それぞれの建物の向きによる日当たりの違いを考慮して、まわる順番を決めています。でも、動画の撮影では通行人や隣家の人が映らないようにタイミングをはかるので、どうしても時間が掛かってしまいます。なるべくたくさんの物件を撮影したいので、いつも焦りながら仕事をしています。
写真やビデオは撮影後の作業も大変だと聞きますが。

黒崎様

写真の加工やコメント入力に時間が掛かります。まずは、他社のノボリや車のナンバーなど写ってはいけないものを消します。コメントはそれぞれの写真ごとに入力するのですが、大きな分譲地だと、同じようなコメントを多くの写真に入れることがよくあります。そんなときいつも、「コピー&ペーストとかで簡単に入力できるシステムがあれば良いのに」と思います。それと自動距離測定機能も追加されればありがたいですね。
最後にアップする際には、最新の写真が先頭に来るよう配置をならび変えます。これは旧バージョンより使いやすくなりました。
物件掲載や更新は黒崎様がご担当、では、お客様からの問い合わせメールなどの対応は?

森山様

お客様から具体的なレスポンスがあった場合は営業が対応します。営業はお客様の要望を聞き出しながら、質問の答えだけで無くプラスアルファの情報も併せて返信するように心掛けています。黒崎さんにはマッチングメールの一斉送信など、まだ希望条件の登録のみのお客様を一手にお任せしています。でも実は、黒崎さんの仕事が大切なんです。「多くのお客様にさらに興味を持ってもらい、如何に具体的なアクションを起こしてもらうように働きかけるか」、ここが黒崎さんの役割で、これがなければ何も始まりません。おかげでアクセス数は、約32%もアップしました。

ホームページの意義 ~信用と親近感~

駅近なので来店客も多いと思いますが、そのうえでインターネットを重視される理由は?

スタッフの皆様
和気あいあいのスタッフの皆様。
「困ったら皆で話します」

一般のお客様にとって不動産の売買は、まだまだ分かり難く、心配事もつきないと思います。ですから、なるべく分かりやすく、様々な疑問にもお応え出来るように、情報を発信していくことが大切だと思います。それにはインターネットが不可欠です。

では、ホームページで伝えたいことは何でしょうか?

当社がホームページでもっとも伝えたいのは、もちろん物件情報ですが、八潮市を知り尽くしている第一住創だからこその、早くて、正確で、分かりやすい情報発信となるように心掛けています。これには毎日のメンテナンスが重要で、決して簡単ではありませんが、スタッフ全員が力を合わせて行っています。是非、八潮の物件の情報源としてご利用いただきたいと思います。
次に、はじめて当社のホームページをご覧いただく方にも、当社をよく知ってもらい、少しでも親しみを感じてもらいたいと思っています。その為、全員の顔写真やプロフィール、ブログも公開していますので、こちらもご確認いただきたいと思います。
営業さんそれぞれがブログを持たれているのですか?
はい。おじさんスタッフにはちょっと厳しいのですが、少しでも身近に感じていただければと頑張っています。スタッフ同士でも、「あの人はうまいなあ」などと、文章を参考にしあったりしています。ブログには、地域のレアな情報やスタッフ個人の趣味なども書いていますので、ぜひ、お楽しみいただきたいと思います。
また、黒崎さんには物件レポートを書いてもらっています。営業スタッフとは違うお客様目線に近い立場なので、とても好評です。イラストもかわいいんですよ。
お客様の反響はいかがですか?
反響の数としては、今はインターネット経由のほうが多いですね。ネット経由が6割で、来店などが4割といったところですから、これからも益々、ホームページに力を入れたいですね。最近はスマホの画面を示しながら、「この物件見せて」と、来店されるお客様も増えてきました。
また、ずっと飛び込みでのご来店だと思っていた方から、ずいぶん後になって、「じつは、ブログを読んでますよ」って言われたりして…。しっかり見てくださる方もいるんだから、ちゃんと書かなきゃと思います。ちょっと恥ずかしい気持ちもありますけど…。
お店情報

店舗写真

株式会社第一住創
住所:〒340-0822
埼玉県八潮市大瀬788-1 TXアベニュー八潮
TEL:0120-840-813 FAX:048-997-5579
お問合せ先:info@daiichijuso.com
お店HP:http://d-juso.com/
編集後記

日々の営業活動と@dreamの作業を両立するのは、やはり大変だと思います。スタッフの皆さんは、自分たちの声を聞き専属の方を増員した会社への感謝、ありがたさを話されます。ですが、それが実現したのは「とりあえずやってみてダメなら、その時また考えよう」とみんなで考える、助け合う土壌があったからではないでしょうか。和気あいあいとした第一住創様だからこそ生まれるもの。最終回は、第一住創様の強みについてうかがいます。

(取材・執筆  株式会社 物語ライティング)
第3回目へつづく >>