トップ >> メールマガジン >> メールマガジン「住まい選びの成功法~秘訣は不動産会社選びにあり!~」バックナンバー

メールマガジン「住まい選びの成功法~秘訣は不動産会社選びにあり!~」

よい不動産屋さんを見分ける方法(7) 不動産屋さんに好かれるための2大ポイント

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

          ■住まい選びの成功法■
      ~ 秘訣は不動産会社選びにあり! ~

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━第7号 2012/4/10

実際に足を運ぶにせよ、メールや電話でのやりとりを重ねるにせよ、
コミュニケーションはいい雰囲気で行いたいもの。
不動産屋さんにとっても思いは同じです。

下手に出る必要はありませんが、嫌われるよりは好かれたほうが
なにかと気持ちがいいのは間違いありません。
そこで、今回は、不動産屋さんに好かれるポイントをお話しましょう。

ポイントは大きく2つあります。
まずひとつは、あなたが“良いお客さん”、つまり、“良い買い主”、
“良い借り主”になるだろう、と不動産屋さんに印象づけることです。

“良いお客さん”を印象づける端的な基準となるのが「支払い能力」です。
世知辛い話ですが、不動産屋さんも商売。こればかりは仕方ありません。
勤務先や仕事の内容、収入、安定度などによって、基本的に判断されます。

残念ながら、自由業の人は審査に通りづらいのが現状です。
組織に所属していないということは、定収入に難があり、経済力を
不安視されてしまうんですね。この場合、保証人を見つけるか、
保証会社に依頼するという手があります。

「支払い能力」以上に大切なのが、あなたの人柄です。
「不動産屋さんに人柄うんぬん言われたくない!」とのご意見、
よくわかります(笑)。でも、ここはひとつ、大人の対応といきましょう。

文面や言葉遣い、話し方はていねいに。店舗を訪問する場合は、
できればキチンとした身なりで臨みましょう。
間違っても、近所のコンビニに行くようなラフな格好はいけません。
冷やかしと思われてしまいます。見た目は肝心です。

あらかじめ予約をしたのなら、時間厳守。ドタキャンなど論外です。
要は社会人として常識的な振る舞いをしましょう、ということ。
ここまで言うのには、もちろん理由があります。

マンション、戸建てを問わず、住宅は人が集まるコミュニティを形成します。
そこに住む人たち全員が快適に暮らせるということが、
建物や地域の価値、ステイタスとなるわけです。

売り手、貸し手としては、トラブルの少ないコミュニティを作りたい。
そのためには、支払いが滞ったり、他人に迷惑をかけそうな人は、
たとえお客様であっても遠慮したい、というのが本音なんです。

さて、不動産屋さんに好かれる、もうひとつのポイントを発表しましょう。
それはズバリ、“本気であること”です。もう少し詳しく言うと、
“本気であることを不動産屋さんにわかってもらうこと”です。

では、どうすればあなたの“本気度”をわかってもらえるでしょう?
それには、不動産屋さんに態度で示すことが重要です。

例えば、メールを送ってもらったら、早めに返事を出しましょう。
ほとんどの不動産屋さんは、短気であきらめが早く、移り気です。
ちょっとメールの返事が来ないと「あ、このお客さんは冷やかしだな」と
すぐに見切ってしまいます。実際、様子見のお客さんが多いんですね。

そんな中、あなたが早いタイミングで、丁寧な文面の熱心な返事を
送ったとしたらどうでしょう。不動産屋さんは大喜び。
あなたは赤丸付き急上昇のお客様に躍り出ること、間違いありません。
もちろん、メールを返信する前に、不動産屋さんの絞込みをお忘れなく。

不動産屋さんに好かれるためのポイントをあげてきましたが、
基本的には供給過剰です。皆さんが優位なことに変わりはありません。
お目当てのところがダメでも、諦めずに探し続けましょう。
魅力的な物件は、必ずまた見つかるはずですから。

>> 次号 知っておきたい不動産業界の仕組み(1) 同じ物件を複数の不動産屋さんで見かける理由とは?

戻る

メールマガジン
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?