トップ >> メールマガジン >> メールマガジン「住まい選びの成功法~秘訣は不動産会社選びにあり!~」バックナンバー

メールマガジン「住まい選びの成功法~秘訣は不動産会社選びにあり!~」

よい不動産屋さんを見分ける方法(4) 大手・有名企業系の不動産屋さんを利用するメリット

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

          ■住まい選びの成功法■
      ~ 秘訣は不動産会社選びにあり! ~

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━第4号 2012/01/10

不動産屋さんには、大きく分けて2つのタイプが存在します。
ひとつは“広域型”の不動産屋さん。
もうひとつは“地域密着型”の不動産屋さんです。
ではまず、“広域型”の不動産屋さんを見てみましょう。

“広域型”の不動産屋さんとは、
デベロッパー(開発業者)や建設会社を母体に、
広い地域で直営の支店を展開している業者や、
フランチャイズ形式で広く展開している業者を指します。

テレビや新聞、雑誌でよく名前を目にするところですね。
大手なら東急リバブルさんやエイブルさん、
フランチャイズだと、三井のリハウスさんやピタットハウスさん、
アパマンショップさんなどがそれです。

ここで内緒のお話。実は、フランチャイズのお店は、
地元の不動産会社さんが看板を借りているだけ、の場合がほとんど。
本部から営業ノウハウの指導などはあるようですが、
“大手は名ばかり”なのが実態、というわけです。

さて、“広域型”の不動産屋さんを利用するメリットは、
大きく2つあります。

ひとつは、効率よく、広い範囲が探しやすいところです。
物件データの管理がある程度整備されているところが多く、
希望の条件に合った情報が、比較的スムーズに得られます。

また、情報を支店間で共有しているところが多いので、
広い範囲の中から物件を探せるメリットがあります。

もうひとつのメリットは、安心感があることです。
総じて、明るく清潔な店構えに加え、
若くて元気な社員を揃えているところが多く、
しかも看板は有名企業。“間違いがない”感じですね。

ただし、気をつけていただきたいのは、
大手や有名企業の名があるからといって、
物件を網羅しているとは限らない、ということ。
そして、優良な物件を扱っているとは限らない、ということです。
イメージに惑わされないように気をつけましょう。

>> 次号 よい不動産屋さんを見分ける方法(5) 地元密着型の不動産屋さんを利用するメリット

戻る

メールマガジン
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?