トップ >> メールマガジン >> メールマガジン「住まい選びの成功法~秘訣は不動産会社選びにあり!~」バックナンバー

メールマガジン「住まい選びの成功法~秘訣は不動産会社選びにあり!~」

決める前にチェックしておきたいポイント(2) 物件までの道のりで知っておくべきこと

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

          ■住まい選びの成功法■
          ~ 秘訣は不動産会社選びにあり! ~

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━第11号 2012/8/10

気になる物件が見つかったら、不動産屋さんに出向いて内見する前に
やっておきたいことがあります。それは、事前に現地へ足を運び、
物件の下調べをしておくこと。今回は、下調べでチェックするべき
事柄についてお話しましょう。

物件の情報と現地の地図を入手したら、最寄り駅と物件までのルートを
確認します。つぎに、生活に欠くことのできない施設をチェック。
市役所・区役所や税務署、病院や学校、郵便局や交番、銀行の位置などを
確認しておきましょう

物件によっては、バス利用が欠かせないものもありますから、
時刻表を調べておきましょう。バス会社のホームページで確認できます。
また、生活のなかで自家用車を使う予定のある人は、ガソリンスタンドの
位置や一方通行の表示もチェックしておきましょう。

現在は、Googleマップなどで現地の様子がネットで居ながらにして
わかります。大いに活用して、事前に現地の雰囲気を掴んでおきましょう。

さて、いよいよ現地へ足を運びます。
まずチェックしておきたいのが、最寄り駅からの所要時間です。
物件情報では「1分=80メートル」で徒歩の時間と距離を表示しています。
「駅から徒歩5分」なら、物件までの道順に沿った距離が400メートル
ということになりますね。

注意していただきたいのは「徒歩5分で着きますよ」と言っているのでは
ないということ。表記は、400メートルの距離を分速80メートルで
計算したに過ぎません。つまり、実際に歩いてみないとわからないわけです。

当然ながら、途中に信号がなかなか青にならない大通りがあったり、
開かずの踏切があったとしても所要時間にはカウントされません。
また、分速80メートルは、時速4.8キロになります。歩く速度としては
ちょっと早め。これだけでも、表記よりは余分に時間がかかりそうですよね。
それを実際に確かめてみましょう。

もちろん、歩く時は時間だけでなく、周辺環境のチェックもお忘れなく。
道すがら、どんなお店があるのか、確かめながら歩きます。
具体的には、まず銀行ですね。ネットバンキングやコンビニATMも
かなり普及してきましたが、よく使う銀行の支店があるとなにかと便利です。

駅まで自転車の利用を考えているとすれば、駐輪場も要チェック。
スーパーやコンビニ、クリーニング店などはあるでしょうか?
あったとすれば、その規模はどうでしょう?

この他、書店やレンタルショップ、飲食店など、普段の生活のなかで
あなたにとって欠かせないお店などをチェックしていきます。
自分がそこで生活していくことを、できるだけリアルに想定するのが
ポイントです。

お店などの施設とともにチェックしておきたいのが“人”です。
どんな雰囲気の人たちが歩いているのか、あまりジロジロ見るのは
失礼ですから、さりげなく観察しましょう。

そして、もし可能なら、地元の住人だと思われる人に話しかけてみる
のをオススメします。「この辺りに住んでみたいと思っているのですが、
住み心地はいかがですか?」と聞いてみましょう。よほど急いでいる人
でもない限り、嫌な顔はされないはずです。

一人だけだと印象が偏ってしまう恐れがありますから、できれば何人か、
複数の人にヒアリングしてみるのがいいでしょう。地元に長いこと
住んでいるお年寄りなどから、意外な情報が手に入るかもしれません。

物件に近づいたら、周囲の環境をあらためてチェックしてみましょう。
駅や幹線道路、学校や公園が近くにある物件は、静かさに関して
特に注意が必要です。ちょっと立ち止まって、耳をすましてみることを
オススメします。

このように、下調べとはいえ、チェックすべき項目は多岐にわたります。
事前にチェックリストを作成しておくのがいいですね。
次回は、物件の下調べポイントをお話しましょう。

>> 次号 決める前にチェックしておきたいポイント(3) お目当ての物件での下調べの方

戻る

メールマガジン
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?