トップ >>  街の不動産屋さん >>  第96回 上原不動産事務所様 1 >>   >> 

街の不動産屋さん
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?

連載インタビュー 街の不動産屋さん

第96回 ~連載第1回目~
株式会社上原不動産事務所
代表取締役 上原 明夫 様
ホームページ http://www.fudo-san.jp/
所在地 高松琴平電気鉄道志度線「原駅」「房前駅」徒歩8分 地図
取材日 2014年4月11日

株式会社上原不動産事務所 上原 明夫 様
80歳の大ベテラン、上原明夫代表取締役。
この街のことなら何でもお任せだ

第96回は、香川県高松市の「株式会社上原不動産事務所」様です。
牟礼(むれ)は海産物と石材で有名な、のどかな港町。牡蠣イカダが浮かぶ穏やかな瀬戸内、その海岸線に沿ってゆっくりと走り抜ける“ことでん”……初めて訪れたのに何だか懐かしい気持ちになる、古き良き“昭和”の面影を残す街です。
そんな地域に愛されて約50年、地元でも指折りの歴史と密着度を誇る「上原不動産事務所」様。@dreamを導入した時期も、四国で一・二を争うほど早かったというベテランユーザーでもあります。
「これまでも、これからもこの街で」という上原明夫社長に、長く愛される不動産屋さんのあり方について、ざっくばらんなお話をうかがってきました。

会社について ~地域に根付いてこの道50年の大ベテラン~

生まれも育ちも牟礼だそうですね。なぜこのお仕事を始められたのですか?

合格証書
上原社長の宅建主任者(当時は宅地建物取引員)
合格証書。なんと昭和37年!

もともと、この街の産業である海産物の卸業で働いていたんですよ。ただ、当時から土地・建物といったものに興味がありまして。歴史をたどれば、かつて不動産は、一部の富裕層が持つものでしたよね。土地を持つのは地主で、庶民はそこを借りて住んだり、田畑を耕したり。しかし戦後、GHQが行った農地解放により、庶民も不動産を所有し、子から孫へと受け継ぐことができるようになりました。そう考えたとき不動産業は『未開の業界』ではないかと、猛烈な魅力を感じたんです。土地・建物を通じてみんなに夢と希望を与えられる仕事だと。それで、この世界で仕事をしたいという志を抱いたんですよ。今でもそれは、この仕事の最大のやりがいだと思っています。
強い想いがあったのですね。

駐車スペース
「自社ビルを建てるよりも広い駐車場を」と
作った来客用駐車スペース

昔から、人と会って話をするのが好きでした。「面倒を見るのが好き」といったほうが良いかもしれません。さきほど、「夢と希望を与えたい」と申しましたが、それまで庶民が難しかった「家と土地を持つ」ことのお手伝いをしたかったんでしょうね。ですから今も、ガツガツと売り込みめいたことは一切しませんし、する必要もありません。お客様の悩み相談に乗る、といった気持ちで仕事をしています。
宅地建物取引主任者の資格も、ずいぶん早く取得されたとか?
ええ、香川県で行われた第1回宅建主任者試験が昭和37年で、その時に取得しました。この国に宅建主任者の制度ができたのが昭和33年ですから、かなり初期といえます。業界に強い将来性と貢献性を感じていたので、「もう、これだ!」という気持ちでしたね。そして実際、この街に根付いて商売を始め、一生懸命働いているうちに気付けば50年も経っていました(笑)。

街について ~歴史ある中に、のどかさを色濃く残す港町~

牟礼の街の特徴を教えてください。

五剣山
のどかな港町・牟礼。奥に見える
特徴的な山は、庵治石の産地・五剣山

瀬戸内海に面した、自然豊かな街ですね。気候も温暖で住みやすいところですよ。名物は海産物。獲れたての牡蠣を鉄板の上で焼いて食べる「かき焼き」のお店がたくさんあります。香川県ですので、もちろんさぬきうどんも有名で、県知事も「うどん県」を公言しているほどです。
それと、石材も名産です。庵治石(あじいし)といって、日本でも最高級クラスに分類される花崗岩が採れます。あまりに稀少なので「ダイヤモンドより高価だ」なんて言われることもあったほどです。この石に惹かれて、彫刻家のイサム・ノグチもこの地にアトリエと居を構えました。ノグチの遺志を継いで作られた「イサム・ノグチ庭園美術館」は、海外など遠方からもたくさんの人が訪れる観光スポットになっていますね。
歴史も古い街だそうですね。

ことでん
民家の脇をのんびりと走りぬける
“ことでん”の車両

当社から歩いて8分ほどのところに道の駅「源平の里 むれ」があるように、源平合戦「屋島の戦い」の舞台になったところで、いくつも古戦場跡が遺されています。ちょうど1200年前、弘法大師が開祖した四国八十八ヶ所霊場の第85番札所・八栗寺も近く、白装束をまとったお遍路さんの姿もひんぱんに見かけますよ。

交通便など、暮らし良さはいかがでしょう?

ことでん(高松琴平電気鉄道)と、JR高徳線がメインの公共交通機関です。田舎町ですが、高松市中心部で働いている人も多く、必ずしも車通勤社会ではありませんね。また地理的に見ると、牟礼は高松市の最東端に位置します。少し歩けば、もうそこはお隣のさぬき市です。高松道や国道が整備されたこともあり、西の高松方面、東のさぬき市方面にもアクセスは非常に快適になりました。
昔に比べるとコンビニやスーパーも増え、日常の買い物にも不便はありません。
この街特有の、不動産の特徴や傾向はありますか?
香川県は全国でも珍しい地域です。10年前の平成16年5月17日、県下全域で市街化区域と市街化調整区域(原則として、新築で住宅を建築してはいけない地域)の線引きが廃止されました。以降、それまで単なる山・田だったところにもどんどん家が建てられるようになったんです。
そうやって供給量が増えれば土地や家の価格は下がる傾向にありますから、売れやすくなります。そのおかげか、私たちも大忙しです(笑)。線引き廃止以降、新しいキレイな家も増えて、街の様子も良い意味でかなり変わってきましたね。それでも土地にはまだまだ余裕がありますから、これから住宅はもっともっと増えるのではないでしょうか。
お店情報

店舗写真

株式会社上原不動産事務所
住所:〒761-0123
香川県高松市牟礼町原471-1
TEL:087-845-5111 FAX:087-845-5113
お問合せ先:uehara@fudo-san.jp
お店HP:http://www.fudo-san.jp/
編集後記

まさに「街の不動産屋さん」と呼ぶにふさわしく、長くこの街に根を張ってお仕事をされてきた上原社長。不動産業への熱い想いも胸を打ちます。
また、牟礼の街並みものどかで、穏やかな海辺の景色はいつまでも眺めていたくなるほど。取材は昼間でしたが、きっと夕暮れ時はもっとノスタルジックな雰囲気に包まれるのでしょう。
次回、お客様の層やスタッフさんについてお聞きしてみたいと思います。

(取材・執筆  株式会社 物語ライティング)
第2回目へつづく >>