トップ >>  街の不動産屋さん >>  第94回 アートタウン様 1 >>   >> 

街の不動産屋さん
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?

連載インタビュー 街の不動産屋さん

第94回 ~連載第1回目~
株式会社アートタウン
代表取締役 徳江 梓 様
ホームページ http://www.art-town.co.jp
所在地 JR両毛線「前橋」駅より徒歩約12分 地図
取材日 2014年1月9日

株式会社アートタウン 徳江 梓 様
社長 徳江梓様
いつもお客様に誠実に向き合う人柄。

第94回は、群馬県前橋市の「株式会社アートタウン」様です。
「お客様の住まいさがしの場に」にと、充実したホームページづくりに全力をそそがれています。商圏である群馬県前橋市の不動産サイトでの情報量は、地域でも群を抜くもの。2013年には「@dream特別賞」を受賞し、ホームページや企業姿勢が高く評価されました。徳江社長が発想の原点とするのは、「お客様の視点」です。そこからサイトのつくり方、業務内容からスタッフ教育まで徹底的に考え、実行。また、地域においての不動産業の在り方とは何かを問いながら、毎日の業務を丁寧に積み重ねられています。
生真面目さの底に流れる、社長の秘めたる情熱をうかがいました。

お店の設立まで ~不動産業をあらゆる角度で経験~

どのような経緯で不動産業界に入られたのですか?

前橋駅
JR両毛線「前橋」駅南口で「水と緑と詩のまち」
前橋の南玄関。ここから徒歩12分で店舗へ。

社会に出て最初に就職したのが、電気通信工事業の会社です。光ファイバーケーブルなどの現場工事に携わりました。しかし仕事を受けて黙々と作業するより、仕事自体を自分で取りに行く営業をしてみたいと思うようになりました。
そんな時、中学時代の先輩の紹介を得て、建売販売をメインとする総合不動産会社に転職。これが不動産業界へ入るきっかけです。そこでの営業の仕事はとてもやりがいがありました。商品なら売って終わりですが、不動産の場合は売買後もお客様が営業担当としての私の名前を憶えてくださるからです。この仕事をやっていきたいと思いました。
何年勤められたのですか?
6年です。主に売買仲介・自社物件販売・注文住宅の受注・中古住宅・土地などの仕入れ業務を経験しました。6市町村を転勤し、幅広い地域での市場性や地域性を身をもって知ったことが良かったです。不動産業の基礎をしっかりと積み、ゆくゆくは独立したいと決心しました。
その後、2店の不動産会社に勤められます。
経験していないことを積極的に学ぼうと考えました。
二社目ではフランチャイズチェーンにも加盟している大手不動産会社に就職。仲介業売買をメインに、収益物件や賃貸管理を多く手がけました。最初の会社のお客様はエンドユーザーでしたが、ここでは業者が主で、まるで仕事のやり方が違うことが面白かったです。
給料の体制など経営管理の点でも勉強になりました。
三社目は不動産売買専門の会社に就職し、不動産売買・受託業務・任意売却業務などを行いました。小さな会社で働いてみて痛感したのは、むしろ大手の会社が持つブランド力でした。大手の店を訪れるお客様は、会社の規模に信頼を寄せて、最初から「買おうかな」という方向です。しかし、小さい会社では、同じことをやっていても信用度は薄いので、より提案力が勝負になってきます。その差はすごいと感じました。

どこに軸足を置くか ~第一はホームページの充実~

開業されたのはいつです?

けやきウォーク
美しいけやき並木に囲まれた「けやきウォーク前橋」。
ショッピングやグルメのお店など専門店が集まる。

2010年12月27日です。丸3年となり、今年で4年を迎えます。
当初、前橋市か高崎市かどちらで開業しようかと悩みました。前橋市は県庁所在地で人口も安定していますし、全体的に所得層が高い。上場企業もあります。一方で、高崎は商業都市で新幹線もきていますし、人口も伸びています。地価の高さ、物件の動きは、高い方から順に高崎市・前橋市・伊勢崎市となります。
結局、手堅く前橋市からスタートすることにしました。幸い事業は順調で、理想とするペースではありませんが、高崎市に支店を持つことができました。
御社の特徴とされているところを教えてください。
商圏としては、前橋市全域、そして高崎市や伊勢崎市などの前橋市周辺をカバー。業務は新築・中古住宅・土地・アパート・マンション・事業用物件・投資物件の取引となります。広告媒体のメインをホームページで行っており、このエリアでの売買物件の情報量には地域No.1の自信があります。その日の情報はその日のうちにアップし、最新情報をお客様にメールやパソコン、携帯電話へお届けしています。
何よりもホームページの物件情報の充実に全力をそそいでいます。その一番の目的は、「お客様自身に住まいさがしをしてもらう場所をつくる」ということです。不動産会社として無理強いして、「これが良いです」と提案することはしません。
実際の利用状況はいかかですか?
アクセス数は着実に増えています。当社にご連絡、また来られる多くのお客様は、当社のホームページをかなり下調べされてます。
実際に探すとき、2、3件を見て決めるより、30件を見て決めた方がいいわけです。しかし、仕事の合間の休日一日で30件を見て決めるのは難しい。それでネット配信で密度濃い情報をご提供できれば、お客様がご自身で事前に物件を絞ることができます。
不動産以外の相談もさまざまに受けさせていただいています。住宅ローン・相続相談・住宅ローン控除などの税務相談が多いですね。住宅リフォーム相談も対応しています。
お客様はどんな層が多ですか?
20代後半から40代後半が多いですね。50代60代になると売却相談が主になります。
前橋市や高崎市は所得層の高い方が多く、自己資金を溜めて現金で買う方も結構おられます。税金に関してはよく勉強されています。だから私どももきちんとした準備が必要です。メールでご相談いただけると一番いいですね。しっかり確認した上で正確な情報を提供できますから。
県外で一番遠い方では、鹿児島のお客様がおられました。また、東日本大震災以降、東北の方からの問い合わせもあります。遠方からの問い合わせでも、メールのやり取りを密に行い写真なども送るので、物件の詳細は把握いただけているようです。
お店情報

店舗写真

株式会社アートタウン
住所:〒371‐0801
群馬県前橋市文京町1丁目40番15号
TEL:027-288-0122 FAX:027-288-0133
お問合せ先:info@art-town.co.jp
お店HP:http://www.art-town.co.jp
編集後記

質問すると、いつも明快で丁寧な答えを返される徳江社長。常日頃から、会社の方針、展開について一つ一つ考え抜かれていることが分かります。課題は何か、それに対して何をすべきかと、先へ先へと思考を進められるタイプの人かなと思います。でも人当りは柔らか。お客様の話をじっくり聞く、聞きの構えをお持ちです。
だから大手不動産会社に勤務され続けたとしても、大いに活躍されたはずです。あえて小さな会社にも転職して経験を重ね、満を持しての独立。
ご自分のやり方で不動産業を極めていきたい、そんな強い思いを感じました。
徳江社長が熱く思い描く不動産会社の姿は、アートタウン様のホームページにかいま見ることができます。次回に詳しくご紹介いたします。

(取材・執筆  株式会社 物語ライティング)
第2回目へつづく >>