トップ >>  街の不動産屋さん >>  第95回 ハーバルホーム様 1 >>   >> 

街の不動産屋さん
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?

連載インタビュー 街の不動産屋さん

第95回 ~連載第1回目~
ハーバルホーム株式会社
店長 湯浅 貴裕 様
ホームページ http://www.herbal-home.net/
所在地 JR高崎線「北上尾駅」より徒歩15分、
「桶川駅」より徒歩10分
車をご利用の方は、旧中山道沿い 地図
取材日 2014年2月4日

ハーバルホーム株式会社 湯浅 貴裕 様
店長 湯浅貴裕様
話題が豊富で、ソフトな対応をされる方

第95回は、埼玉県上尾市の「ハーバルホーム株式会社」様です。
「電話をかけないメール応接」をモットーに、お客様へ密度濃い情報を提供する気鋭の不動産会社。商圏は上尾市に絞って、「このエリアの不動産情報はすべて網羅したい」と、日々、現地に足を運び、深く細やかな情報をホームページに更新されています。
2013年には、湯浅店長のたゆみない努力が評価され、@dream新人賞を受賞。設立3年目で、業績を着実に伸ばされています。真面目だけれども、しなやかな、新しい不動産会社の姿を取材させていただきました。

不動産業に至るまで ~多様な業界を経験~

開業にいたるまでの経緯を教えてください。

北上尾駅
JR高崎線・北上尾駅。店舗は、この駅と
北隣の桶川駅の真ん中に位置する

大学を卒業して、大手宝石店に就職し、伊勢丹本店で店頭及び外商販売スタッフを務めました。当初から独立志向がありましたので5年で退職し、ポータルサイトを運営する会社を設立。携帯電話やコピー機のトナーカートリッジなどをネット販売しました。当時は行政の支援もあってIT産業がバブルの時期。私の会社はネット業界で注目されました。しかし労のわりには満足感はなく、「虚業」のように感じてしまい閉店。
そこで一度立ち止まります。社会に出て以来、富裕層を相手にする仕事が多く、収入も十分にありました。でも「儲かるだけでいいのか? 『お金』とは何だろう?」と改めて問うようになり、もっと意義ある仕事がしたいと考えました。それで地元の埼玉県本庄市に帰省し、社会活動に従事。
充実した時間を過ごしましたが所謂いなかの“しがらみ”と折り合いが悪く、身を立てるために大手ガス会社の子会社に就職することに。同社ではスタッフ15名ほどを統括して、埼玉県内の不動産会社、建設会社、設備会社を回る仕事を担当しました。そこで不動産業の仕事を知るようになり、自分でやってもうまくいくのではと、2010年にハーバルホームを開業するに至りました。
波乱万丈ですね。上尾市で開店されたのは?
住まいのある本庄市で店を持っても良かったのですが、親戚や知人がいない地域で純粋にこの企業の力だけで勝負したかったのです。その反面、となりのさいたま市北区を拠点に仕事をしていたせいで、土地勘はかなりありました。
埼玉県内で物件が一番動くのは当然さいたま市でしょうが、広告宣伝費も大きくなります。いきなりそれは無理なので、すぐ北に隣接する上尾市を選びました。
前職での仕事内容が設立地選定にも活かせました。
昔から徹底して足を使った活動が得意で、池袋駅から徒歩15分圏内のすべてのドアをたたいたこともあれば、多いときには年間では延べ8万件回っていましたので営業には自信がありました。

骨格とすること ~お客様本位の姿勢~

現在、商圏は上尾市に絞られていますね。

上尾駅
上尾市の中心市街地にある上尾駅。
ここから上尾運動公園や
さいたま水上公園まで徒歩10分

そうです。一昨年は、埼玉県北から東京都の荒川区までの物件を扱い、現地販売していました。でも、移動時間もかかって手が回らず、お客様へのサービスも不十分に。それで昨年より、上尾市に特化して、徹底した地元密着型の経営に切り替えました。

御社の特徴を教えてください。

その前提として、まず「エリア内の物件情報をすべて提供する」ということ。戸建て、土地から投資物件まで、上尾市の不動産情報はすべてホームページに掲載するようにしています。会員登録していただければ、その情報をお客様がご自宅に居ながら確認いただけるわけです。
もうひとつは、「メール応接」。お客様に、私どもホームページより、希望条件を登録いただくと、最新物件情報をこちらからメールするということです。そして、私どもの方からは、お客様へ電話をいっさいかけません。やり取りは原則メールで行います。
不動産業者は、午後7時から8時に電話をかけがちですが、その時間帯はたいてい帰宅途中であったりお食事の用意をしておられます。そんなせわしい時に、一生の買い物について話すのは失礼かなと思っています。そのかわり、こちらからはメールを送ります。気になる物件や、希望する条件をもっと詳しく伝えたいと思われた時、ご都合よい時間に返信いただければ、お客様の希望条件を更新いたします。
お客様はご自身のペースで不動産選びができますね。
今までの不動産会社にありがちな、「ご来店いただいた方を、即決断させる」という風潮には一線を画したいと考えています。決めるまで帰さないといった状況を作り購入までもっていくやり方が、不動産会社のイメージを悪くしてしまっているのではないでしょうか。長く住まう家を購入するわけですから、お客様には十分に探したという充実感を得た上で、満足感を高めてほしいのです。
お店情報

店舗写真

ハーバルホーム株式会社
住所:〒362‐0001
埼玉県上尾市上町62番13号
TEL:0120-38-8086 (さぁ ハーバル)
FAX:048-770-1186
お問合せ先:yuasa@herbal-home.net
お店HP:http://www.herbal-home.net/
編集後記

幅広い職歴の持ち主の湯浅店長。さまざまな業種の営業を経験されているのか、物腰は大変柔らかです。お話の中で、いつもお客様の気持ちを察する姿勢が伺えます。こうしたことが「メール応接」の徹底につながっているのだと感じました。
また、店長は博識で、どの話題にも思わず引き込まれてしまいます。非常な勉強家で、一端興味を持てば、そのことを深く掘り下げて学ばれるそうです。すべきことは全部行う、という貪欲さも人一倍という印象。お客様のどんな質問にも答えられるよう常に準備をされています。
次回は、ハーバルホーム様の魅力がたっぷりとつまったホームページとその考え方をご紹介します。

(取材・執筆  株式会社 物語ライティング)
第2回目へつづく >>